ホースニュース・馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ホースニュース馬
種類 日刊紙
(中央版は原則中央競馬開催日前日、南関東版は日曜日から木曜日まで)
サイズ ブランケット判

事業者 株式会社ホースニュース
本社東京都豊島区東池袋4-28-1→)
東京都江東区南砂1-10-5
大阪府大阪市西区江戸堀1-16-22
創刊 1945年昭和20年)9月
廃刊 2008年平成20年)2月19日
言語 日本語
テンプレートを表示

ホースニュース・馬』(ホースニュース・うま)とは、株式会社ホースニュースが発行していた競馬専門紙

歴史[編集]

1945年(昭和20年)9月、終戦とともに日本競馬会(現・日本中央競馬会)は競馬の再開に向けて動き出した。

同年10月、日本競馬会は残されたわずかな馬資源を活用して能力検定競走の開催に漕ぎ着ける。この競走の情報を伝えるため、戦後初の競馬新聞『馬』が創刊された。

1946年(昭和21年)10月17日、日本競馬会による戦後初の馬券発売を伴う主催競走が行われた。『馬』は同時に創刊されたダービーニュースや、戦前に存在し復刊した競馬研究競馬ニホンなどとともに競馬復興を支える専門紙として本格始動した。1947年(昭和22年)9月、「株式会社ホースニュース」として法人化。

1958年(昭和33年)には大阪に支社を設け、関西でも発行を開始する。ほぼ同時に大坪元雄が入社した。1970年代以降、中央競馬の厩舎が茨城県美浦村滋賀県栗東町の2カ所のトレーニングセンターに集約された後は、両方に支局を持っていた(そのため、一時期テレビCMのキャッチコピーが『全国ネットを誇る』となっていた)。

1959年(昭和34年)、日本短波放送解説者の大川慶次郎と契約する。大川は1961年(昭和36年)9月3日の東京競馬で、全レースを的中させるパーフェクト予想を達成した。これにより新聞の売り上げは伸び、会社は東京・東池袋に自社社屋を建てることができた。しかし翌1962年(昭和37年)、後発紙の勝馬が創刊するにあたって大川は事実上ヘッドハンティングされる形で移籍した。

その後、大川の事実上の後継とも言うべき予想者が多数育つ。1970年代前半には、後に多くのテレビ出演をこなす阿部幸太郎井崎脩五郎が相次いで入社した。一方で大阪支社の看板記者に成長した大坪は1964年(昭和39年)、東京本社に異動し本紙予想を務めるが、1968年(昭和43年)、競合紙の『競馬ブック』にヘッドハンティングされてしまう。

日本を代表する競馬評論家が多く在籍していたこともあり、特に関東地区でのテレビ・ラジオ競馬中継において所属トラックマンが廃刊直前まで解説者として多数出演していた。しかし、阿部や井崎のテレビ出演は単独では売り上げの起爆剤にはなかなかならず、第二次競馬ブームが去った1990年代以降部数が低迷。この原因について夕刊フジOBの渡辺敬一郎は自著『日本競馬闇の戦後史』で「井崎や阿部らのテレビ出演時に見せる軽薄なキャラクターがベテラン競馬ファンから嫌われたのが原因」と指摘している。またそれ以外にも、他紙に比べて電算写植DTPの導入が遅れた[1]ためにページ増や紙面カラー化等の面で他紙に見劣りするようになった点も須田鷹雄などが指摘している[2]。さらにOBの丹下日出夫は「会社はオグリブームの利益を、設備投資ではなく、ホテル買収などの不動産投資やら何やらにあて、世の中の流れと同調するかのように、バブルの崩壊とともに会社も沈没」と自身のブログに記している[3]。実際、旧本社社屋は1963年(昭和38年)建築の木造のまま老朽化が進行。井崎は当時レギュラー出演していた文化放送梶原しげるの本気でDONDON』で輪転機漏電ブレーカーがしばしば作動するという有様をトークのネタにしていた。後日、同番組で電気設備の専門家を呼んで視察したところ「(老朽化した建物と電気工事が)ここまでひどいのは見たことがない」と嘆かせたほどで、紙面刷新など及びもつかない状態であったことが推察される。

2003年(平成15年)、池袋の旧本社を引き払って東京都江東区南砂に移転。

2008年(平成20年)2月19日、同社ホームページにて「競馬専門紙『馬』の発行を全て休止する」旨の告知がなされた。これに伴い中央版は2008年2月17日付、ばんえい版は2月18日付、南関東版は2月19日付をもって休刊(ホッカイドウ競馬版は2007年11月13日付が最終発行)となった。休刊決定後、津田は競馬エイト専属評論家に、丹下は毎日新聞に所属して本紙予想担当に、井崎、辻はフリーの競馬評論家にそれぞれ転向した。KKベストセラーズ競馬最強の法則』は2008年4月号で、「ホースニュース社は今後清算される見通し」と伝えた。各専門紙もこのまま廃刊となる見込み。

放送系メディアとの関係[編集]

ホースニュース社は2000年代まで在京のテレビ・ラジオ各局の競馬中継番組に解説者を派遣し、特に1980年代には大きな影響力を持っていた。

テレビではフジテレビ(『競馬中継』→『チャレンジザ競馬』→『スーパー競馬』)との縁が深かった。『うまなりクン』や『みんなのケイバ』などで競馬新聞の特集を組んだ際、取り上げられたのは同じフジサンケイグループ産経新聞社が発行する競馬エイトではなく、系列外の本紙であった。また同じフジテレビ系列北海道文化放送とも非常に関係が強かった。1980年代中頃以降は関東独立U局の『中央競馬ワイド中継』(土日とも)、『中央競馬ハイライト』(土曜)にも解説者を派遣した。

ラジオでは1969年(昭和44年)、ラジオ関東(現・ラジオ日本)『競馬実況中継』の提供に参加し、笹川忠がメイン解説に着任。2000年(平成12年)に提供降板するまで一貫してその座にあった。

テレビコマーシャル[編集]

1990年代には当時の看板予想家である井崎と阿部の2人が出演したテレビCMが『スーパー競馬』、『ワイド中継』(日曜)、『ハイライト』(土曜)で流れていた。この2人が出演するCMはいくつかのバージョンがあったが、キャッチコピーは共通で「Are You Happy?」であり、2人のキャラクターに合わせたコミカルなCMとなっていた。一方で2人のキャラクターが軽薄だとしてベテラン競馬ファンからは嫌われたといい(前述)、2000年代になってからはこれらのCMは放映されなくなった。

おもな発行物[編集]

現在はいずれも休刊している。

在籍していた人物[編集]

中央競馬・関東[編集]

中央競馬・関西[編集]

南関東公営[編集]

ばんえい競馬(札幌支社)[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 本紙の組版が全面電算写植に移行したのは1997年(平成9年)である。
  2. ^ 『最重要ウマ問題裏議事録』(井崎脩五郎・須田鷹雄著、ザ・マサダ、2000年)p.179
  3. ^ 丹下日出夫 (2010年7月6日). “オグリキャップが逝っちゃった、の丹下の巻” (日本語). 丹下の懺悔. 2011年7月31日閲覧。

関連項目[編集]