フィリップモリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フィリップ・モリスから転送)
Philip Morris International Inc.
種類
株式会社(NYSEPM)
S&P 500 Component
業種 たばこ
設立 1900年
創業者 フィリップ・モリス (煙草商) ウィキデータを編集
本社 アメリカ コネチカット州スタンフォードスイス ローザンヌ
主要人物
André Calantzopoulos, (Chairman & CEO)
売上高 増加 US$ 763億4000万 (2011)
営業利益
増加 US$ 13.33 billion (2011)
利益
増加 US$ 8.59 billion (2011)
総資産 増加 US$ 35.48 billion (2011)
純資産 増加 US$ 229 million (2011)
従業員数
78,100 (2011)
親会社 アルトリア ウィキデータを編集
子会社 サンプルナ
ベントールグループ
PMFTC, ベンソン&ヘッジス
ウェブサイト www.pmi.com

フィリップモリス英語: Philip Morris International Inc.)は、アメリカ合衆国コネチカット州スタンフォードに登記上の本社を置き、スイスローザンヌに統括本部を置く、世界最大のたばこメーカー。日本法人のフィリップ モリス ジャパン合同会社は東京都千代田区永田町山王パークタワーに構える。

概要[編集]

主要な銘柄に「ラーク」(一部は旧︰フィリップモリス)、「マールボロ」(日本ではJTが2005年4月末までライセンス生産)、「バージニア・エス(旧:バージニア・スリム)」「パーラメント」などがある。「マールボロ」はF1WRCなどのモータースポーツのスポンサーとしても有名である。略称はPM

歴史[編集]

同社の起源は、1847年にロンドンボンド・ストリート英語版フィリップ・モリスが開業した1軒の煙草屋である[1][2]。モリスはこの店で刻みタバコや紙巻きタバコを売っていたが、後に自分でタバコを製造するようになった。1881年、モリスの息子のレオポルド・モリスがジョセフ・グルーネバウムとともに"Philip Morris & Company and Grunebaum Ltd"を設立した[3]。この会社は1885年に"Philip Morris & Co. Ltd."に改称した[3]

1894年、ウィリアム・カーティス・トムソン一家により買収され、1902年にアメリカ合衆国のニューヨークで法人化された[3]。1919年、バージニア州で法人化され、"Philip Morris & Co. Ltd., Inc."となった[3]

2005年初頭から一部銘柄でアメリカからドイツへの製造移管が始まり、国内部門と海外部門が分割された。2007年11月頃に、マールボロ(アイスミント以降の新商品は最初からEU製)を除く全銘柄でスイスやドイツ、オランダへの製造移管が完了した。2009年3月頃に、最後に残ったマールボロの基本銘柄に関してもスイスやオランダへの製造移管が完了している。

2010年に全73銘柄1箱当たり20円の値上げを財務省に申請し、財務省は3月に申請どおり全73銘柄の値上げを認可した。しかしフィリップモリスが申請撤回を申し出、4月に認められた。値上げ申請が認められてから撤回した初の事案である。

マールボロの一部、フィリップモリスネクストメリットなどフィリップモリス社の一部のたばこのパッケージの表面には、2頭の馬とフィリップ・モリスのイニシャルのイニシャル・「PM」の楕円形を挟んだロゴの下の記した、「veni,vidi,vici」(ラテン語で「来た、見た、勝った」の由来はユリウス・カエサルローマの元老院に送った、自軍の勝利を知らせる手紙の文面)の文字が入った構図のエンブレムが印刷されている。

2017年、紙巻きたばこから将来的には撤退する方針を明らかにした[4]

2022年、 スウェーデンの嗅ぎたばこ会社スウェディッシュ・マッチを買収[5]

フィリップモリス・ジャパン製品[編集]

現行販売ブランド[編集]

  • 銘柄数 79銘柄 (2014年10月27日現在)
  • ブランド数 6ブランド(2014年10月27日現在)
ブランド名 国内販売開始年 現行銘柄数 廃止銘柄数 備考
マールボロ 2005年 25 19 1973年9月~2005年4月まではJTのライセンス生産により販売
ラーク 1964年 35 20 うち8銘柄は旧フィリップモリスのブランド変更品
パーラメント 1973年 8 5
バージニア・エス 1983年 7 10 旧名(1983年~2010年9月):バージニア・スリム
ネクスト 1992年 2 3
ベーシック 2006年 2 2

加熱式たばこ喫煙具[編集]

  • IQOSシリーズ[6]
  • lil HYBRID(韓国・KT&Gとの共同製品)[7]

国内販売終了製品[編集]

国内販売終了ブランド[編集]

ブランド名 国内販売開始年 国内販売終了年 廃止銘柄数 備考
チェスターフィールド
フィリップモリス 1985年 2014年 14 ラークブランドに統合され現在はラーク・ブルー・スムース・レーベルとして展開
メリット 1992年 2013年 5
エル&エム 1988年 2005年 2 旧L&M社のブランド
イブ 1999年 1
サラトガ 1999年 1 120'sサイズ
オアシス 2007年 2 地域限定、デジタルライター専用たばこ

提供番組[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Philip Morris Companies Inc. – Company Profile, Information, Business Description, History, Background Information on Philip Morris Companies Inc.”. www.referenceforbusiness.com. 2018年3月30日閲覧。
  2. ^ “Philip Morris International on the Forbes Global 2000 List” (英語). Forbes. https://www.forbes.com/companies/philip-morris-international/ 2018年7月20日閲覧。 
  3. ^ a b c d Key Milestones” (英語). www.pmi.com. 2018年7月20日閲覧。
  4. ^ テレビ朝日ニュース(2017/03/02 17:04)
  5. ^ EU、フィリップ・モリスのスウェディッシュ買収承認へ(ロイター)” (日本語). LINE NEWS. 2022年10月25日閲覧。
  6. ^ 株式会社インプレス (2021年8月17日). “新型「IQOS ILUMA」はブレードレスで汚れない。スティックも新仕様” (日本語). Impress Watch. 2022年2月1日閲覧。
  7. ^ 煙フリーの加熱式タバコ「リル ハイブリッド」に、強メンソール「MIIX アイス プラス」が追加 - 価格.comマガジン” (日本語). kakaku.com. 2022年2月1日閲覧。
  8. ^ それまで2分間提供だったP&Gの1分間を引き継いで後任はHITACHI
  9. ^ 後任は日本電装

関連項目[編集]

外部リンク[編集]