道と川の駅花ロードえにわ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
花ロードえにわ
道の駅花ロードえにわ
所在地
061-1375
北海道恵庭市
南島松817-18
座標 北緯42度53分50秒 東経141度35分09秒 / 北緯42.89722度 東経141.58575度 / 42.89722; 141.58575座標: 北緯42度53分50秒 東経141度35分09秒 / 北緯42.89722度 東経141.58575度 / 42.89722; 141.58575
登録路線 国道36号
登録回 第21回 (01087)
登録日 2005年8月10日
開駅日 2006年7月1日[1]
営業時間 9:00 - 19:00(4-10月)
9:00 - 17:30(11-3月)
外部リンク
テンプレート プロジェクト道の駅

道と川の駅花ロードえにわ(みちとかわのえき はなロードえにわ)は、北海道恵庭市にある国道36号恵庭バイパス)の道の駅である。国道と漁川の交点に位置していることから河川緑地と一体的な整備を進めてきたほか[2]花の拠点「はなふる」を構成する施設となっている[3]

沿革[編集]

  • 2005年平成17年):道の駅登録。
  • 2006年(平成18年):「道と川の駅花ロードえにわ」(地域交流センター)オープン。
  • 2007年(平成19年):農畜産物直売所「かのな(花野菜)」(多目的交流物産館)、多目的広場、ウォーターガーデンオープン。
  • 2019年(平成31年・令和元年):道の駅の指定管理者がデリシャスとなる。改装工事に伴い一時休館。
  • 2020年(令和02年):花ロードえにわがリニューアルオープン[4]。農産物直売所「かのな」が移転新築してオープン[5]花の拠点「はなふる」オープン[6]

施設[編集]

  • 駐車場
    • 普通車:46台
    • 大型車:16台
    • 身障者用:3台
  • トイレ
    • 男:大 4器(4器)、小 7器(7器)
    • 女:11器(11器)
    • 身障者用:1器(1器) センター内:1器(0器) オストメイト対応トイレ 2器(1器)
    ※()内は24時間使用可能
  • 公衆電話
  • AED
  • フードコーナー
  • ベーカリーコーナー
  • お土産コーナー
  • コスメ雑貨コーナー
  • 情報コーナー
  • TEAスタンド
  • コンサバトリー
  • 恵庭農畜産物直売所「かのな」

アクセス[編集]

国道36号恵庭バイパス)沿いに位置している。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “道の駅 高まる期待 来月1日開業 「新しいマチの顔」 花ロードえにわ”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2006年6月17日)
  2. ^ 恵庭市『道と川の駅整備事業』の概要 (PDF)”. 恵庭市. 2020年11月28日閲覧。
  3. ^ 花の拠点 はなふる(ハナフル)”. 2020年11月21日閲覧。
  4. ^ “道と川の駅「花ロードえにわ」 装い新たにオープン”. 北海道建設新聞 (北海道建設新聞社). (2020年3月17日). https://e-kensin.net/news/126489.html 2020年11月23日閲覧。 
  5. ^ 北海道・道の駅「花ロードえにわ」併設の恵庭農産物直売所「かのな」、4月4日移転オープン”. リアルエコノミー (2020年3月19日). 2020年5月4日閲覧。
  6. ^ “恵庭市の花の拠点「はなふる」がオープン”. 北海道建設新聞 (北海道建設新聞社). (2020年11月15日). https://e-kensin.net/news/132570.html 2020年11月21日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]