Twitter (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Twitter, Inc.
種類
非公開会社
市場情報
業種 インターネット
設立 2006年3月21日 (2006-03-21)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ
創業者
本社
事業地域
世界中
主要人物
サービス
売上高 増加 50.8億米ドル (2021年)
営業利益
減少 −4億9274万米ドル (2021年)
利益
増加 −2億2141万米ドル (2021年)
総資産 増加 140.6億米ドル (2021年)
純資産 減少 73.1億米ドル (2021年)
従業員数
7,500+ (2021年12月)
ウェブサイト about.twitter.com ウィキデータを編集
Footnotes / references
[1][2][3][4][5][6]

Twitter, Inc.は、カリフォルニア州サンフランシスコを拠点とする、アメリカ合衆国のIT企業である。マイクロブログソーシャル・ネットワーキング・サービスの「Twitter」を運営している。 以前は、ショート動画アプリ「Vine」とライブストリーミングサービス「Periscope」を運営していた。

サービスとしてのTwitterは、2006年3月にジャック・ドーシー、ノア・グラス、ビズ・ストーンエヴァン・ウィリアムズによって開発され、同年7月に公開された。2012年までに、1日あたり1億人以上のユーザーが3億4000万件のツイートを投稿し[7] 、1日に平均16億件の検索クエリを処理している[8][9]。2013年11月には株式を公開した。2019年初頭までに、月間アクティブユーザー数が3億3000万人を超えた[10]

2022年10月28日、イーロン・マスクによる全株式の買収が完了[11][12][13][14][15]、同年同月31日よりマスクがCEOに就任した[16]。11月8日にはニューヨーク証券取引所から上場廃止となり、非公開会社になった[17]

歴史[編集]

2006年–2007年:創業[編集]

ジャック・ドーシーによる、 SMSベースのソーシャルネットワークの構想メモ、2006年頃。

Twitterの起源は、ポッドキャストサービスを展開する企業Odeoの役員が開催していた「一日がかりのブレイン・ストーミング・セッション」にある。そこで当時ニューヨーク大学の学生だったジャック・ドーシーは、個人がSMSサービスを使って少人数のグループとコミュニケーションをとるというアイデアを発表した[18]。それを元にしたプロジェクトが2006年3月21日に始まり、ドーシーは太平洋標準時UTC-08:00)の午後12時50分に初めてのツイートである「just setting up my twttr(自分のtwttrを設定中)」を公開した[1]。ドーシーと請負人のフロリアン・ウェーバーによって開発されたTwitterの試作型第1号は、Odeoの従業員向けの社内サービスとして利用された[19]。2006年7月15日、完成版が一般公開された[5]。2006年10月、ドーシーのほかビズ・ストーンエヴァン・ウィリアムズをはじめとするOdeoのメンバーたちは、Obvious Corporationを設立し、Odeo.comやTwitter.comなどの資産とともに投資家や株主からOdeoを買収した[20]。後にウィリアムズに解雇されたグラスは、2011年までTwitterの立ち上げに関わっていることを口外していなかった[21]。2007年4月、Twitterは独立した[22]

Twitterが人気になったきっかけは、2007年のサウス・バイ・サウスウエスト (SXSWi)だった。イベント期間中、 ツイートの投稿数は1日あたり20,000ツイートから60,000ツイートに増加した[23]ニューズウィークスティーヴン・レヴィは「Twitter関係者は、会場の廊下に60インチのスクリーンを2台巧みに配置し、それらにTwitterのメッセージを流していた」としたうえで「何百人もの参加者が、Twitterを介して絶え間なくお互いを観察していた。パネリストも講演者もこのサービスについて言及し、出席していたブロガーもそれを宣伝した」と語っている[24]。ブロガーのスコット・ビールは、TwitterがSXSWiを「絶対的に支配」していたと述懐している。ソーシャル・ソフトウェア研究者であるダナ・ボイドも、カンファレンスはTwitterのものだったと述べている[25]

2007年–2022年: 成長[編集]

2012年4月、Twitterは自動車メーカーや広告代理店と連携することを目的として、デトロイトにオフィスを開設すると発表した[26] 。また、ダブリンにオフィスを展開した[27]。2012年12月18日にはTwitterは月間アクティブユーザー数が2億人を突破したことを発表した。15か月前の2011年9月の時点では1億人であり、急速に成長していたことがわかる[28]

2013年11月7日、同社はニューヨーク証券取引所で新規株式公開を行った[29]

2016年9月、買収の打診を受けたとの報道を受け、Twitterの株価は20%上昇した[30]。買い手候補はアルファベットGoogleの親会社)[30]マイクロソフト[31][32][33]セールスフォース・ドットコム[30]ベライゾン[34]そしてウォルト・ディズニー・カンパニー[35][36]だった。Twitterの取締役会は、2016年末までに行われる可能性のある取引に前向きだった[30][37]。しかし、10月の報道によると、嫌がらせなどにサービスが悪用されている懸念があるため、すべての買い手候補が辞退し、取引は行われなかった[38][39][40]

2021年4月、Twitterはガーナにアフリカ本部を設立すると発表した[41][42]

2022年1月、TwitterはMoPubのAppLovinへの売却を完了した。この取引は2021年10月に最初に発表され、販売価格は10億5000万ドルと報道された[43]

2022年: イーロン・マスクによる買収提案[編集]

ビジネス界の大物であるイーロン・マスクは、2022年4月4日にTwitterの9.1%を26億4000万ドルで購入したことを明らかにした[44][45][46]。これによりTwitterの株価は27%上昇し、2013年のIPO以来最大の上昇率を記録した[47]。マスクは、発行済み株式の14.9%以上を受益しないことを証券取引委員会への提出文書に記しており、4月9日に取締役会の席を用意されたが[45][48]、正式に取締役就任となる予定だった当日に取締役会不参加の意向を示した[49]

その後マスクは4月14日、世界中の民主主義のために言論の自由の重要性を信じていると語り、Twitterの430億ドルでの買収と会社を非公開にするという一方的な申し出を行った[50]TEDのインタビューで、マスクは「Twitterはその国の法律に倣うべきだ」と語り、世界中のインターネット検閲と戦うことにはほとんど関心を示さなかった一方で、言論の自由に関するマスクの懸念は、ほぼ完全にTwitterのモデレートポリシーに向けられていた[51][52]。これに対しTwitterの取締役会は、4月15日に「ポイズンピル」戦略を導入した。これにより、マスクの買収を阻止する手段として、敵対的買収が発生した場合に株主が追加の株式を購入できるようになった[53] 。4月20日、マスクはTwitterを買収するための公開買付けとして465億ドルを確保した[54][55]。4月25日、Twitterはマスクの申し出を受け入れる準備ができていたと報道され[56]、取締役会はその日遅くに申し出を公に受け入れた[57]

マスクは、最初の計画として、透明性を高めるために、コンテンツフィード内のツイートをランク付けするアルゴリズムをオープンソース化すると述べた。また、スパムボットを削除し、すべてのユーザーを認証する意図を明らかにした[58]

2022年10月28日、イーロンマスクによる買収が完了[11]

2022年: イーロン・マスクによる企業改革[編集]

2022年10月31日、ツイッター社の株式を上場廃止した[59]。11月には社員の半数の3500人を解雇通告したとされる[60]

2022年11月、公式アカウントが有料サブスクリプションで購入可能となった[61]。12月、ハンター・バイデン疑惑への対応に関する社内文書「ツイッター文書」が公開された[62]

マスクは12月18日から19日にかけて自身の進退を問うツイッター投票を実施し、「辞任に賛成」が過半数の57.5パーセントを占めた。 20日、マスクは後任が見つかり次第、CEOを辞任するつもりだと投稿した[63]

2023年1月18日、社内備品計631点がオークションに出品され、ロゴの鳥をかたどったオブジェが10万ドル、ネオンサインが4万ドル[66]などでそれぞれ落札された[67][68]

サービス[編集]

Twitter[編集]

Twitterは、ユーザーが「ツイート」と呼ばれるメッセージを投稿し、他のユーザーと交流ができるマイクロブログおよびソーシャルネットワーキングサービス

Revue[編集]

Revueは、ライターが作成したメールマガジンを無料、または有料で購読させることができるサービス。Revueは2015年にオランダで設立され、2021年1月26日にTwitterに買収された[69]

終了したサービス[編集]

Vine[編集]

2012年10月5日、Twitterは2013年1月に立ち上げられたビデオクリップ会社Vineを買収した[70][71]。2013年1月24日、Twitterはユーザーが6秒間のループ動画クリップを作成し共有できるスタンドアロンアプリとしてVineをリリースした。Twitterで共有されているVine動画は、ユーザーのTwitterフィードで直接見ることができる[72]。2016年10月27日、Twitterはアップロードについてはすべて無効にするが、閲覧とダウンロードは引き続き機能すると発表した[73][74]。2017年1月20日、Twitterはこれまでに公開されたすべてのVine動画のアーカイブを開始した。このアーカイブは2019年4月をもって正式に廃止された[75]

Periscope[編集]

2015年3月13日、Twitterは、動画のライブストリーミングを可能にするアプリPeriscopeの買収を発表した[76] 。Periscopeは2015年3月26日にサービスを開始した[77]。2021年3月31日、利用者の減少やプロダクトの再編、高い維持コストのため、サービス終了となった[78]。ただし、過去のPeriscope動画は引き続きTwitterで視聴でき、その核となる機能のほとんどはアプリに組み込まれている[79]

CrashlyticsとFabric[編集]

Twitterは、2013年1月28日に、開発者向けのクラッシュレポートツールであるCrashlyticsを当時最大の買収額となる1億米ドル以上で買収した[80] 。Twitterは、買収後もサービスのサポートと拡張を継続することを約束した[81]

2014年10月、TwitterはCrashlyticsを中心に構築されたモバイル開発者ツール群であるFabricを発表した[82] 。Fabricは、Crashlytics、Answers(モバイルアプリ分析)、Beta(モバイルアプリ配布)、Digits(モバイルアプリIDおよび認証サービス)、MoPub、TwitterKit(TwitterへのログインとTweet表示機能)を単一のモジュラーSDKに統合している。インストールの容易さと互換性を保証されたまま、開発者は必要な機能を選択できる。TwitterはCrashlyticsの上にFabricを構築することで、Crashlyticsの高い普及率を利用して、MoPubとTwitterKitの使用を迅速に拡大することができた。Fabricは、発売からわずか8か月で10億のモバイル端末にアクティブに配信されるようになった[83]

2016年の初め、Twitterは、Fabricが20億以上のアクティブなデバイスにインストールされ、22万5000人を超える開発者によって使用されていることを発表した。 Fabricは、人気第1位のクラッシュレポートであり、iOSアプリのトップ200の中においても第1位のモバイル分析ソリューションとして認識され、Google AnalyticsやFlurry、MixPanelを上回っていた[84][85]。なお、2017年1月にGoogleがTwitterからFabricを買収し、後にFirebaseプラットフォームに統合された[86][87]

買収[編集]

2010年4月11日、Twitterは、 MacおよびiPhone用のTwitterクライアントTweetieの開発元であるAtebitsを買収した[88]

2013年1月28日、Twitterはモバイル開発者向けの製品を構築するためにCrashlyticsを買収した[89]。2013年8月28日、TwitterはTrendrrを買収し[90] 、続いて2013年9月9日にMoPubを買収した[91]

2014年6月4日、Twitterは、モバイル端末向けの「ネイティブ広告」を専門とするテクノロジー企業であるNamo Mediaを買収すると発表した[92] 。2014年6月19日、Twitterは、テレビ放送の編集と共有を支援するサービスであるSnappyTVを買収するという非公開の合意に至ったと発表した[93][94]。同社は、放送局や権利者がソーシャル上で有機的にビデオコンテンツを共有すること、そしてTwitterのAmplifyプログラムを介して共有することの両方を支援していた[95] 。2014年7月、Twitterは、CardSpringという新興企業を非公開の金額で買収する意向を発表した。CardSpringを利用すると、小売業者はクレジットカードに自動的に同期するクーポンをオンラインショッピングの利用者に提供することができ、実店舗での買い物の際に割引を受けられるようになる[96]。2014年7月31日、Twitterは、パスワードセキュリティのスタートアップ企業のMitroを買収したと発表した[97]。2014年10月29日、TwitterはIBMとの新しいパートナーシップを発表した。このパートナーシップは、企業がTwitterデータを使用して、顧客やビジネス、その他のトレンドを把握できるようにすることを目的としている[98]

2015年2月11日、Twitterは、 ロブ・フィッシュマンとダレン・ラクトマンによって設立されたインフルエンサー向けの広告ネットワークであるNicheを5000万ドルで[99]買収したと発表した[100]。4月29日には、広告の技術企業であるTellApartを5億3200万ドルで買収したことを発表した[101][102]。2016年6月、TwitterはMagic Ponyという人工知能スタートアップ企業を1億5千万ドルで買収した[103][104]

2021年1月26日、TwitterはSubstackなどの競合するプラットフォームに対抗するため、メールマガジンサービスであるRevueを買収した[69]

2021年11月と12月、Twitterのスレッドをアクセス可能なウェブページに変換するサービスのthreader.appと、メッセージングサービスのQuillという2つの競合企業を買収し、直ちに閉鎖した[105]。threader.appユーザーは、代わりに当時一部の国でしか利用できなかったTwitter Blueサービスを購入するように指示された[106]

2022年10月28日、イーロン・マスクが440億ドルでの米ツイッター買収を完了した[107]。ツイッターの株式は非公開化された。

問題[編集]

中国工作員の従業員問題[編集]

米議会上院の司法委員会は2022年9月13日、米ツイッターの安全対策の欠陥を内部告発した元セキュリティー責任者、ピーター・ザトコを呼び公聴会を開いた[108]。中国などの外国勢力の工作員が社内に在籍していたと証言し、ユーザーの個人情報が利用される危険性を指摘した[108]。また、ツイッターは同日の臨時株主総会で、米電気自動車大手テスラ最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスクによる買収を承認した[108]。マスクは買収撤回を表明しているが、契約履行を求めているツイッターは株主に承認を求めた[108]。公聴会に出席した議員は、連邦捜査局(FBI)がツイッターに対し、中国の工作員が社内にいる疑いがあると通知していたと言及[108]。ザトコは解雇される前に「少なくとも1人在籍していると知らされていた」と語った[108]

ハンター・バイデン疑惑隠蔽問題[編集]

2022年12月3日、イーロン・マスクによって同社の過去の社内文書「ツイッター文書」が公開され、同社が民主党からの削除要請を優先的に受付けてバイデン大統領の次男であるハンター・バイデンの疑惑[109]に関するツイートを検閲・削除していた事実が確認された[110]

財務[編集]

収益
(百万米ドル)
当期純利益(百万米ドル) 総資産(百万米ドル) 従業員数
2010 [111] 28 −67 0
2011 [111] 106 −164 721
2012 [111] 317 −79 832 2,000
2013 [111] 665 −645 3,366 2,712
2014 [112] 1,403 −578 5,583 3,638
2015 [113] 2,218 −521 6,442 3,898
2016年[114] 2,530 −457 6,870 3,583
2017 [115] 2,443 −108 7,412 3,372
2018 [116] 3,042 1,206 10,163 3,900
2019 [117] 3,459 1,466 12,703 4,900
2020 [118] 3,716 -1,136 13,379 5,500以上
2021年[119] 5,077 −221 14,060 7,500以上

脚注[編集]

  1. ^ a b @jack (2006年3月21日). "just setting up my twttr" (ツイート). Twitterより2011年2月4日閲覧
  2. ^ US SEC: FY2021 Form 10-K Twitter, Inc.”. U.S. Securities and Exchange Commission. 2022年3月27日閲覧。
  3. ^ Twitter – Company”. about.twitter.com. 2019年7月30日閲覧。
  4. ^ Humble, Charles (2011年7月4日). “Twitter Shifting More Code to JVM, Citing Performance and Encapsulation As Primary Drivers”. InfoQ. 2013年1月15日閲覧。
  5. ^ a b マイケル・アーリントン英語版 (2006年7月15日). “Odeo Releases Twttr”. TechCrunch. AOL. 2010年9月18日閲覧。
  6. ^ Lauren Feiner (2022年4月28日). “Twitter reports user bump, revenue miss for Q1, days after accepting Musk's takeover bid”. CNBC. 2022年6月17日閲覧。
  7. ^ Twitter turns six”. Twitter (2012年3月21日). 2022年6月17日閲覧。
  8. ^ The Engineering Behind Twitter's New Search Experience”. Twitter Engineering Blog. Twitter (2011年5月31日). 2014年3月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月7日閲覧。
  9. ^ "Twitter turns six" Twitter.com, March 21, 2012.
  10. ^ “Twitter overcounted active users since 2014, shares surge on profit hopes”. USA Today. https://www.usatoday.com/story/tech/news/2017/10/26/twitter-overcounted-active-users-since-2014-shares-surge/801968001/ 
  11. ^ a b イーロン・マスク氏、Twitter買収取引完了 幹部ら解任(写真=AP)” (日本語). 日本経済新聞 (2022年10月28日). 2022年10月28日閲覧。
  12. ^ マスク氏、ツイッター買収完了 CEOなど解雇=関係者”. ロイター通信. 2022年10月29日閲覧。
  13. ^ マスク氏、ツイッター社のCEOら解任 異例の買収手続き完了直後に”. 朝日新聞. 2022年10月29日閲覧。
  14. ^ マスク氏、ツイッターの買収完了 CEOはただちに解雇と”. BBC. 2022年10月29日閲覧。
  15. ^ マスク氏 ツイッター買収手続き完了 幹部を解雇か 米メディア”. NHK. 2022年10月29日閲覧。
  16. ^ マスク氏、ツイッターCEOに就任 取締役全員解任」『Reuters』、2022年10月31日。2022年11月1日閲覧。
  17. ^ “イーロン・マスク氏買収 ツイッター NY証券取引所の上場廃止へ”. 日本放送協会. (2022年11月9日). オリジナルの2022年11月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20221120040851/https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221109/k10013885181000.html 2022年11月20日閲覧。 
  18. ^ Co-founder of Twitter receives key to St. Louis with 140 character proclamation”. ksdk.com. KSDK (2009年9月19日). 2012年12月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年9月29日閲覧。 “After high school in St. Louis and some time at the University of Missouri–Rolla, Jack headed east to New York University.”
  19. ^ "How Twitter Was Founded".
  20. ^ Malik, Om (2006年10月25日). “Odeo RIP, Hello Obvious Corp”. GigaOM. http://gigaom.com/2006/10/25/odeo-rip-hello-obvious-corp/ 2009年6月20日閲覧。 
  21. ^ Madrigal, Alexis (2011年4月14日). “Twitter's Fifth Beatle Tells His Side of the Story”. The Atlantic. https://www.theatlantic.com/technology/archive/2011/04/twitters-fifth-beatle-tells-his-side-of-the-story/237326/ 2011年4月26日閲覧。 
  22. ^ Lennon. “A Conversation with Twitter Co-Founder Jack Dorsey”. The Daily Anchor. 2009年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年2月12日閲覧。
  23. ^ Meyers (2011年7月15日). “5 years ago today Twitter launched to the public”. The Next Web. 2017年5月5日閲覧。
  24. ^ レヴィ・スティーヴン英語版 (2007年4月30日). “Twitter: Is Brevity The Next Big Thing?”. Newsweek. http://www.newsweek.com/id/35289 2011年2月4日閲覧。 
  25. ^ ダニエル・ターディマン英語版 (2007年3月10日). “To Twitter or Dodgeball at SXSW?”. CNET. CBS Interactive. 2013年12月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月4日閲覧。
  26. ^ “Twitter heads to Motown to be closer to automakers”. Reuters. (2012年4月4日). オリジナルの2015年9月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150924163253/http://www.reuters.com/article/2012/04/04/twitter-detroit-idUSL2E8F47G020120404 2012年4月5日閲覧。 
  27. ^ “Twitter to create 12 jobs as it scales up Irish operations”. Irish Independent. (2012年4月4日). http://www.independent.ie/business/technology/twitter-to-create-12-jobs-as-it-scales-up-irish-operations-3070098.html 2012年4月5日閲覧。 
  28. ^ Twitter Now Has More Than 200 Million Monthly Active Users”. Mashable (2012年12月18日). 2022年6月17日閲覧。
  29. ^ Tate, Ryan. “Twitter's Big Day: Why Zero Profits Make for a Great IPO” (英語). WIRED. ISSN 1059-1028. https://www.wired.com/2013/11/why-twitters-ipo-boomed/ 2022年5月12日閲覧。 
  30. ^ a b c d Faber (2016年9月23日). “Twitter may soon get formal bid, suitors said to include Salesforce and Google”. CNBC. NBCUniversal News Group. 2017年4月23日閲覧。
  31. ^ Vielma (2016年9月26日). “Microsoft seen as possible Twitter suitor: Source”. CNBC. NBCUniversal News Group. 2017年4月23日閲覧。
  32. ^ Rodionova, Zlata (2016年9月27日). “Twitter sale: Disney and Microsoft join Google in list of potential bidders”. The Independent. https://www.independent.co.uk/news/business/news/twitter-sale-microsoft-disney-google-who-will-buy-social-media-site-a7332886.html 2017年4月23日閲覧。 
  33. ^ Nusca (2016年9月27日). “Will Microsoft Buy Twitter?”. Fortune. 2017年4月23日閲覧。
  34. ^ Salesforce, Google, Microsoft, Verizon are all eyeing up a Twitter bid” (英語). TechCrunch. 2022年6月20日閲覧。
  35. ^ Sherman (2016年9月26日). “Disney Is Working With an Adviser on Potential Twitter Bid”. Bloomberg Markets. Bloomberg L.P.. 2017年4月23日閲覧。
  36. ^ Roof (2016年9月26日). “Yep, Disney is in talks with bankers about possible Twitter acquisition”. TechCrunch. AOL. 2017年4月23日閲覧。
  37. ^ “Twitter shares soar almost 20% on takeover talk”. BBC News. (2016年9月23日). https://www.bbc.com/news/business-37453242 2017年4月23日閲覧。 
  38. ^ Sherman (2016年10月18日). “Disney Dropped Twitter Pursuit Partly Over Image”. Bloomberg Technology. Bloomberg L.P.. 2017年4月23日閲覧。
  39. ^ McCormick (2016年10月19日). “Twitter's reputation for abuse is turning off potential suitors”. The Verge. Vox Media. 2017年4月23日閲覧。
  40. ^ Price (2016年10月18日). “Twitter's abuse problem is reportedly part of the reason Disney chose not to buy it”. Business Insider. アクセル・シュプリンガー社英語版. 2017年4月23日閲覧。
  41. ^ Establishing Twitter's presence in Africa” (英語). blog.twitter.com. 2021年4月13日閲覧。
  42. ^ “Ghana basks in Twitter's surprise choice as Africa HQ” (英語). BBC News. (2021年4月24日). https://www.bbc.com/news/world-africa-56860658 2021年4月25日閲覧。 
  43. ^ Perez (2022年1月3日). “Twitter completes sale of MoPub to AppLovin for $1.05 billion” (英語). TechCrunch. 2022年1月3日閲覧。
  44. ^ U.S. SEC: Schedule 13G”. U.S. Securities and Exchange Commission (2022年4月4日). 2022年4月24日閲覧。
  45. ^ a b U.S. SEC: Schedule 13D: Amendment No. 1 to Schedule 13G”. U.S. Securities and Exchange Commission (2022年4月4日). 2022年4月24日閲覧。
  46. ^ Elon Musk spent $2.64 billion on Twitter shares so far this year, new filing shows” (英語). CNBC (2022年4月5日). 2022年4月7日閲覧。
  47. ^ Turner, Giles; Trudell, Craig (2022年4月2日). “Elon Musk Takes 9.2% Stake in Twitter After Hinting at Shake-Up”. Bloomberg. https://www.bloomberg.com/news/articles/2022-04-04/musk-takes-9-2-stake-in-twitter-after-questioning-platform 2022年4月4日閲覧。 
  48. ^ Corfield, Gareth (2022年4月5日). “Elon Musk to join Twitter board” (英語). The Telegraph. ISSN 0307-1235. https://www.telegraph.co.uk/business/2022/04/05/elon-musk-floats-idea-editing-tweets-stock-swoop/ 2022年4月5日閲覧。 
  49. ^ U.S. SEC: Amendment No. 1 to Schedule 13D”. U.S. Securities and Exchange Commission (2022年4月9日). 2022年4月24日閲覧。
  50. ^ U.S. SEC: Amendment No. 2 to Schedule 13D”. U.S. Securities and Exchange Commission (2022年4月13日). 2022年4月14日閲覧。
  51. ^ Robertson, Adi (2022年4月15日). “What Elon Musk's Twitter 'free speech' promises miss”. The Verge (Vox Media). https://www.theverge.com/2022/4/15/23025120/elon-musk-twitter-free-speech-government-censorship 2022年4月25日閲覧。 
  52. ^ Milmo, Dan (2022年4月14日). “How 'free speech absolutist' Elon Musk would transform Twitter”. The Guardian. https://www.theguardian.com/technology/2022/apr/14/how-free-speech-absolutist-elon-musk-would-transform-twitter 2022年4月25日閲覧。 
  53. ^ U.S. SEC: Form 8-K”. U.S. Securities and Exchange Commission (2022年4月15日). 2022年4月25日閲覧。
  54. ^ Telford, Taylor; Lerman, Rachel; Siddiqui, Faiz (2022年4月25日). “Twitter shares jump on reports a deal with Musk could come as soon as Monday”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/technology/2022/04/25/twitter-elon-musk-deal/ 2022年4月25日閲覧。 
  55. ^ U.S. SEC: Amendment No. 3 to Schedule 13D”. U.S. Securities and Exchange Commission (2022年4月20日). 2022年4月21日閲覧。
  56. ^ Roumeliotis, Greg (2022年4月25日). “Twitter set to accept Musk's $43 billion offer” (英語). Reuters. https://www.reuters.com/technology/exclusive-twitter-set-accept-musks-best-final-offer-sources-2022-04-25/ 2022年4月25日閲覧。 
  57. ^ Wells, Georgia; Lombardo, Cara; Bobrowsky, Meghan (2022年4月25日). “Twitter and Elon Musk Strike Deal for Takeover”. The Wall Street Journal. https://www.wsj.com/articles/twitter-and-elon-musk-strike-deal-for-takeover-11650912837?mod=hp_lead_pos1 
  58. ^ Feiner (2022年4月25日). “Twitter accepts Elon Musk's buyout deal” (英語). CNBC. 2022年4月26日閲覧。
  59. ^ <米国株情報>ツイッターが上場廃止へ、マスク氏による買収完了”. 2022年11月21日閲覧。
  60. ^ マスク氏買収のツイッター 日本法人でも解雇者か 本社から英文の解雇通知 PC・社内SNSが使用できなくなり、出社できず・・・ マスク氏も「半数解雇」報道認める”. TBS. 2022年11月6日閲覧。
  61. ^ ツイッター、有料化で「認証バッジ」付与開始-米中間選挙控え懸念も”. Bloomberg. 2022年11月6日閲覧。
  62. ^ マスク氏予告の「ツイッター文書」公表 バイデン氏の疑惑の対応巡り”. 朝日新聞 (2022年12月4日). 2022年12月8日閲覧。
  63. ^ 共同通信 (2022年12月21日). “マスク氏、後任いれば辞任 ツイッターCEO | 共同通信” (日本語). 共同通信. 2022年12月21日閲覧。
  64. ^ 爆サイ.com【公式】ツイッター@bakusai_comのツイート”. Twitter (2023年1月19日). 2023年1月19日閲覧。
  65. ^ ツイッターの備品オークション 目玉の鳥オブジェは「爆サイ」が500万円で落札”. 東京スポーツ (2023年1月19日). 2023年1月19日閲覧。
  66. ^ このネオンサインの落札者は日本のローカル掲示板「爆サイ.com」を運営している企業であることが2022年1月19日に同社公式Twitterによって公表されている[64][65]
  67. ^ フジテレビ (2023年1月19日). “ツイッター社の備品がオークションに 青い鳥の像も出品”. FNNプライムオンライン. 2023年1月19日閲覧。
  68. ^ ツイッター社備品が競売に ロゴの「鳥」オブジェに1300万円”. AFP通信 (2023年1月19日). 2023年1月19日閲覧。
  69. ^ a b Conger, Kate (2021年1月26日). “Twitter Acquires Revue, a Newsletter Company” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. オリジナルの2021年12月28日時点におけるアーカイブ。. https://ghostarchive.org/archive/20211228/https://www.nytimes.com/2021/01/26/technology/twitter-revue-newsletter.html 2021年1月26日閲覧。 
  70. ^ “Twitter Acquires Video Service; Are Third Party Video Developers In Danger Now Too?”. MediaBistro. (2012年10月9日). オリジナルの2012年10月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121011004819/http://www.mediabistro.com/alltwitter/twitter-acquires-video-service_b29668 2012年10月10日閲覧。 
  71. ^ “Twitter Buys Vine, a Video Clip Company That Never Launched”. All Things D. (2012年10月9日). http://allthingsd.com/20121009/twitter-buys-vine-a-video-clip-company-that-never-launched/ 2012年10月10日閲覧。 
  72. ^ Dredge, Stuart (2013年1月23日). “Vine iPhone app brings short, sharp video to Twitter”. The Guardian (London). https://www.theguardian.com/technology/appsblog/2013/jan/24/twitter-vine-iphone-app 2013年1月26日閲覧。 
  73. ^ Foxx (2016年10月27日). “Twitter axes Vine video service”. BBC News. 2016年10月27日閲覧。
  74. ^ Important News About Vine”. Medium.com. 2016年10月27日閲覧。
  75. ^ Vine FAQs”. 2020年5月13日閲覧。
  76. ^ Constine (2015年3月13日). “Twitter Confirms Periscope Acquisition, And Here's How The Livestreaming App Works”. 2015年4月10日閲覧。
  77. ^ Pierce (2015年3月26日). “Twitter's Periscope App Lets You Livestream Your World”. WIRED. 2015年3月26日閲覧。
  78. ^ Gartenberg (2020年12月15日). “Twitter is shutting down its Periscope apps” (英語). The Verge. 2022年5月12日閲覧。
  79. ^ Kastrenakes (2021年3月31日). “Periscope shuts down, six years after popularizing mobile live streaming” (英語). The Verge. 2022年5月12日閲覧。
  80. ^ T. Huang, Gregory (2013年2月5日). “Twitter's Boston Acquisitions: Crashlytics Tops $100M, Bluefin Labs Close Behind” (英語). Xconomy英語版. https://xconomy.com/boston/2013/02/05/twitters-boston-acquisitions-crashlytics-tops-100m-bluefin-labs-close-behind/ 2021年11月22日閲覧。 
  81. ^ Olanoff. “Twitter Acquires Mobile Crash-Reporting Tool Crashlytics, Development Of The Product Will Continue "Unabated"”. TechCrunch. 2016年12月18日閲覧。
  82. ^ Honan, Mat. “Twitter's Audacious Plan to Infiltrate All Your Apps” (英語). WIRED. https://www.wired.com/2014/10/twitter-fabric-sdk/ 2016年12月18日閲覧。 
  83. ^ Milestone Achieved: Over 1 Billion Devices!”. Fabric Blog. 2016年12月18日閲覧。
  84. ^ Lew, Jason (2016年12月15日). “The State of Mobile SDKs in 2016”. MightySignal Mobile Trends. https://blog.mightysignal.com/the-state-of-mobile-sdks-in-2016-6007a13d8546#.n2uxjcxom 2016年12月18日閲覧。 
  85. ^ Fabric lands top spots for app analytics, stability, and monetization”. Fabric Blog. 2016年12月18日閲覧。
  86. ^ Wagner (2017年1月18日). “Google has acquired most of Twitter’s developer products, including Fabric and Crashlytics” (英語). Recode. 2022年5月13日閲覧。
  87. ^ Protalinski (2018年9月14日). “Google is killing Fabric in mid-2019, pushes developers to Firebase” (英語). VentureBeat. 2022年5月13日閲覧。
  88. ^ Miller, Claire Cain (2010年4月11日). “Twitter Acquires Atebits, Maker of Tweetie”. Bits (blog of The New York Times). http://bits.blogs.nytimes.com/2010/04/09/twitter-acquires-atebits-maker-of-tweetie/ 2011年2月7日閲覧。 
  89. ^ T. Huang, Gregory (2013年2月5日). “Twitter's Boston Acquisitions: Crashlytics Tops $100M, Bluefin Labs Close Behind” (英語). Xconomy英語版. https://xconomy.com/boston/2013/02/05/twitters-boston-acquisitions-crashlytics-tops-100m-bluefin-labs-close-behind/ 2021年11月22日閲覧。 
  90. ^ “Twitter acquires real-time social data company Trendrr to help it better tap into TV and media”. The Next web. (2013年8月28日). https://thenextweb.com/twitter/2013/08/28/twitter-acquires-real-time-social-data-company-trendrr-to-help-it-better-tap-into-tv-and-media/ 2013年8月29日閲覧。 
  91. ^ Isidore, Chris (2013年9月10日). “Twitter makes another acquisition”. CNN Money. https://money.cnn.com/2013/09/10/technology/social/twitter-acquisition/index.html 2013年9月10日閲覧。 
  92. ^ Shih, Gerry (2014年6月6日). “Twitter acquires mobile advertising startup Namo Media”. Reuters. オリジナルの2015年9月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150924201533/http://www.reuters.com/article/2014/06/05/us-twitter-namomedia-idUSKBN0EG20Y20140605 2014年6月6日閲覧。 
  93. ^ Calia, Michael (2014年6月19日). “Twitter Boosts Video Push With SnappyTV Buy”. The Wall Street Journal. https://www.wsj.com/articles/twitter-boosts-video-push-with-snappytv-buy-1403187557?mod=mktw 2014年6月19日閲覧。 
  94. ^ Tom Cheredar, Venture Beat.
  95. ^ Sawers, Paul (2014年6月19日). “Twitter's evolution as a broadcasting platform continues as it acquires live-TV clipping service SnappyTV”. The Next Web. https://thenextweb.com/twitter/2014/06/19/twitter-acquires-live-tv-clipping-platform-snappytv/ 2014年8月28日閲覧。 
  96. ^ With CardSpring Deal, Twitter's E-Commerce Strategy Emerges in Time for Holidays” (2014年7月20日). 2014年7月21日閲覧。
  97. ^ Austin, Scott (2014年7月31日). “Twitter Acquires Security-Password Startup Mitro”. The Wall Street Journal. https://www.wsj.com/articles/twitter-acquires-security-password-startup-mitro-1406832734 2014年8月1日閲覧。 
  98. ^ Lopes, Marina. "IBM, Twitter to partner on business data analytics" Archived November 27, 2015, at the Wayback Machine.. Reuters. October 29, 2014. Retrieved October 29, 2014.
  99. ^ Twitter buys Niche, an ad network for Vine stars, for about $50 million in cash and stock”. Business Insider. 2016年4月10日閲覧。
  100. ^ Ha. “Twitter Acquires Niche, A Startup That Helps Advertisers Work With Social Media Celebrities”. TechCrunch. 2016年4月10日閲覧。
  101. ^ Constine (2015年4月29日). “Twitter Improves Ads By Acquiring TellApart, Selling Them Through Google's DoubleClick”. 2015年4月29日閲覧。
  102. ^ Rosoff (2015年4月29日). “Twitter's price for TellApart: $532 million”. Business Insider. 2015年4月30日閲覧。
  103. ^ Murgia, Madhumita (2016年6月20日). “Twitter pays $150m for London AI startup Magic Pony”. The Telegraph. オリジナルの2022年1月10日時点におけるアーカイブ。. https://ghostarchive.org/archive/20220110/https://www.telegraph.co.uk/technology/2016/06/20/twitter-buys-london-startup-magic-pony-for-close-to-150m/ 2017年4月23日閲覧。 
  104. ^ Lunden (2016年6月20日). “Twitter pays up to $150M for Magic Pony Technology, which uses neural networks to improve images”. TechCrunch. AOL. 2017年4月23日閲覧。
  105. ^ Twitter Acquires and Shuts Down Slack Competitor Quill”. HYPEBEAST (2021年12月8日). 2022年4月16日閲覧。
  106. ^ Twitter Acquires Threader App Which Compiles Tweet Threads into Readable Text” (2021年11月25日). 2022年4月16日閲覧。
  107. ^ イーロン・マスク氏 ツイッター買収完了 CEOら幹部解雇 6.4兆円で|FNNプライムオンライン”. FNNプライムオンライン. 2022年11月4日閲覧。
  108. ^ a b c d e f INC, SANKEI DIGITAL (2022年9月14日). “外国工作員が社内に在籍 ツイッター内部告発者証言” (日本語). 産経ニュース. 2022年9月14日閲覧。
  109. ^ 下院共和党、バイデン氏次男の疑惑調査へ 過半数奪還で”. 日本経済新聞 (2022年11月18日). 2022年12月8日閲覧。
  110. ^ イーロン・マスクお墨付きの社内文書「Twitterファイル」でTwitter社内で民主党員の削除要請を優先的に受理しバイデンの息子の汚職を隠していた実態が発覚、今後は「シャドウバン」についても暴露予定”. GIGAZINE (2022年12月3日). 2022年12月8日閲覧。
  111. ^ a b c d 2013 Annual Report”. 2022年6月17日閲覧。
  112. ^ 2014 Annual Report”. 2022年6月17日閲覧。
  113. ^ 2015 Annual Report”. 2022年6月17日閲覧。
  114. ^ 2016 Annual Report”. 2022年6月17日閲覧。
  115. ^ 2017 Annual Report”. 2019年4月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月12日閲覧。
  116. ^ 2018 Annual Report”. 2022年6月17日閲覧。
  117. ^ 2019 Annual Report”. 2022年6月17日閲覧。
  118. ^ 2020 Annual Report”. 2021年6月20日閲覧。
  119. ^ 2021 Annual Report”. 2022年4月20日閲覧。

外部リンク[編集]

  • 公式ウェブサイト
  • twitter3e4tixl4xyajtrzo62zg5vztmjuricljdp2c5kshju4avyoid.onion Torネットワーク(ヘルプ)
  • Twitter, Inc.のビジネスデータ: