マリオット・インターナショナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マリオット・インターナショナル
Marriott International
Marriott hotels logo14.svg
市場情報 NASDAQ: MAR
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
メリーランド州ベセスダ
事業内容 ホテル
外部リンク http://www.marriott.com/(英語)
テンプレートを表示

マリオット・インターナショナル (: Marriott InternationalNASDAQ: MAR) は、世界各地にホテルを展開する、アメリカのホテル会社である。

歴史[編集]

1927年J・ウィラード・マリオットヒュー・コルトンという二人の男がノンアルコールビールを扱う居酒屋(店名・ホットショップ)を開業。この居酒屋は順調に業績を伸ばし、1937年に飛行機機内食事業を開拓する。この機内食事業の誕生のきっかけは、1937年のある日、マリオットがワシントン郊外のフーバー飛行場に隣接するホットショップで、乗客が機内に持ち込む飲食物を買っていることに気づいたことによる。機内食事業も順調に業績を伸ばし、1963年には10の空港と25の航空会社にサービスをするようになり、1966年には海外進出を果たす。機内食事業開拓後も給食事業などのフード産業に進出。1967年にはマリオット・コーポレーションに社名変更。

1957年には第1号となるホテルを開業。1966年の時点では6軒だったホテルも1977年を境に急激に増やし、1981年には100軒目を突破。急激にホテルを増やした背景には、それまで巨額のローンが足枷となってホテルの数を増やせずにいたが、いったん建設したホテルを投資家や外部企業に売却し、その投資家や外部企業と契約を結ぶ手法に切り替えたことにある。現在ある世界的なホテルは投資家や外部企業と、ホテル会社との契約で成り立っている(例・ザ・リッツ・カールトン東京は、三井不動産とマリオット・コーポレーションとの契約で成り立っている)。ホテル事業が拡大したマリオット・コーポレーションは、1989年にかつての中心事業だったレストラン・機内食部門を売却し、ホテル専業の会社となった。1993年に分社化し、ホテル事業はマリオット・インターナショナルとなる。

2015年11月16日、同業のスターウッド・ホテルズ&リゾーツ・ワールドワイドを買収することで合意したと発表。買収総額は約122億ドル(約1兆5000億円)。統合後マリオット・インターナショナルが持つホテル数は計5500余りとなり、客室数は世界で110万室。世界最大のホテル企業が誕生する[1]

マリオットブランド[編集]

ザ・リッツ・カールトン[編集]

下記日本語公式サイトには掲載されていないが、大阪シンガポールニューヨークなどにある「ザ・リッツ・カールトン」もマリオット・インターナショナルのホテルブランドのひとつである。マリオット・インターナショナルは1998年にザ・リッツ・カールトンを傘下に入れたが、他のマリオット・インターナショナルのブランドとは一線を画した独自の運営をとっているため、マリオット・インターナショナルの日本語公式サイトには掲載されていない。

日本での展開[編集]

オープン予定ホテル[編集]

かつて運営していたホテル[編集]

宿泊業以外での展開[編集]

  • ロイヤル・マリオット・アンド・エスシー - ロイヤル(現在のロイヤルホールディングス)および住友商事との三社共同出資で1990年に設立された給食事業者。2008年にロイヤルコントラクトサービスに改称、マリオットとの提携は解消されている。

脚注[編集]

外部リンク[編集]