柏崎日報

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
柏崎日報
種類 日刊紙(週6回刊)
サイズ ブランケット判

創刊 1900年5月10日『柏崎新聞』
1906年1月1日『柏崎日報』
言語 日本語
価格 1部 110円
月極 2,725円
ウェブサイト http://nippo.kisnet.or.jp
株式会社 柏崎日報社
本社所在地

日本の旗 日本
〒945-0066
新潟県柏崎市西本町1丁目6番1号 北緯37度22分10秒 東経138度33分8秒 / 北緯37.36944度 東経138.55222度 / 37.36944; 138.55222座標: 北緯37度22分10秒 東経138度33分8秒 / 北緯37.36944度 東経138.55222度 / 37.36944; 138.55222

事業内容 新聞発行
業種 情報・通信業
テンプレートを表示

柏崎日報』は、新潟県柏崎市を中心に、周辺の刈羽郡刈羽村、旧小国町(現在は長岡市の一部)[1]三島郡出雲崎町も含めた地域を対象として刊行されている日刊(週6回刊)の地域紙[2]。「柏崎市唯一の日刊地域紙」である[3]。発行社は、株式会社柏崎日報社[1]。印刷部門は、別会社柏崎インサツが担っている[3]

概要[編集]

前身となった『柏崎新聞』は、1900年5月10日創刊の日刊紙であったとされる[3]。これが、週刊紙『中越新聞』と合併して[3]1906年1月1日に『柏崎日報』の第1号が発行された[4]。やがて新聞統制の時代に入ると、1940年11月30日付を最後に休刊となったが[3][4]第二次世界大戦後の1948年には10月3日付で「復刊」した[3][5]。同じ10月15日には、印刷部門を担う柏崎印刷株式会社が設立された(後に1992年柏崎インサツへ社名変更)[3]

1976年4月からは、縮刷版も刊行し[3][5]1977年10月17日からはオフセット印刷に移行した[3]2009年5月12日には、新たに導入された組版システムによる紙面制作に入った[3]

2004年新潟県中越地震2007年新潟県中越沖地震では、いずれも被災した[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b デジタル大辞泉プラス『柏崎日報』 - コトバンク
  2. ^ 定期購読のご案内”. 柏崎日報社. 2019年4月9日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k 会社の歴史”. 柏崎インサツ. 2019年4月9日閲覧。
  4. ^ a b 柏崎日報”. 国立国会図書館. 2019年4月9日閲覧。
  5. ^ a b 保存郷土新聞 柏崎日報”. 柏崎市役所/柏崎市立図書館(ソフィアセンター). 2019年4月9日閲覧。

外部リンク[編集]