モデルナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Moderna, Inc.
以前の社名
ModeRNA Therapeutics
(2010年 – 2018年)
公開
ティッカー
業種 バイオテクノロジー
設立 2010年9月(10年前) (2010-09
創業者
本社 200 Technology Square
Cambridge, Massachusetts 02139
U.S.[1]
主要人物
製品 モデルナCOVID-19ワクチン (en:Moderna COVID-19 vaccine)
売上高 増加 US$ 232.65 million (2020)[4]
ネガティブな増加 US$−488 million (2020)[4]
ネガティブな増加 US$−474 million (2020)[4]
総資産 増加 US$ 4.75 billion (2020)[4]
純資産 増加 US$ 2.759 billion (2020)[4]
従業員数
830 (2019)[4]
ウェブサイト modernatx.com

モデルナ(Moderna [məˈdɜːrnə][5])はアメリカ合衆国マサチューセッツ州ケンブリッジに本社を置くバイオテクノロジー企業。メッセンジャーRNA(mRNA)のみに基づく創薬医薬品開発ワクチン技術に焦点を当てている[6][7]

モデルナの技術プラットフォームは、ヒトの細胞に合成ヌクレオシド修飾mRNA(modRNA)を挿入する。その後、このmRNAは細胞を再プログラムして免疫応答を促す。これはmRNAを細胞に挿入することによる副作用があったために以前は放棄されていた新たな技術である[8][9][10]。November 2020年現在、モデルナのCOVID-19ワクチン候補のMRNA-1273は、第III相の試験でCOVID-19疾患の予防に94%の有効性を示し、副作用はインフルエンザほど少なかった。これにより。ヨーロッパ、米国、及びカナダで緊急使用許可(EUA)が発行された[11][12]。2020年12月18日、mRNA-1273は米国でEUAが発行された[13]。2020年12月23日にカナダでの使用が承認され[14][15]、2021年1月6日に欧州連合での使用が承認された[16]。その後、mRNA-1273は2021年1月8日にイギリスで認可された[17]

歴史[編集]

2010年 – 2016年[編集]

マサチューセッツ州ケンブリッジにあるモデルナ本社

2010年、ModeRNA Therapeutics幹細胞生物学者のデリック・ロッシ英語版の研究を商業化するために設立された。ロッシは最初に修飾mRNAをヒトの細胞にトランスフェクトし、これを幹細胞に脱分化(幹細胞はさらに所望の標的細胞型に再分化することができる)することでmRNAを修飾する方法を開発した[18][19]。ロッシはハーバード大学の教員であるTim Springerにアプローチした。SpringerはKenneth Chien、ロバート・ランガーベンチャーキャピタルのFlagship Venturesに共同投資を求めた[19][20]

2011年、Flagship Ventures (現在Flagship Pioneering) のCEOであるNoubar Afeyanはヨーロッパの制約販売及び運営のエグゼクティブであるStéphane BancelをCEOとして迎えた[19][8]。Afeyanは個人としてモデルナの19.5%を所有し最大の単一株主であったが、ファンドであるFlagship Pioneeringは18%を所有していた[21]

2013年3月、モデルナとアストラゼネカは心血管疾患、代謝性疾患、腎疾患の治療領域での治療のためのmRNAを発見、開発、商業化するための5年間の独占的オプション契約に署名し、がんの標的を選択した[8][22][23]。この合意にはモデルナへの2億4千万ドルの前払いが含まれており、この支払いは「臨床試験ですでに試験されている薬を含まない製薬業界のライセンス契約においてこれまでで最大の初期払いの1つ」であり[22]、モデルナのシェアは8%であった[21]。May 2020年現在心筋虚血の治療である第I相試験を通った候補は1つだけであり、AZD8601とラベル付けされている[注釈 1][25]

2014年1月、モデルナとAlexion Pharmaceuticalsは治療を必要とする希少疾患について1億2500万ドルの契約を締結した。Alexionは、モデルナのmRNA治療プラットフォームを使用して、クリグラー・ナジャール症候群を含む希少疾患治療を開発するための製品オプションに対して1億ドルをモデルナに支払った[26]。2016年までに、JPモルガン・チェースの投資家たちにAlexionとの研究はまもなくヒトの治験に入るであろうと語った。しかし、2017年までに、Alexionとのプログラムは、動物の治験によりモデルナの治療はヒトに使用するのには十分安全ではないことが示されたため廃止された[8][10]

2016年2月、『ネイチャー』のop-edは、ほとんどの新興及び確立されたバイオテクノロジー企業とは異なり、その技術に関する査読付き論文を公開していないことについてモデルナを批判し、そのアプローチを物議を醸していた失敗したTheranosのアプローチと比較した[27]。2018年9月、Thrillistは "Why This Secretive Tech Start-Up Could Be The Next Theranos" (「なぜこの秘密の技術スタートアップが次のTheranosになる可能性があるのか」)[28]というタイトルの記事を公開し、秘密性に対する評判と研究の科学的検証または独立した査読がないことを批判しているが、そのとき米国で最も高い評価を得る50億ドル以上の民間バイオテクノロジー企業となっていた[8][9]。元モデルナの科学者はStatに「これは裸の王様のケースである。彼らは投資会社を経営しており、うまくいけば成功する薬も開発する」と発言している[8]

2018年 – 2020年[編集]

2018年、"Moderna Inc." と社名を変更し、ティッカーシンボルをMRNAとし、ワクチン開発のポートフォリオをさらに増やした[7]。2018年12月、史上最大のバイオテクノロジー新規株主公開となり、NASDAQで6億2100万ドル(1株当たり23ドルで2700万株)を調達した。これは会社全体の評価額が75億ドルであることを意味する[29][30]。2019年末の米国証券取引委員会(SEC)のファイリングによると、モデルナは開始以来15億ドルの損失を累積し、2019年だけで5億1400万ドルの損失を出し、2010年以降では32億ドルの株式を調達した[7][21]。2020年 (2020-December)現在、モデルナは600億ドルと評価された[31]

2020年3月、トランプ政権と製薬会社の役員との間のホワイトハウス会議において、Bancelは大統領にモデルナは数か月以内にCOVID-19ワクチンを準備できると話した[7]。翌日、FDAはモデルナワクチン候補の臨床試験を承認し、モデルナは後にOperation Warp Speedから4億8300万ドルの投資を受けた[7]。モデルナの取締役であるMoncef SlaouiはOperation Warp Speed計画の主任科学者に任命された[7]

概要[編集]

モデルナはシュードウリジンヌクレオシドを含むmRNAを使用して、脂質ナノ粒子で送達されるmRNAを開発している。候補は挿入型遺伝子変異による折り畳みと翻訳効率が改善されるように設計される[32]

モデルナCOVID-19ワクチン候補であるmRNA-1273は第I相試験で18-55歳の少数のボランティアで免疫原性であることが示された[33]。December 2020年現在、モデルナ及びファイザーCOVID-19ワクチンは、FDA及び他国の規制当局からの緊急使用許可のもとで販売が承認されていたが、第III相臨床試験を完了した、またはCOVID-19に対する予防的使用の認可を受けたmRNAワクチンはなかった[34][35]

リーダーシップ[編集]

2011年以来、モデルナは、医薬品の販売と経営のバックグラウンドを持つフランスの実業家、Stéphane Bancel最高経営責任者(CEO)が率いてきた[8][7]。Bancelはモデルナに対して密かにアプローチしていると言われており、タフな経営者であると評されている[8][7]Statは、これまでRNAに携わったことはないものの、Bancelは「博士号を持たないCEOにしては珍しく、100件を超えるモデルナの初期特許出願の共同発明者として名を連ねている」と述べている[8]。Noubar Afeyan、Robert Langerに続き、Bancelは同社の筆頭株主となっている[36]

Stephen Hogeは社長であり、元マッキンゼー・アンド・カンパニーの経営コンサルタントで2012年に入社し、同社の第4位の個人株主である[36][3]。David MelineがCFOを務めている[3]

取締役会[編集]

フラッグシップ・パイオニアリングのCEOであるNoubar Afeyanは、2011年からモデルナの取締役会長を務めている[37]。生物化学工学の博士号を持つAfeyanは[38]、フラッグシップ・パイオニアリングのさまざまな伝達手段を通じてモデルに権益を保有している。2018年のIPOの際に提出された文書によると、Afeyanは会社の19.5%を所有し、一方でフラッグシップは18%を所有しており、Afeyanは会社の37.5%を支配していた[21]

2020年5月、モデルナの取締役であるDr. Moncef Slaouiは、コロナウイルスのワクチン開発を加速させることを目的とした米国の「オペレーション・ワープ・スピード」のチーフサイエンティストになるために同社を辞任した。Slaoui氏は、新しい役職に就いても1000万ドル以上のストックオプションを持ち続け、連邦政府はコロナウイルスのワクチン試験を支援するために4億8300万ドルを同社に投資した。エリザベス・ウォーレン上院議員は、この保有を利益相反と呼び、Slaouiはオプションを売却すべきだったと述べた[39]

COVID-19ワクチン[編集]

モデルナCOVID-19ワクチン(コードネーム:mRNA-1273)は、アメリカ国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)、アメリカ生物医学先端研究開発局(BARDA)、及びモデルナにより開発されたCOVID-19ワクチンである。

[編集]

  1. ^ The relative success of AZD8601 is attributed to the fact that Moderna has been able to inject mRNA direct into the heart muscle without needing a drug delivery system. However, only the heart and some skin areas are capable of absorbing "naked mRNA".[24]

脚注[編集]

  1. ^ Key Facts”. Moderna. 2020年5月19日閲覧。
  2. ^ Alspach, Kyle (2013年5月22日). “Moderna CEO Bancel joins Flagship Ventures as senior partner”. Boston Business Journal. American City Business Journals. 2020年3月12日閲覧。
  3. ^ a b c d Executive Committee & Leadership”. 2020年8月13日閲覧。
  4. ^ a b c d e f Moderna Reports Third Quarter 2020 Financial Results”. Moderna (2020年10月29日). 2020年12月19日閲覧。
  5. ^ Moderna (23 October 2019). mRNA-3704 and Methylmalonic Acidemia (Video). YouTube. 2021年2月27日閲覧
  6. ^ Catherine Shaffer (2013年12月6日). “Moderna Makes Entrance with $40M Round for mRNA Work”. BioWorld. 2013年12月11日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h Elizabeth Cohen (2020年11月30日). “Moderna applies for FDA authorization for its Covid-19 vaccine”. CNN. https://www.cnn.com/2020/11/30/health/moderna-vaccine-fda-eua-application/index.html 2020年12月4日閲覧。 
  8. ^ a b c d e f g h i Garade, Damien (2016年9月13日). “Ego, ambition, and turmoil: Inside one of biotech's most secretive startups”. Stat. 2020年5月18日閲覧。
  9. ^ a b Crow, David (2017年9月6日). “Secretive Moderna yet to convince on $5bn valuation”. Financial Times. https://www.ft.com/content/ab138504-8c2e-11e7-a352-e46f43c5825d 2020年5月18日閲覧。 
  10. ^ a b Garde, Damien (2017年1月10日). “Lavishly funded Moderna hits safety problems in bold bid to revolutionize medicine”. Stat. 2020年5月19日閲覧。
  11. ^ Ludwig Burger (2020年12月1日). “COVID-19 vaccine sprint as Pfizer-BioNTech, Moderna seek emergency EU approval”. Reuters. https://www.reuters.com/article/us-health-coronavirus-vaccines-pfizer/covid-19-vaccine-sprint-as-pfizer-biontech-moderna-seek-emergency-eu-approval-idUSKBN28B4F3 2020年12月4日閲覧。 
  12. ^ Hannah Kuchler (2020年11月30日). “Canada could be among the first to clear Moderna's COVID-19 vaccine for use”. The Financial Post. https://financialpost.com/financial-times/canada-could-be-among-the-first-to-clear-modernas-covid-19-vaccine-for-use 2020年12月4日閲覧。 
  13. ^ “Statement from NIH and BARDA on the FDA Emergency Use Authorization of the Moderna COVID-19 Vaccine”. US National Institutes of Health. (2020年12月18日). https://www.nih.gov/news-events/news-releases/statement-nih-barda-fda-emergency-use-authorization-moderna-covid-19-vaccine 2020年12月19日閲覧。 
  14. ^ Regulatory Decision Summary - Moderna COVID-19 Vaccine”. Health Canada (2020年12月23日). 2020年12月23日閲覧。
  15. ^ Moderna COVID-19 Vaccine (mRNA-1273 SARS-CoV-2)”. COVID-19 vaccines and treatments portal (2020年12月23日). 2020年12月23日閲覧。
  16. ^ Strauss, Marine (2021年1月6日). “UPDATE 1-European Commission gives final approval to Moderna vaccine” (英語). Reuters. https://www.reuters.com/article/health-coronavirus-eu-moderna-idUSL8N2JH3L6 2021年1月10日閲覧。 
  17. ^ releases, 8:30am to 5pm For real-time updates including the latest press. “Moderna vaccine becomes third COVID-19 vaccine approved by UK regulator” (英語). GOV.UK. 2021年1月10日閲覧。
  18. ^ Erin Kutz (2010年10月4日). “ModeRNA, Stealth Startup Backed By Flagship, Unveils New Way to Make Stem Cells”. Xconomy. http://www.xconomy.com/boston/2010/10/04/moderna-stealth-startup-backed-by-flagship-unveils-new-way-to-make-stem-cells/ 2017年2月7日閲覧。 
  19. ^ a b c Gregory Huang (2012年12月6日). “Moderna, $40M in Tow, Hopes to Reinvent Biotech with "Make Your Own Drug"”. Xconomy. 2013年6月21日閲覧。
  20. ^ Catherine Elton (2013年3月). “The NEXT Next Big Thing”. Boston Magazine. 2013年12月11日閲覧。
  21. ^ a b c d Terry, Mark (2018年11月29日). “Can Moderna Live up to the Hype? mRNA Company Increases IPO Goal to $600 Million”. BioSpace. 2020年5月19日閲覧。 “The filings with the U.S. Securities and Exchange Commission (SEC) not only updated the proposed IPO but disclosed the size of the company's largest investors' stakes. Noubar B. Afeyan, company chairman, holds 19.5 percent, or 58,882,696 shares. Flagship Pioneering holds 18 percent of Moderna shares”
  22. ^ a b Andrew Pollack (2013年3月21日). “AstraZeneca Makes a Bet on an Untested Technique”. The New York Times. 2013年12月11日閲覧。
  23. ^ Robert Weisman (2013年3月21日). “Moderna in line for $240m licensing deal”. The Boston Globe. 2013年12月11日閲覧。
  24. ^ Moderna's gamble: what's behind biotech's biggest-ever IPO?”. Pharmaceutical Technology (2019年2月21日). 2020年5月20日閲覧。
  25. ^ Our Pipeline”. Modena. 2020年5月19日閲覧。
  26. ^ Chris Reidy (2014年1月13日). “Alexion, Moderna announce agreement to develop messenger RNA therapeutics”. The Boston Globe. https://www.boston.com/news/innovation/2014/01/13/alexion-moderna-announce-agreement-to-develop-messenger-rna-therapeutics 2020年3月18日閲覧。 
  27. ^ “Research not fit to print”. Nature 34 (115). (February 5, 2016). オリジナルのNovember 16, 2020時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201116154214/https://www.nature.com/articles/nbt.3488 2020年5月19日閲覧。. 
  28. ^ McGauley, Joe (2018年9月23日). “Why This Secretive Tech Start-Up Could Be The Next Theranos”. Thrillist. 2020年5月18日閲覧。
  29. ^ Mukherjee, Sy (December 8, 2018). “Moderna Had the Biggest Biotech IPO Ever. Here's What That Says About the Industry's Future”. Fortune. オリジナルのNovember 16, 2020時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201116154242/https://fortune.com/2018/12/08/moderna-ipo-biotech-future/ 2020年5月18日閲覧。. 
  30. ^ Ramsey, Lydia (2018年12月7日). “Moderna just priced the biggest IPO in biotech history, valuing the startup at $7.5 billion”. Business Insider. 2020年5月18日閲覧。
  31. ^ Moderna stock price and market value”. Yahoo Finance (2020年12月4日). 2020年12月4日閲覧。
  32. ^ Servick, Kelly (February 1, 2017). “This mysterious $2 billion biotech is revealing the secrets behind its new drugs and vaccines” (英語). Science. doi:10.1126/science.aal0686. オリジナルのNovember 16, 2020時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201116154209/https://www.sciencemag.org/news/2017/02/mysterious-2-billion-biotech-revealing-secrets-behind-its-new-drugs-and-vaccines 2018年5月17日閲覧。. 
  33. ^ Jackson, Lisa A.; Anderson, Evan J.; Rouphael, Nadine G.; Roberts, Paul C.; Makhene, Mamodikoe; Coler, Rhea N.; McCullough, Michele P.; Chappell, James D. et al. (July 14, 2020). “An mRNA Vaccine against SARS-CoV-2 — Preliminary Report”. New England Journal of Medicine 0 (20): 1920–1931. doi:10.1056/NEJMoa2022483. ISSN 0028-4793. PMC: 7377258. PMID 32663912. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7377258/. "At the 100-microgram dose, the one Moderna is advancing into larger trials, all 15 patients experienced side effects, including fatigue, chills, headache, muscle pain, and pain at the site of injection. All side effects were considered mild or moderate. A higher, 250-microgram dose led to more serious reactions and has been set aside." 
  34. ^ Singh, Jerome Amir; Upshur, Ross E G (2020). “The granting of emergency use designation to COVID-19 candidate vaccines: implications for COVID-19 vaccine trials”. The Lancet Infectious Diseases. doi:10.1016/s1473-3099(20)30923-3. ISSN 1473-3099. 
  35. ^ Emergency use authorization of Covid-19 vaccines could hinder global access to them”. STAT (2020年12月18日). 2020年12月27日閲覧。
  36. ^ a b Wink, Ben (2020年5月18日). “Here are the 5 multimillionaire scientists and executives getting the richest off Moderna's spike to record highs”. Business Insider. 2020年5月19日閲覧。
  37. ^ Moderna's Board of Directors”. Moderna. 2020年5月19日閲覧。
  38. ^ One Of Biotech's Biggest Investors Says The Industry Must Be 'Unreasonable'” (英語). www.wbur.org. 2020年7月15日閲覧。
  39. ^ Corcoran, Kieran (2020年5月16日). “The ex-pharma exec leading Trump's COVID-19 vaccine program has $10 million in stock options for a company getting federal funding”. Business Insider. 2020年5月18日閲覧。

外部リンク[編集]

  • 公式ウェブサイト
  • Moderna, Inc.のビジネスデータ: