横浜メディアタワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
横浜みなとみらい21 > 横浜メディアタワー
横浜メディアタワー
横浜メディアタワー
施設情報
所在地 横浜市西区みなとみらい4-7-3
座標 北緯35度27分35.33秒 東経139度37分48.06秒 / 北緯35.4598139度 東経139.6300167度 / 35.4598139; 139.6300167座標: 北緯35度27分35.33秒 東経139度37分48.06秒 / 北緯35.4598139度 東経139.6300167度 / 35.4598139; 139.6300167
状態 完成
建設期間 1999年4月竣工
用途 オフィス
地上高
最頂部 尖塔あり
屋上 約100 m (鉄塔込み:約253 m)
各種諸元
階数 22階
延床面積 53,003
関連企業
設計 NTTファシリティーズ
施工 大成建設

横浜メディアタワー(よこはまメディアタワー)は、横浜市西区みなとみらい地区41街区の北区画)にある超高層ビル。ビルの屋上には巨大な電波塔鉄塔)が建っており、鉄塔部分を入れると、同地区では横浜ランドマークタワーについで2番目の高さ(約253m)となる。

概要[編集]

グランモール公園沿いにて1999年4月に竣工した。NTTドコモ神奈川支店が入居しており、NTTドコモの通信設備も入っている。建物本体は22階建てで高さ約100mであるが、当ビルの上部に約150mにも及ぶ鉄塔が建っており、この鉄塔部分で建物全体の高さの5分の3を占めている。鉄塔部分にはNTTドコモおよびNTT東日本が利用するマイクロ無線用のアンテナが無数に付いている。

この他、テナントとして当ビルの1階にドラッグストアハックドラッグ」、2階に一般の人も利用できる社員食堂「Chef's Green(シェフズ・グリーン)」(2018年11月末で営業終了予定)[1]が入居しており、2階には自動販売機コーナーの「PLUS APPLI」もある。なお、過去には1階にドコモショップ家具インテリアの「Simple Style」が入居していたが、ドコモショップは2013年6月に開業したグランモール公園沿いの商業施設「MARK IS みなとみらい」内に移転しており、一方の「Simple Style」も2014年5月に閉店となった。

建物の構造等[編集]

  • 敷地面積:6,518m2(建築面積:3,907m2
  • 延床面積:53,003m2
  • 構造規模:地下2階、地上22階(鉄塔込みの高さは約253m)
  • 構造:S造(地下部分はSRC造)、粘性体制震壁
  • 設計:NTTファシリティーズ
  • 施工:大成建設

所在地・アクセス[編集]

周辺[編集]

かつて存在した施設

その他[編集]

  • ビルは携帯電話(アンテナが伸びているストレート式の端末)の形をイメージして作られた。
  • 鉄塔は夜になるとライトアップされ、月毎に照明の色が変わる。青、赤、緑、黄緑、オレンジなどがある。
  • 横浜市防災無線の中枢として利用されている。
  • ショールームが存在した頃は、ラジオ用のスタジオがあり、FM横浜の番組などが公開収録されていた。 
  • 建物1階には電気自動車急速充電器が設置されている[2]
  • みなとみらい地区のオフィス同士を光回線で結び、海外とは人工衛星で通信する計画がかつてあり、その拠点施設として同地区の43街区に「コミュニケーションセンター」(ツインビル)が計画されたこともあったが、世の中の通信環境の変化や携帯電話の普及等により、当ビルの建設計画に変更となった経緯がある[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]