エグゼクティブサーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

エグゼクティブサーチ: Executive search)は、職業紹介事業のひとつであり、社長などの経営幹部、または社外取締役社外監査役、特定の専門的なスキルを持った人材を、外部からスカウトする業務を指す。


欧米諸国と比較すると、日本では2000年代までは、経営幹部の外部からの招聘はあまり盛んとは言えなかったが、2010年代に入ると、 サントリーローソンから新浪剛史が、資生堂日本コカ・コーラから魚谷雅彦が、LIXILMonotaROから瀬戸欣哉が、武田薬品工業グラクソ・スミスクラインからクリストフ・ウェバーが、それぞれ社長としてスカウトされたことで、その背後にあるエグゼクティブサーチに対しても注目が集まった[要出典]

2020年代に入ると、東芝が自社の社長選任にエグゼクティブサーチ会社を利用することを発表した[1]。2021年に三菱ケミカルHD初の外国人社長に就いたギルソン氏の招聘は五大ファームの1社が関わった[2]

5大 エグゼクティブ・サーチファーム[編集]

世界5大エグゼクティブ・サーチファームとしてKorn Ferryコーン・フェリー)、Egon Zehnderエゴン・ゼンダー)、Heidrick & Strugglesハイドリック・アンド・ストラグルズ)、Spencer Stuartスペンサー・スチュワート)、Russell Reynolds Associatesラッセル・レイノルズ・アソシエイツ)が有名であり、いずれもグローバルで1000億円以上の売上規模とコンサルティング・ファームとして大規模で活動している[3]。日本を含む世界各国で多数の拠点を運営し、コンサルタント数も各社300名を越えている。

著名なヘッドハンター[編集]

日本では辻伸之スペンサースチュワート日本法人社長)、渡辺紀子(ハイドリック・アンド・ストラグルズ パートナー)、佃秀昭(元エゴンゼンダー社長、元産業革新投資機構専務取締役COO、株式会社ボードアドバイザーズ代表取締役社長)などがエグゼクティブ・サーチのコンサルタントとして著名。

脚注[編集]

  1. ^ 東芝、社長選任へ幹部人材紹介会社2社選定 日経電子版 2021年7月30日
  2. ^ ヘッドハンターの流儀” (日本語). 日本経済新聞 (2022年6月16日). 2022年10月29日閲覧。
  3. ^ The Big 5” (英語). Hunt Scanlon Media. 2022年10月29日閲覧。