トランスフェクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

トランスフェクション(transfection)とは核酸動物細胞内へ導入する過程を指す。通常、動物細胞はウイルスによる導入以外は核酸の細胞内導入は滅多に起こらないが、人為的にある程度自由に核酸を導入する事が可能になってきている。

用語[編集]

トランスフェクションという用語の意味は変化し続けている[1]。トランスフェクションの本来の意味は、「形質転換による感染」、すなわち、細胞へ原核生物 (感染性ウイルスまたはバクテリオファージ)のDNA(またはRNA)導入によってもたらされる感染である。形質転換という用語は、動物細胞生物学において別の意味(培養によって長期間の増殖を可能にする遺伝的変化、または癌細胞に典型的な特性の獲得)を持つので、動物細胞では、トランスフェクションという用語は、DNAの導入によって引き起こされる細胞特性の変化という現在の意味を獲得した。

トランスフェクションの方法[編集]

トランスフェクションの種類[編集]

DNA のトランスフェクションは一過的な(transient)導入と安定的(Stable)導入の違いがある。安定的導入にはゲノムに導入DNA を組み込み、薬剤で選択する方法が一般に行われている。またRNA の導入はsiRNA による一過的な遺伝子のノックダウンに広く利用されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]