新報スポニチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スポーツニッポン > 新報スポニチ
新報スポニチ
種類 日刊紙
サイズ ブランケット判

事業者 琉球新報社
本社 那覇市
代表者 代表取締役社長 富田詢一
創刊 1990年7月1日
言語 日本語
価格 1部 60円
月極 1,029円
ウェブサイト http://www.sponichi.co.jp/
株式会社 琉球新報社
The Ryukyu Shimpo
本社所在地 日本の旗 日本
〒900-8525
沖縄県那覇市天久905
事業内容 新聞発行
設立 1893年9月15日
業種 情報・通信業
資本金 1億9232万2500円
売上高 98億円(2011年度)
従業員数 327人(2012年7月1日現在)
特記事項:
スポーツニッポンの沖縄県版としての形で琉球新報社との提携によって発行。
テンプレートを表示

新報スポニチ(しんぽうスポニチ)は、琉球新報社の発行するスポーツ新聞である。題号が示す通り、スポーツニッポン(スポニチ)の沖縄県版的位置付けで、事実上の「エリアフランチャイズ」である。

沖縄タイムス社日刊スポーツを刊行しているのに対抗し、琉球新報社はスポーツニッポン(同紙親会社の毎日新聞社那覇支局がある)、サンケイスポーツ(発行元の産経新聞那覇支局が同社内にあり、また沖縄テレビと提携)、報知新聞社(同グループの読売新聞那覇支局、また日本テレビ那覇支局もある)のうちから、もっとも本土新聞で関係の強い毎日新聞系のスポーツニッポン新聞社と提携することになり、1990年に沖縄版として創刊した。

概要[編集]

紙面の内容は、スポーツニッポン新聞社の東京本社(東京都江東区越中島)で編集・製作された記事で構成しているが、テレビ欄公営競技面、中央競馬面などは掲載されていない(沖縄県には公営競技の施設が無い。中央競馬の重賞レース記事が1面もしくは最終面の場合、沖縄県は西日本ではあるが東日本の物を掲載)。それらの記事を省略して、12ページで発行されており、これは本社の発行するものよりも少ない。広告は沖縄向けの物に差し替えられている(掲載されている広告は沖縄本島内のパチンコ風俗店関係や琉球新報社の出版物など)。社会面は創刊当初は掲載されていなかったが、2009年現在、芸能面の前の面に掲載されている。1面題字は「スポーツニッポン」の部分を「新報スポニチ」に差し替えているが、欄外の題字は「スポーツニッポン」のままである。

沖縄県では、沖縄タイムス社から「日刊スポーツ」の沖縄県向けに販売する分が印刷・発行されている。こちらの方も「新報スポニチ」と同様、10~12ページで発行し、購読料も同一価格。

沿革[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]