日刊競馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
株式会社日刊競馬新聞社
種類 株式会社
本社所在地 141-0032
東京都品川区大崎一丁目10-1
設立 1950年(昭和25年)
業種 情報・通信業
法人番号 5010701007387
事業内容 競馬新聞発行
代表者 代表取締役 谷由紀
資本金 1000万円
売上高 約16億円
従業員数 81名
主要子会社 有限会社三平印刷所
有限会社函館レーシングサービス
外部リンク http://www.nikkankeiba.co.jp/index.htm
テンプレートを表示

日刊競馬(にっかんけいば)とは、株式会社日刊競馬新聞社が関東エリアを中心に発刊している中央競馬南関東競馬専門新聞である。1950年創刊。

2008年8月まではオートレース川口オートレース場でも専門新聞の「日刊オート」を販売していた。

スポーツ新聞の日刊スポーツおよび日刊スポーツ新聞社との関係は全くない。

中央版[編集]

販売されている日刊競馬(左列真ん中)

日本競馬新聞協会、関東競馬新聞協会加盟紙。北海道〜関東エリアにおいて主場版と従場(ローカル)版の2種類を発行(関西エリアは特別レースを中心に掲載)。価格は470円で8ページ建て、馬柱は縦組み、一般新聞サイズ。1面と最終面がカラー刷り(従場で発行されるものは二色刷の場合もある)。

レース情報と予想が記事のほぼすべてを占める競馬専門紙の中では、山野浩一の「血が駆ける」、吉川良の「競馬人情」、柏木集保の「編集長の競馬」など、コラムが充実しているのも特徴。

看板評論家は編集長を務める柏木(関東独立UHFテレビ解説者)、飯田正美(主場版本紙予想)。CM梅田凡乃のボーカル[1](当初は女性ボーカルだった)による「もう振り向くな、青春は風の中」の出だしで始まるオリジナルソングの30秒CMと、柏木・飯田の看板評論家(特に柏木)を前面に押し出した15秒CMの大きく分けて2パターンとなっている。尚、2011年現在、関東の地上波テレビ競馬中継にてCMが放映されている競馬新聞紙は当紙のみ[2]となった。また、関東独立UHF局の競馬中継やグリーンチャンネルなど[3]、関東のメディアでは柏木を中心に最もトラックマンのメディア出演が多い競馬新聞紙になった。

なお、従場版の本紙予想は馬齢やレースの条件で担当を変えて行われている(以前は主場版も)。

主なトラックマンのメディア出演[編集]

太字が現在の出演番組

  • 柏木集保競馬展望プラス首都圏トライアングル共同制作)、グリーンチャンネル解説者、LIVE&REPORT 中央競馬中継(UHF系)、中央競馬ワイド中継(UHF系、土・日メイン解説)、中央競馬ハイライト(UHF系、日曜東京・福島開催解説)、日刊競馬TVコマーシャル
  • 飯田正美:金曜競馬CLUB千葉テレビ、レギュラー解説者)、中央競馬実況中継ラジオNIKKEI、日曜午前正面解説)、中央競馬中継(UHF系)、中央競馬ハイライト(UHF系、土曜解説)、日刊競馬TVコマーシャル
  • 宮崎秀一中央競馬実況中継(ラジオNIKKEI、土曜6R〜9R、日曜6R〜10Rパドック解説及び日曜メイン・最終レース「ワンポイントアドバイス」担当)、BSイレブン競馬中継(BSイレブン、土曜パドック解説、夏の新潟開催のみ)、中央競馬ワイド中継(UHF系、土曜パドック解説)
  • 黒津紳一グリーンチャンネル解説者、うまナビ!イレブンBSイレブン、全開催に出演)、中央競馬ワイド中継(UHF系、日曜準レギュラー)
  • 桧原正行グリーンチャンネル解説者、中央競馬ワイド中継(UHF系、日曜準レギュラー)
  • 久保木正則グリーンチャンネル解説者(主に関東主場パドック解説)、中央競馬実況中継(ラジオNIKKEI、土曜10R〜12Rパドック解説)、BSイレブン競馬中継(BSイレブン、日曜パドック解説、夏の新潟開催のみ)
  • 小木曽大祐ワンダフル競馬新潟放送)、BSイレブン競馬中継(BSイレブン、土曜パドック解説)、グリーンチャンネル解説者(主に新潟開催パドック解説)、中央競馬実況中継(ラジオNIKKEI、日曜1R〜5Rパドック解説。)

2012年よりメイン馬柱の掲載歴が最も長かった宮崎が外れ、交代で小木曽がメイン馬柱に2008年以来の復帰。メイン馬柱は上から順に柏木、小木曽、黒津、久保木、桧原、飯田の6人となった。また上記以外にも、2011年よりスタートした『BSイレブン競馬中継』に藤本貴久(土曜担当)、郡和之(日曜担当)の2人のトラックマンがパドック解説者を担当し、また同じく2011年よりスタートした『うまナビ!イレブン』には黒津(全開催)、郡(主に東京開催)の他、大川浩史若狭有菜(主に中山開催)、中西徹(主に新潟開催)の3人が解説者を担当。そのため上記7人含め、12人のトラックマンが関東の競馬中継に出演している。

南関東版[編集]

大井川崎船橋浦和各競馬版を発行している。価格は500円(南関東版は各社同価格)で4〜6ページ建て、馬柱は縦組み、一般新聞サイズ。中央版同様、1面と最終面がカラー刷り。南関東の競馬専門紙ではトップシェアを占めるとされる。

看板評論家は吉川彰彦。過去の所属者としては、1998年まで東京シティ競馬中継やグリーンチャンネルなどの地方競馬関連番組に解説役で出演していた、小林分場担当トラックマンであった栗原正光が知られる。栗原は1998年10月30日のスーパーダートダービー終了後に脳内出血で倒れて以降は療養を余儀なくされ[4]、地方競馬関連番組などへの出演は同紙南関東版の後輩記者である小山内完友が引き継いだ。

なお、南関東競馬版でもダートグレード競走開催の場合は柏木、飯田の予想も掲載される。

ネット版[編集]

ウェブサイトはオンラインによる紙面購入(1レースあたり80円)や、特別登録馬情報、過去のGIレースを紙面で振り返る企画など、ページの充実が進んでいる。また、無料のメールマガジンでは柏木、飯田のメインレースの予想が掲載されている。

脚注[編集]

  1. ^ 梅田凡乃(NewJack拓郎)プロフィール(pdf)
  2. ^ 『中央競馬ワイド中継』が放送されていた2010年までは同番組にトラックマンを送っていた競馬研究競馬ブックのCMも放映されていたが同番組の終了により、地上波テレビ中継においては遂に当紙だけとなった。
  3. ^ 『中央競馬ワイド中継』が開始する以前はフジサンケイグループには非加盟ながら、ニッポン放送と最も関係が強かった。その名残として、かつての本紙担当で後に競馬エイトに移籍した臼井治が現在でも『日曜競馬ニッポン』に出演している。尚、臼井が競馬エイトに移籍して以降は同番組に当紙のトラックマンが出演することはなく、フジサンケイグループ各紙のトラックマン・記者のみで解説者が構成されることとなった。
  4. ^ その後、栗原は現場復帰はならなかったものの車椅子で競馬場に度々姿を見せる程の回復を見せた。ただし、最期は日本テレビ盃当日の船橋競馬場で倒れ、2010年9月25日に死去[1]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]