ドアダッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドアダッシュ
DoorDash, Inc.
DoorDash Logo.svg
市場情報 Private
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
94105
116 New Montgomery Street 4th Floor San Francisco, CA
設立 2013年5月
業種 サービス業
事業内容 食品配送サービス
代表者 Tony Xu(CEO)
Stanley Tang(President)
Andy Fang(CTO)
主要株主 セコイアキャピタル
ソフトバンク・ビジョン・ファンド
Kleiner Perkins Caufield & Byers
Khosla Ventures
CRV
Pear Ventures
外部リンク https://www.doordash.com/
テンプレートを表示

ドアダッシュ: DoorDash, Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くオンデマンドフードデリバリーサービス。スタンフォード大学の学生トニー・シュー、スタンリー・タン、アンディ・ファンおよびエヴァン・ムーアによりパロアルトで設立された。

概要[編集]

契約したレストランテイクアウトメニューを自宅に届けるサービスを提供している。利用者はアプリから欲しいメニューを選択すると、レストランの混雑具合や推定到着時間が通知され、料理の完成・集荷・料理が家からどれくらいの距離に来ているか逐次報告が入る。[1]

配送はダッシャーと呼ばれる請負人が行う。ダッシャーは配達可能なエリアと最低受注額と勤務時間をアプリに入力し勤務時間帯に待機する。利用者から注文が入るとドアダッシュから最適なダッシャーに配送オファーが入り、ダッシャーは2分以内に受けるかどうかを返答し配送を行う。ドアダッシュはレストランから売上の20%を受取り、ダッシャーには1件あたりの報酬は概ね5~8ドル支払われる。[2]

サンフランシスコ・ベイエリアでこのようなデリバリーサービスが普及したのは、元々徒歩圏内で行けるコンビニスーパーが存在せず、食品や日用品は一度に大量に買い貯めする消費習慣が根付いていることや、飲食店も移動を必要としていたためデリバリーを利用して自宅で食べる中食が好まれる背景があった。スマートフォンの普及によりユーザーがオンデマンドで時間・場所を問わず注文可能になった事や必要な時に配達の仕事をオファーしマッチング可能になった事で利用が急速に拡大した。[3]

沿革[編集]

出典[編集]

  1. ^ 伊佐山元氏がハマった西海岸の3サービス”. 東洋経済オンライン (2016年1月24日). 2018年3月7日閲覧。
  2. ^ 世界の面白い副業:ドアダッシュで稼ぐ人”. nomad journal (2017年10月19日). 2018年3月7日閲覧。
  3. ^ GoogleやAmazonも参入、熾烈を極める米国の即日配達ビジネス、日本の可能性は?”. Techcrunch (2014年7月30日). 2018年3月7日閲覧。
  4. ^ DoorDash Turns 1”. DoorDash blog (2014年6月25日). 2018年3月7日閲覧。
  5. ^ 加熱するフードデリバリー市場、日、米、東南アジアのそれぞれの事情”. Techcrunch (2014年6月17日). 2018年3月7日閲覧。
  6. ^ DoorDash Raises $17.3 Million From Sequoia To Expand Its On-Demand Delivery Service”. Techcrunch (2014年5月22日). 2018年3月7日閲覧。
  7. ^ DoorDash Raises $40 Million for On-Demand Delivery”. recode (2015年3月26日). 2018年3月7日閲覧。
  8. ^ 米タコベル、宅配事業を開始 フードデリバリー大手DoorDash社と提携”. forbes (2015年7月16日). 2018年3月7日閲覧。
  9. ^ DoorDash Moving, Expanding Headquarters to San Francisco as Company Delivers Up ±33,000 SF Lease”. The Registry (2015年8月20日). 2018年3月7日閲覧。
  10. ^ 市場規模は年8兆円 米国で加熱するフードデリバリー業界”. forbes (2015年9月8日). 2018年3月7日閲覧。
  11. ^ DoorDash Now Delivers More Than Food With A New 7-Eleven Partnership”. Techcrunch (2015年9月1日). 2018年3月7日閲覧。
  12. ^ Food delivery apps face lawsuits over employee benefits”. engadget (2015年9月24日). 2018年3月7日閲覧。
  13. ^ In-N-Out Burger sues food delivery service DoorDash”. engadget (2015年11月11日). 2018年3月7日閲覧。
  14. ^ Finger licking delivery: KFC set to launch delivery service for customers who want buckets of its fried chicken”. dailymail (2015年11月12日). 2018年3月7日閲覧。
  15. ^ Redesigned DoorDash app helps you choose restaurants based on delivery quality and speed”. Techcrunch (2016年3月24日). 2018年3月7日閲覧。
  16. ^ Postmates and DoorDash are testing delivery by robot with Starship Technologies”. Techcrunch (2017年1月18日). 2018年3月7日閲覧。
  17. ^ マクドナルドが「ドライブスルー」に変わる新しいデリバリー方法を開発、スマホで注文と支払いが完了”. business insider (2017年3月2日). 2018年3月7日閲覧。
  18. ^ 自走ロボットによる配達法が米バージニア州で成立、7月1日施行へ。フロリダ他でも制定の動き”. engadget (2017年3月3日). 2018年3月7日閲覧。
  19. ^ DoorDash will pay $5 million to settle class-action lawsuit over independent contractors”. Techcrunch (2017年4月10日). 2018年3月7日閲覧。
  20. ^ 米アイスクリーム大手が「宅配サービス」を拡大する理由”. forbes (2017年7月19日). 2018年3月7日閲覧。
  21. ^ DoorDash acquires delivery and logistics startup Rickshaw”. Techcrunch (2017年9月14日). 2018年3月7日閲覧。
  22. ^ Facebookにフードデリバリーの注文機能--米国で”. cnet Japan (2017年10月16日). 2018年3月7日閲覧。
  23. ^ ソフトバンク、米食品宅配「ドアダッシュ」に出資”. 日本経済新聞 (2018年3月2日). 2018年3月7日閲覧。
  24. ^ 米フードデリバリー1位のDoorDash、437億円で「キャビア」を買収”. forbes (2019年8月5日). 2019年8月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]