横浜メディアタワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
横浜みなとみらい21 > 横浜メディアタワー
横浜メディアタワー
横浜メディアタワー
建物の外観(2009年10月)
施設情報
所在地 横浜市西区みなとみらい4-7-3
座標 北緯35度27分35.33秒 東経139度37分48.06秒 / 北緯35.4598139度 東経139.6300167度 / 35.4598139; 139.6300167座標: 北緯35度27分35.33秒 東経139度37分48.06秒 / 北緯35.4598139度 東経139.6300167度 / 35.4598139; 139.6300167
状態 完成
建設期間 1999年4月竣工
用途 オフィス
地上高
最頂部 尖塔あり
屋上 約100 m (鉄塔込み:約253 m)
各種諸元
階数 22階
延床面積 53,003
関連企業
設計 NTTファシリティーズ
施工 大成建設
テンプレートを表示

横浜メディアタワー(よこはまメディアタワー)は、横浜市西区みなとみらい地区41街区の北区画)にある超高層ビル。ビルの屋上には巨大な電波塔鉄塔)が建っており、鉄塔部分を入れると、同地区では横浜ランドマークタワーについで2番目の高さ(約253m)となる。

概要[編集]

グランモール公園沿いにて1999年4月に竣工。NTTドコモ神奈川支店が入居しており、NTTドコモの通信設備も入っている(かつてはNTT東日本-神奈川も入居していた)。建物本体は22階建てで高さ約100mであるが、当ビルの上部に約150mにも及ぶ鉄塔が建っており、この鉄塔部分で建物全体の高さの5分の3を占めている。鉄塔部分にはNTTドコモおよびNTT東日本が利用するマイクロ無線用のアンテナが無数に付いている。

また、横浜市の防災無線統制局も入居しており、災害時などに市役所および市内全区役所などからの行政用無線を受送信する役割を担っている[1]

商業テナント[編集]

この他、2階には自動販売機コーナーの「PLUS APPLI」もある。

過去のテナント

建物の構造等[編集]

  • 敷地面積:6,518m2(建築面積:3,907m2
  • 延床面積:53,003m2
  • 構造規模:地下2階、地上22階(鉄塔込みの高さは約253m)
  • 構造:S造(地下部分はSRC造)、粘性体制震壁
  • 設計:NTTファシリティーズ
  • 施工:大成建設

所在地・アクセス[編集]

周辺[編集]

かつて存在した施設

その他[編集]

  • ビルは携帯電話(アンテナが伸びているストレート式の端末)の形をイメージして作られた。
  • 鉄塔は夜になるとライトアップされ、月毎に照明の色が変わる。青、赤、緑、黄緑、オレンジなどがある。
  • 横浜市防災無線の中枢として利用されている。
  • ラジオ用のスタジオがかつてあり、FM横浜の番組などが公開収録されていた。 
  • 建物1階には電気自動車急速充電器が設置されている[5]
  • みなとみらい地区のオフィス同士を光回線で結び、海外とは人工衛星で通信する計画がかつてあり、その拠点施設として同地区の43街区に「コミュニケーションセンター」(ツインビル)が計画されたこともあったが、世の中の通信環境の変化や携帯電話の普及等により、当ビルの建設計画に変更となった経緯がある[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ショールームの他にクリナップの横浜営業所・横浜ハウス営業所・横浜特販営業所が同階に入居している。
  2. ^ 正確にはクリナップの横浜ショールーム(神奈川区鶴屋町)と横須賀ショールーム(横須賀市、同年6月10日閉館)を統合して、全国4カ所目の『キッチンタウン』(コンセプトショールーム)となる「クリナップ・キッチンタウン・横浜」として同年6月28日オープン[3]

出典[編集]

外部リンク[編集]