魚谷雅彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

魚谷 雅彦(うおたに まさひこ、1954年6月2日 - )は、日本の実業家。株式会社資生堂代表取締役執行役員社長。株式会社ブランドヴィジョンエグゼクティブアドバイザー。

人物[編集]

奈良県出身。同志社大学卒業後、海外への留学制度があるという理由で、ライオン歯磨(現:ライオン)に入社、その後クラフト・ジャパン(現:モンデリーズ・ジャパン)において副社長を歴任[1]

1994年日本コカ・コーラに転じ、「ジョージア」や「爽健美茶」、「紅茶花伝」など数々のヒット商品を手掛け同社の業績を伸張させた[1]。またその後には、自身でコンサルタント会社を立ち上げNTTドコモのサービス改善にも携わった[2]

それらの実績を買われ、 2013年4月には資生堂マーケティング統括顧問に就任。社内では顧問として助言をもらうだけだと見做されていたが[3]、 豊富なマーケティングにおける実務能力と強いリーダーシップが当初は、役員経験のない外部の人材が社長に就任することに対し否定的であった「役員指名諮問委員会」においても、最終的には全員一致で賛成をみたため、2014年4月1日、同社としては史上初めて外部出身者として社長に就任した[3][4][5]

経歴[編集]

その他の現活動

著書[編集]

  • 『外資系トップの仕事力―経営プロフェッショナルはいかに自分を磨いたか』(共著) ダイヤモンド社、2006年、ISBN 978-4478733349
  • 『こころを動かすマーケティング―コカ・コーラのブランド価値はこうしてつくられる』 ダイヤモンド社、2009年、ISBN 978-4478008683
  • 『会社は変われる!ドコモ1000日の挑戦』 ディスカヴァー・トゥエンティワン、2011年、ISBN 978-4799310014

脚注[編集]

外部リンク[編集]