PayPal

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ペイパル
PayPal Holdings Inc.
PayPal.svg
PayPal San Jose Headquarters.jpg
サンノゼの本社
種類 株式会社
市場情報 NASDAQ: PYPL
略称 PayPal
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州サンノゼ
設立 1998年
業種 電子商取引
代表者 Dan Schulman(CEO
純利益 20億2300万ドル
関係する人物 ピーター・ティール(創業者)
イーロン・マスク(創業者)
外部リンク www.paypal.com/jp/home
テンプレートを表示

PayPal Holdings Inc.(ペイパル、NASDAQ: PYPL)は、電子メールアカウントとインターネットを利用した決済サービスを提供するアメリカの企業である。PayPalアカウント間やクレジットカードでの支払い、口座振替による送金を行う。 1998年12月にPayPal Inc.の社名で設立。2002年eBayに買収されその子会社となっていたが、2015年7月にPayPal Holdings Inc.の社名で独立した[1]。なお、日本を含む同社の国際部門は、シンガポールPayPal Pte. Ltd.)を拠点としている。

概要[編集]

アメリカを中心に広く普及している決済サービス。190の国と地域で利用でき、21通貨以上に対応。2011年2月現在、世界中で2億2000万のアカウントが開設されている。 金銭の授受をPayPalが仲介するため、取引先にクレジットカード番号や口座番号を知らせる必要がなく、安全なサービスであると謳われている。

PayPal(提供サービス)[編集]

日本ユーザーの利便性向上を目的に、2007年3月よりサイト全体の日本語表示が開始され、日本国内の電話問い合わせカスタマーサポートが新設された。

利用方法[編集]

  • 準備
以下に述べるアカウント開設の手続きによって、準備が完了する。
  1. パーソナルアカウントまたはビジネスアカウントを取得し、PayPalアカウントを開設する
  2. クレジットカード情報やデビットカード情報または銀行口座(口座振替)を登録する。[2]
アメリカ国内に限り銀行口座などからPayPalアカウントに入金が可能。[3]なお、PayPalの決済ページでアカウント作成を行える。
  • 支払い(オンライン店舗)
    • 支払い後にクレジットカード、デビットカード、口座振替から引き落とされる。
    • PayPalアカウントなしでもPayPalサービスを使用した決済を行うことができるサービスもある。
    • PayPalのサービスである「買い手保護制度」[4]により商品に不備があれば条件付きでPayPalから返金を受けることができる。
  • 個人間送金
    • 送金には口座振替設定が必要
    • 送金先のメールアドレスを指定、または送金リンクを使用してPayPalアカウント同士で送金を行う。[5]登録された銀行口座から引き出される。
    • 特定の条件で手数料がかかる。
    • Skype(3.2.0.53以降)ではPayPalアカウント経由で送金できる。[6]
    • PayPalの「買い手保護制度」返金対象外
  • 入金
日本では銀行等からPayPalアカウントへの入金が不可能[7]
  • 振替(引き出し)
PayPalアカウントからの引き出しは、銀行口座への振込で行われる。日本の銀行口座に引き出す場合の引き出し手数料は、5万円未満が250円、5万円以上は無料。[8]米国内の銀行口座への引き出しには2~3日かかり、手数料は不要。

口座の種類[編集]

以下の2種類の口座がある。

  • パーソナル - 個人の支払い向け
  • ビジネス - 個人事業主・法人向け

どの種類でも、無料で即座にアカウントが開設でき、アカウント維持手数料も無料である。 パーソナルとビジネスの違いは

  • 名称が事業者名かどうか
  • 複数人のアクセスができるかどうか
  • 他手数料や決済方法など

である。
パーソナルでは本人確認を完了することで10万円以上の取引が可能。 パーソナルの場合はPayPalアカウント間の振込手数料が無料なのに対して、ビジネスは有料であり、また、PayPal でクレジットカードなどから、売上を立てる場合、パーソナルの方が決済手数料が高い。
2010年4月1日より、資金決済法の改正によって、日本国内ペイパル同士及び日本から海外への個人間送金が一時的に不可能[9]となり、その代わりプレミア及びビジネスアカウント同様、ペイパルに手数料を徴収することが義務付けられた。[要出典]クレジットカード現金化も参照。

ショップとの連動[編集]

ショップと連動させるためのサービスを利用可能。[10]

  • 決済ボタン
購入のためのリンクボタンをPayPalから作成することが出来る。かつてこの支払画面は英語のみだったが、現在は日本語を含め多言語に対応している。
  • 購読と定期支払い
一定間隔で(1ヶ月など)定額を課金するタイプに使用できる。
  • API
ショップと高度な連携が必要な場合は、APIを使い、PayPalサービスと通信することができる。

不正取引への対応[編集]

利用者が不正な取引を当該取引から60日以内にPayPalに通知し、承認された場合不正取引分の金額が補償される。[11]

関連項目[編集]

参照[編集]

外部リンク[編集]

日本語SNSアカウント