財経新聞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
財経新聞
種類 オンライン新聞

事業者 財経新聞社
代表者 代表取締役社長 溝内聡
言語 日本語
株式会社 財経新聞社
本社所在地 日本の旗 日本
〒103-0028
東京都中央区八重洲1-9-13 八重洲駅前合同ビル6階[注釈 1][1]
事業内容 オンラインニュースサイト「財経新聞」、「mobilenavi」の運営など
設立 2006年(平成18年)8月
業種 情報・通信業
外部リンク http://www.zaikei.co.jp/
テンプレートを表示

財経新聞(ざいけいしんぶん)は、株式会社財経新聞社が運営する経済ニュースを扱ったオンライン新聞である。

概要[編集]

企業の動向やマーケット情報などを無料で配信するインターネット専業新聞である。フリーライターなどによる新製品発表・企業買収などのニュース記事のほか、「フィスコ」からの株価情報、「エコノミックニュース」・「スラッシュドット」(スラド)などからの政治・経済関連のコラム記事、「ムビコレ」などからの芸能関連の外部記事を配信している。また、一部記事はlivedoor ニュースなど外部サイトにも配信されている。

内部記事に関しては、他の多くの経済新聞が取り上げている主要なニュースが少なめだが、自動車オートバイ関連のニュースが多く、新色や特別仕様車の追加といった細かいニュースも掲載されている。また、中小企業ベンチャー企業の動向や、日本国外での日系自動車メーカーの新車発売など、他のニュースサイトがあまり取り上げないような記事もある。このほか、グルメイベントガジェット関連の記事もある。

記事本文末尾に記載のライターが独自の文体や形式で記事を投稿しているため、文体や形式があまり統一されておらず、バラつきが見られるのが特徴である。また、ライターによっては、企業のプレスリリースの本文のコピー・アンド・ペースト(コピペ)に近い文章のものもある。さらに、ライターにより、記事の内容が重複している場合がある[2][3]

トップページには、通信社などから配信される、政治・経済・スポーツに関連したニュースの写真が掲載される。この写真は、数日間に渡って更新されない場合もある。

なお、スマートフォンタブレット用の表示には対応していない。

財経新聞社の調査によると、月間ページビューは160万PV、月間ユニークユーザー数は90万(2015年1月時点)。読者層は男女比が8:2で、35歳以上の中堅社員・管理職が7割以上を占めているという[4]

同社では、スマートフォン・タブレット関連のニュースを集めた「mobilenavi」、韓国芸能のニュースを集めた「韓流STARS」も運営している。

注釈[編集]

  1. ^ 当該所在地は株式会社ファーストコネクションが運営するバーチャルオフィスとなっている。

出典[編集]

外部リンク[編集]