横浜ダイヤビルディング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
横浜ダイヤビルディング
左側の高層ビルが横浜ダイヤビルディング。2014年撮影。
左側の高層ビルが横浜ダイヤビルディング。2014年撮影。
施設情報
所在地 〒221-0056
神奈川県横浜市神奈川区金港町1-7
座標 北緯35度28分1.6秒 東経139度37分35.4秒 / 北緯35.467111度 東経139.626500度 / 35.467111; 139.626500座標: 北緯35度28分1.6秒 東経139度37分35.4秒 / 北緯35.467111度 東経139.626500度 / 35.467111; 139.626500
状態 完成
着工 2007年12月18日[1]
建設期間 2年
竣工 2009年12月16日[1]
用途 オフィス、店舗
地上高
高さ 156.5m[2]
各種諸元
階数 地上31階、地下2階
建築面積 4,230
延床面積 69,967 [3]
構造形式 鉄骨構造
駐車台数 128台
関連企業
設計 三菱地所設計
施工 竹中工務店
デベロッパー 三菱倉庫

横浜ダイヤビルディングは、神奈川県横浜市神奈川区に所在する超高層建築物である。

歴史[編集]

横浜駅東口にほど近いこの地は昭和時代には長らく三菱倉庫による倉庫として使用され[4]1985年横浜そごうが開店すると駐車場が設けられた。

2004年11月から2期に分けてポートサイド地区A-3街区の再開発が進められ、商業棟「横浜ベイクォーター」が2006年8月、住宅棟の「ナビューレ横浜タワーレジデンス」が2007年3月にそれぞれ竣工した。これに続き、業務棟の「横浜ダイヤビルディング」が2007年12月に着工、2年の工期をかけて2009年12月に竣工した。

本ビル完成と時期を同じくして、横浜駅きた東口と横浜ベイクォーターを直結する横浜駅ポートサイド人道橋が開通。これに伴い、ネーミングライツにより、「ベイクォーターウォーク」と命名された。

テナント[編集]

3階から6階にかけて、横浜ベイクォーターと一体運営される商業施設。7階から30階にかけてはオフィスフロアで、野村総合研究所が主に金融・保険系システムの開発拠点を置く[5][6]

環境性能[編集]

横浜駅側の外壁に建材一体型の1500m2ソーラーパネルを設置。太陽光自動追尾センサーを用いた自動制御ブラインドや照明制御、雨水・機械排水の再利用設備を設け[3]、横浜市建築物環境配慮評価認証制度「CASBEE横浜」では最上位のSランクを取得した[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b “三菱倉庫/横浜駅東口で環境対応型の超高層オフィスビル「横浜ダイヤビルディング」が竣工”. 物流ニュース. (2009年12月16日). http://www.e-logit.com/loginews/20091216x04.php 2018年9月23日閲覧。 
  2. ^ 横浜ダイヤビルディング”. blue-style.com. 2018年9月23日閲覧。
  3. ^ a b 横浜ダイヤビルディング”. 三菱倉庫. 2018年9月23日閲覧。
  4. ^ 昭和5年測図および昭和38年作成の地図では、三菱倉庫が所在したことが確認できる
  5. ^ “野村総研が「横浜ダイヤビルディング」に国内第5の拠点開設”. ヨコハマ経済新聞. (2009年4月27日). https://www.hamakei.com/headline/3944/ 2018年9月23日閲覧。 
  6. ^ 野村総合研究所 横浜みなと総合センター”. 野村総合研究所. 2018年9月23日閲覧。
  7. ^ “CASBEE横浜 横浜ダイヤビルディング” (プレスリリース), 横浜市建築局 建築指導部 建築企画課, (2013年8月15日), http://www.city.yokohama.lg.jp/kenchiku/shidou/kenki/casbee/ninsyo/4/ 2018年9月23日閲覧。