マクラーレン・オートモーティブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マクラーレン・オートモーティブ
McLaren Automotive Limited
McLaren Automotive logo.svg
種類 株式会社
本社所在地 イギリス
イングランド,サリー州,ウォキング
マクラーレンテクノロジーセンター
設立 1985年12月2日(マクラーレン・カーズ)
2010年(マクラーレン・オートモーティブ)
業種 自動車製造
事業内容 自動車の製造,販売
代表者 マイケル・ライターズ(CEO)
主要株主 マクラーレン・グループ英語版
関係する人物 ロン・デニス(創業者)
ポール・ウォルシュ(マクラーレン・グループ会長)
ロバート・メルビル(デザインディレクター)
外部リンク https://cars.mclaren.com/
テンプレートを表示

マクラーレン・オートモーティブ(McLaren Automotive)は、イギリスの高級スポーツカーメーカーである(前身はマクラーレン・カーズ)。イギリスのサリー州ウォキングにあるマクラーレン・テクノロジーセンター英語版を拠点とし、スーパーカーを自社生産する。2017年7月、マクラーレン・オートモーティブは、マクラーレン・グループ英語版の100%子会社となった。

起源と創設者[編集]

2010年、マクラーレン・オートモーティブ設立。前身は1985年に設立されたマクラーレン・カーズ(McLaren Cars)。同社は1992年、マクラーレン・F1(McLaren F1)を発表する。その後マクラーレン・オートモーティブが立ち上がる1994年から2010年の間、マクラーレン・カーズは活動を休止。当初マクラーレン・オートモーティブは、新ベンチャー企業として投資を意識し、既存のマクラーレン・グループ会社とは別であったが、2017年7月に創設者ロン・デニスが株を売却した後にグループに合併された。

マクラーレンの創設者であるブルース・マクラーレンについて、

合併、スピンオフ、成長[編集]

1980年、マクラーレンはロン・デニスのプロジェクト4レーシングチームと合併。カーボンファイバーはすでに航空宇宙用途で利用されていたが、完全なレーシングカーモノコックに適用された実績はなかった。マクラーレンは、新車MP4/1でモーターレースでのカーボンファイバーの採用を開拓し、これが フォーミュラ1に新しいレベルの剛性とドライバーの安全性をもたらすことになる。1988年8月、チームプリンシパルであるロン・デニスとゴードン・マレーが新しい車の開発をスタート。1992年にマクラーレン・F1が発売され、その総生産台数はわずか106台であった。

SLRマクラーレンでのメルセデス・ベンツとのコラボレーションの後、マクラーレン・オートモーティブは、2010年に独立したメーカーとして再スタートする。同社は2011年にMP4-12C、2012年に同スパイダーモデルを発売。限定生産のP1は2013年に生産を開始し2015年に終了。毎年新車ないしは新モデルをリリースするビジネスプランを発表した後、2014年650S、そして570Sと540Cで構成される新しいスポーツシリーズを2015年に発表している。2016年9月にP1に続いて子供向けの初の電気自動車、P1TMを発表した[1]

本社と施設[編集]

マクラーレン・オートモーティブは、マクラーレン・グループであるマクラーレン・テクノロジー・センター(MTC)と、隣接するマクラーレン・プロダクション・センター(MPC)を拠点としている。 2つの施設は地下通路で繋がっており、MPCは部分的に地下に建設されている。

2017年、マクラーレンはシェフィールド市とロザラム市の間に位置する、アドバンスドマニュファクチャリングパークに5,000万ポンドのマクラーレン・コンポジット・テクノロジー・センター(MCTC)を建設すると発表。この施設は、マクラーレンロードカー用のカーボンファイバーシャーシを構築し、複合タブの製造をより細かく制御できることを目的としており、タブの設計と開発のペースも向上する。MCTCは、ケンブリッジ公爵ケンブリッジ公爵夫人バーレーン王国皇太子が式典に招待され、2018年11月に正式に開設[2]。2020年までにMCTCでの完全生産がスタートする。

製品と戦略 [編集]

マクラーレンは、2015年にベースとなる3カテゴリーを発表。スポーツ、スーパー、アルティメイトの3シリーズに分類 (*現在は、GT、スーパーカー、アルティメイト)。スポーツシリーズとスーパーシリーズの車には、PSでの車の出力に基づいて名前が付けられ、その後にモデル指定が続く(Cはクラブ、Sはスポーツ、GTはグランドツアラー、LTはロングテール)。エントリーレベルのスポーツシリーズは、570S、570Sスパイダー、570GT、540C、600LT、600LTスパイダーで構成。マクラーレンのコアモデルであるスーパーシリーズには、当初650S、625C、675LTだった。これらは2017年に720S、720Sスパイダーに置き換えられた。ハイエンドのアルティメイトシリーズは、P1とP1 GTRが主導し、現在は元のF1の後継となることを目的とした、セナ、セナGTR、スピードテールエルバが含まれる。マクラーレンF1はアルティメイトシリーズ、MP4-12Cはスーパーシリーズに包括される。

ラインアップ[編集]

アルティメイトシリーズ
3つのシリーズからなるラインナップの最上位スーパーカー
外観 車名 排気量 エンジン 駆動方式 最高出力 解説
2015-03-03 Geneva Motor Show 5815.JPG P1 GTR 3,799cc V型8気筒ツインターボ MR 1,000PS サーキット専用車 台数限定
2013-03-05 Geneva Motor Show 7846.JPG P1 916PS 世界限定375台
McLaren Senna Genf 2018.jpg セナ 3,999cc 800PS 世界限定500台
2020 McLaren Elva 4.0 Front.jpg エルバ 815PS ルーフ、フロントウインドウスクリーン、サイドウインドウは未装備。世界限定399台
McLaren Speedtail Genf 2019 1Y7A5636.jpg スピードテール V型8気筒ツインターボ+電気モーター 1050PS  F1同様の座席配置をもつ3人乗りの車両
スーパーカー
主力スーパーカーモデル。先進性を象徴するテクノロジーのひとつとしてカーボン製シャシー『カーボン・モノセル』を採用している。
外観 車名 排気量 エンジン 駆動方式 最高出力 解説
2017-03-07 Geneva Motor Show 1135.JPG 720S 3994cc V型8気筒ツインターボ MR 720PS 2017年3月発表。650Sの後継モデル。新エンジンを搭載し排気量は200cc増加。720は720馬力を表す。クーペモデルのディヘドラルドアはルーフ部分も開くようになった。
2021 McLaren Artura (1).jpg アルトゥーラ 2993cc V型6気筒ツインターボ MR 680PS マクラーレン初のハイブリッドカー。
グランドツアラー
マクラーレン初のGTカーである。
外観 車名 排気量 エンジン 駆動方式 最高出力 解説
McLaren Gran Tourer (2).jpg GT V型8気筒ツインターボ MR 620PS 2019年5月15日に発表された。マクラーレン初のグランドツアラー。
現行車種はすべてディヘドラルドアを採用している。

過去の車種[編集]

外観 車名 排気量 エンジン 駆動方式 最高出力 解説
McLaren F1 in Geneva, Switzerland.jpg F1 6,100cc V型12気筒NA MR 636PS 1991年発表。エンジンはBMW製。
McLaren MP4.12C.jpg MP4-12C 3,799cc V型8気筒ツインターボ 600PS 2011年発表。
2015-03-03 Geneva Motor Show 4157.JPG 675LT 3,799cc 675PS LTはF1 GTRの“ロングテール”を継承。搭載されるM838TLエンジンの馬力は675馬力にアップしている。100kgに及ぶ軽量化により乾燥重量は1230Kg。
The frontview of red McLaren 650S SPIDER.JPG 650S 3799cc 650PS P1の下位モデルに位置し、MP4-12Cの後継モデル。車名の650Sは650馬力を表す。
625C 3799cc 625PS アジア限定モデル。日本では未発売。Cはクラブを意味する。
外観 車名 排気量 エンジン 駆動方式 最高出力 解説
McLaren 570S.jpeg 570S 3,799cc V型8気筒ツインターボ MR 570PS 2015年4月のニューヨーク国際オートショーで発表された[3]
McLaren 540C.jpeg 540C 540PS 2015年4月の上海モーターショーで発表された[4]
McLaren 570GT by Japan specification.jpg 570GT 570PS 2016年3月のジュネーブモーターショーで発表される。

コラボレーション[編集]

メルセデス・ベンツ・SLRマクラーレン[編集]

未発表車両[編集]

メルセデス・ベンツとのパートナーシップにより、さらに3台の車が提案された。P9は、より安価なモデルを備えたミッドシップのベビースーパーカーであり、P8(または「SLS」)は、フェラーリ・F430ベントレー・コンチネンタルGTアストンマーティン・DB9などの車と競合した。両車も自然吸気V8エンジンを搭載することになっていた。またP10は、SLRマクラーレンの代替車の予定だった。

しかし、メルセデス・ベンツ・SLS AMGと呼ばれる、フラッグシップスポーツカーを製造するにもかかわらず、メルセデスはプロジェクトにコストをかけすぎで、本来の堅実なビジネスができていないと噂され、3台すべての車が2005年に中止された。SLS AMGは570bhp(430 kW; 580 PS)以上の自然吸気V8エンジンを搭載していた。ただし、P8プロジェクトとは関係ないと考えられている。

マクラーレンGT[編集]

マクラーレンGTは、マクラーレン・オートモーティブにおけるGTレース活動のために2011年に設立され、マクラーレンGTレース車の開発から製造までを担っている。この部門は現在、720S GT3 および 570S GT4の設計、開発、製造を担当。

最初に開発された車は、2011年に発表された MP4-12C GT3であり、開発年を経て、2012年にはヨーロッパ全土でレースを行うために25台が顧客に届けられた。デビューシーズンには、13のマクラーレンGTカスタマーチームが14カ国を訪れ、FIA GT1世界選手権、ブランパン耐久シリーズ、バルセロナ24時間、英国GT、シティチャレンジバク、FFSAフレンチGT、GTカップにて、計19回のレースで勝利を収めた。

計19のマクラーレンGTカスタマーチームが2013年シーズンに参戦し、世界15のチャンピオンシップで、108のレースに参戦。チームはトータル 27のポールポジション、23の勝利、さらに39の表彰台フィニッシュと3つのチャンピオンシップタイトルを獲得した。

大成功を収めた2013年のシーズン以降、マクラーレンGTは、北米でのピレリ・ワールド・チャレンジ・チャンピオンシップにおいて、12C GT3カーがデビューを果たし、カスタマーサポートを拡大した。

およそ15台の650S GT3 が、2015年のレースシーズン中にデビューを果たし、数々の勝利を収めた。とりわけマクラーレンGTカスタマーレーシングチームのフォン・ライアン・レーシングは、シルバーストンでのブランパン耐久シリーズで勝利を収め、デビューシーズンの650S GT3でブランパン耐久シリーズの最初の勝利を記録した。

650S GT3は2016年の主要なGT3カーであった。同年2月、オーストラリアのチームTekno Autosportsは、オーストラリアのマウントパノラマサーキットで、ドライバーのアルヴァロ・パレンテ、シェーン・ヴァン・ギスベルゲン、ジョナサン・ウェブとともに、バサースト12時間で総合優勝した。ブランパンGTシリーズ耐久カップでは、イギリスのチーム’ガレージ59’が、ドライバーのヴァン・ギスベルゲン、ロブ・ベル、コーム・レドガーとともに、モンツァ3時間とポール・リカール1000kmで優勝、年間タイトルも獲得した。

マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ(MSO)[編集]

マクラーレン・オートモーティブのビスポーク部門である。2011年に正式に発足したMSOの起源は20年以上も前に遡り、オーナーのためにマクラーレンF1のサービス、メンテナン ス、およびパーソナライズを行うために、1990年代初頭に設立されたマクラーレンカスタマーケアプログラムから部門が発展した。

出典[編集]

  1. ^ Vincent, James (2016年9月27日). “McLaren's first electric car is for under-sixes only”. The Verge. https://www.theverge.com/2016/9/27/13071214/mclaren-first-electric-car-p1tm-kids 2016年10月19日閲覧。 
  2. ^ Royal opening for McLaren Automotive's new £50m carbon fibre innovation and production centre”. McLaren (2018年11月14日). 2018年11月24日閲覧。
  3. ^ 【NYオートショー2015】マクラーレン、エントリー・レベルの新モデル「570S」を発表。auto Blog 2015年4月10日
  4. ^ 英マクラーレン、上海ショーで最もお求めやすいマクラーレン「540C クーペ」世界初公開。Car Watch 2015年4月20日

外部リンク[編集]