竹中治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

竹中 治(たけなか おさむ、1900年4月10日 - 1967年4月15日)は日本の実業家ジャパンライン(現商船三井)創業者・初代社長。

人物[編集]

和歌山県和歌山市出身。東京商科大学(現一橋大学)卒業後、商工省入省[1]。小学校で両親を失い、家庭教師をしながら大学に通った。

その後退官し、1937年日東鉱業汽船設立。海運業のほか証券業新聞業、石油、ガス、石炭、金属、不動産、化学などを幅広い事業を手がける。

戦後1947年に日東商船創立。1964年大阪商船との合併交渉が決裂し、大同海運と合併し、ジャパンライン設立、同社社長に就任。

また1957年東亜石油取締役に就任、1959年日本液化ガス輸送社長に就任。

1967年東邦大学付属大橋病院で脳出血のため死去。

政府に頼る海運業界の姿勢を批判。業界では異端児とされ、業界団体である日本船主協会にもあまり出席しなかった[2]

脚注[編集]

  1. ^ 「竹中治」20世紀日本人名事典
  2. ^ 朝日新聞1963年12月24日