日曜競馬ニッポン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大橋巨泉の日曜競馬ニッポン
→大橋巨泉の責任プロデュース
日曜競馬ニッポン
→日曜競馬ニッポン
ジャンル スポーツ番組中央競馬
放送方式 生放送
放送期間 1970年代 -
放送時間 日曜14:30-16:00
放送局 ニッポン放送
パーソナリティ 清水久嗣堀江ゆかり
出演 競馬エイトサンケイスポーツトラックマン、ニッポン放送スポーツアナウンサー他多数
提供 日本中央競馬会
サンケイスポーツ競馬エイト週刊Gallop
公式サイト 日曜競馬ニッポン 公式サイト
テンプレートを表示

日曜競馬ニッポン(にちようけいばニッポン)は毎週日曜日14:30から16:00にニッポン放送で放送される中央競馬実況放送のタイトル。

放送時間[編集]

  • 1970年代後半 - 1990年9月: 12:00 - 16:40(ナイターイン時)、12:00 - 17:00(ナイターオフ時)
  • 1990年10月 - 1991年3月: 13:00 - 17:00
  • 1991年4月 - 1991年9月: 13:00 - 16:40
  • 1991年10月 - 1994年3月: 13:00 - 16:30
  • 1994年4月 - 2000年3月: 13:00 - 16:00
  • 2000年4月 - 2005年3月: 15:00 - 16:00(重賞レースの開催日は14:30開始の場合あり)
  • 2005年4月 - :14:30 - 16:00

概要[編集]

放送開始当初は「大橋巨泉の日曜競馬ニッポン」というタイトルで昼12時から放送され、メインパーソナリティーに大橋巨泉を起用。1980年代から「大橋巨泉の責任プロデュース 日曜競馬ニッポン」となり午後のレースを完全放送していたが、大橋が競馬評論から撤退した後は放送時間が短縮され、パーソナリティーの冠が付かず、単に「日曜競馬ニッポン」と改めた。またかつては「土曜競馬ニッポン」というタイトルで土曜日にも放送されていた。 なお前番組はスポーツ中継番組枠の「サンデービッグスポーツ」。

プレゼント[編集]

  • 番組中に発表されるキーワードをはがき、またはメールで送れば、抽選によりその日の重賞競走(原則として関東のもの。但しGIが行われる場合は地区に関係なくそれを優先)の「夢馬券」と称し、解説者が推奨する馬券を抽選で贈呈する。

ネットワーク[編集]

メインレースのネット受け[編集]

関西地区のメインレースについては毎日放送(MBSラジオ)(『GOGO競馬サンデー!』)からのネットワーク受けを行う(関西地区のメインが GIレースの場合には、ネット受けを行なわず自社制作を行なう場合がある)。また夏季北海道開催期間中はSTVラジオからもネット受けされる(なお、GIレースを除き、関東メインはMBSラジオに相互ネットワークされる)他、中京競馬の3場開催時は高松宮記念チャンピオンズカップは自社制作を行うか、MBSラジオからネット受けをする。それ以外の重賞競走の実況は東海ラジオからネット受けされていた(2010年まで)。

裏送り[編集]

放送時間(放送日)以外にもMBSラジオ(WIN5対象レース、最終レース。ただし関東地区の競馬場に出張して実況する場合を除く)に実況を裏送りしている。2012年3月25日までは、STVラジオ(最終レースのみ。ただし函館札幌開催時を除く)でも行っていた。

出演者[編集]

司会

  • 清水久嗣(ニッポン放送スポーツ部アナウンサー 実況兼務 2013年4月より土曜日の競馬面にコラム<関西版にも掲載>を執筆)
  • 堀江ゆかり

メイン解説

  • 藤牧満男(『競馬エイト』、実況席、GIレース時には発走前ゲートリポートを行う場合もある)

返し馬レポート

  • 臼井治(元『日刊競馬』、『競馬エイト』トラックマン、日刊競馬在籍時から当番組の出演を続けている)

パドック解説

  • 星政彦(『競馬エイト』、ただし春と秋の新潟開催時には『NSTみんなのKEIBA』の出演を優先するため、当番組には出演しない)
春と秋の新潟開催時は競馬エイトトラックマンが週替わりで登場する。

関西担当解説

  • 川田重幸(元『競馬エイト』。2014年よりレギュラー。通常は関西のメインレース情報を関西主場競馬場から電話リポートによる出演であるが、関西GI時はメイン解説者としてパドック解説や返し馬解説を行う。)

実況

(以上、ニッポン放送スポーツ部アナウンサー)
  • 胡口和雄(2008年秋でニッポン放送を定年退職したが、引き続き当番組に出演)

過去の出演者[編集]

実況アナウンサー

  • 小倉智昭(大橋巨泉がテレビ東京から引き抜き、フリーアナウンサーとなった当日からこの番組で実況を担当させた。フリー転身直後は当番組での実況しか仕事がなかったと後年で語っていた。当初は番組の総合司会として起用。)
  • 山内宏明
  • 小野浩慈(メイン司会と兼務。現在フジテレビアナウンサー、2009年4月より『みんなのケイバ』→『みんなのKEIBA』での実況担当となった)
  • 松本秀夫2011年1月9日より15年ぶりに競馬実況に復帰、2011年12月まで実況)
  • 栗村智(2012年5月より6年ぶりに復帰、2013年8月でニッポン放送を定年を迎えたが、嘱託として引き続き当番組に出演)

解説者

  • 大橋巨泉(メインパーソナリティー兼務)
  • 榎本正男
  • 吉田均(『競馬エイト』)※ただし、フジテレビ『スーパー競馬』との掛け持ちだったため、出演は3時まで。
  • 松本ヒロシ(同上、現・『みんなのKEIBA』解説者)
  • 野城公男(元『競馬エイト』『夕刊フジ』、実況席、パドック、また関西GIレース時は関西から解説。2013年3月まで土曜日発行の競馬面ではこの番組との連動コラム「野城のこれイチ!!」<関西版にも掲載>を執筆)
  • 西島大和(『サンケイスポーツ』)
  • 水戸正晴(同上)
  • 佐藤洋一郎(同上)

他、競馬エイト、サンケイスポーツのトラックマンが多数出演していた。

その他[編集]

  • 2008年2月3日東京競馬場が降雪により予定されていた全レースが中止になったため、雪情報を伝える番組に変更になった。なおこの番組の終盤15:50ころに東京競馬場から小野浩慈アナが各場のメインレースの結果・払戻金を伝えた。
  • 翌週2月10日も東京競馬場が降雪により予定されていた全レースが中止になったが、通常通り放送は行われた。番組内では京都10・11レースをMBS毎日放送から、小倉メインレースの実況を九州朝日放送からネットした。
  • 2014年2月9日・16日は両日とも東京競馬場が前日(16日は一昨日)の積雪の影響で予定されていた全レースが中止になったため、ニッポン放送本社スタジオから一部内容を変更して放送が行われた。番組内では京都の第10・11レースを中継(MBSラジオからネット)したほか、プロ野球春季キャンプやソチ冬季五輪など競馬以外のスポーツ情報も併せて放送した。また司会の清水がソチ冬季五輪取材に伴い欠席(15時台にソチから電話出演)したため、両回とも煙山光紀が代行を務めた。

関連[編集]

外部リンク[編集]