Hugmo

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社hugmo
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
107-0052
東京都港区東新橋1丁目9番2号 汐留住友ビル27F
設立 2016年11月1日
業種 サービス業
法人番号 1010401128058
事業内容 保育・育児・教育分野における・アプリケーション&コンテンツサービス事業
代表者 代表取締役社長:湯浅 重数
資本金 1億9143万2000円
純利益 ▲1億8841万5000円(2020年03月31日時点)[1]
総資産 2億6905万2000円(2020年03月31日時点)[1]
主要株主 創業者役員
ソフトバンク
加賀電子
外部リンク https://www.hugmo.net/
テンプレートを表示

株式会社hugmo(ハグモー、: hugmo Co., Ltd.)は、ソフトバンクグループSBイノベンチャー株式会社の子会社であり、ソフトバンクが2011年から実施している新規事業提案制度「ソフトバンクイノベンチャー」で提案された新規事業を手掛ける社内ベンチャーである。社名は「育くむ」を語源としている。[2]

概要[編集]

創業者・湯浅重数の子供の保育園入園申請で8箇所落ちた結果、妻が仕事をやめて育児に携わざるをえなかったことをきっかけに、アナログ中心の保育現場をICTすることを考え新規事業提案制度を通じて事業化に至った経緯を持つ。[3]保育業界へのICT導入を通じた保育者(保育所幼稚園)の業務負担軽減に取り組んでおり、保育者および保護者スマートフォンパソコンで利用できる保育クラウドサービス「hugmo(ハグモー)」を提供している。主な機能として園児の活動内容や健康状態、保育所からのお知らせを保護者に写真付きで連絡できるコミュニケーションツール「hugnote(ハグノート)」、保育者がアップロードした写真を購入できる「hugphoto(ハグフォト)」、保育関連用品のECサイト「hugselection(ハグセレクション)」、保護者が送迎バスの位置や道路の混雑状況を地図上で確認できる「huglocation(ハグロケーション)」、こどもの健康管理ができるIoTサービス「hugsafety(ハグセフティ)」を提供している。また、hugmoはICT補助金文部科学省による幼稚園向けICT補助金、東京都による2018年度からの「保育所等ICT化推進事業」の補助金等に対応しており、[4]補助金を活用し保育者へ業務端末の提供もおこなっている。また、2020年4月より全国の幼保園などと家庭との円滑なコミュニケーションを実現すること、幼保園などの業務の効率化を行うことを目的に、株式会社学研教育みらいの4万施設の販売ネットワークを通して株式会社hugmoが提供する子育てクラウドサービス「hugmo」を幼保園などへ提供を行っている。[5]

沿革[編集]

  • 2016年11月1日 - 株式会社hugmo設立[6]
  • 2016年12月14日 - 1,000以上の幼稚園、保育園で体育指導を手がけるジャクパでhugmoが導入される[7]
  • 2017年3月30日 - 子育て支援事業大手のJPホールディングスでhugmoが導入される[8]
  • 2017年6月14日 - 保育用品マーケットプレース「hugselection」に出品する事業者の募集を開始[9]
  • 2017年6月14日 - バス位置情報サービス「huglocation」の提供を開始[10]
  • 2017年11月27日 - 資生堂とJPホールディングスの合弁会社KODOMOLOGYの受託運営施設に「hugmo」のICTが導入される[11]
  • 2018年5月11日 - 日本保育サービスと昼寝中の園児の異常を検知するセンサー「hugsafety(ハグセーフティ)」を共同開発[12]
  • 2018年7月12日 - 託児機能付きオフィスを展開するママスクエアと業務提携[13]
  • 2018年8月15日 - ソフトバンク加賀電子を引受先とする第三者割当増資を実施[14]
  • 2018年8月24日 -「hugmo」が第12回キッズデザイン賞の「子どもたちを産み育てやすいデザイン部門」で「キッズデザイン賞」を受賞[15]
  • 2018年9月19日 -IoTを活用した見守りサービス「hugsafety」を提供開始 [16]
  • 2018年10月18日 -保育園や幼稚園などで撮影した写真をクラウドで共有できる「hugphoto」アプリの提供を開始 [17]
  • 2019年1月16日 -シダックス大新東ヒューマンサービスとhugmoが協業し、放課後児童クラブと保護者のコミュニケーションをITにより強化 [18]
  • 2019年3月29日 - テノ.グループ、乳幼児突然死症候群(SIDS)対策強化のためIoTを活用した見守りサービス「hugsafety」を導入[19]
  • 2019年5月28日 -「hugsafety」が「BabyTech Award Japan 2019」の「安全対策部門」の最優秀賞である大賞を受賞 [20]
  • 2019年5月31日 -アートチャイルドケアが、こども施設業務サポートサービス「コドモン」を通して、hugmoの昼寝見守りサービスを認可保育所に導入 [21]
  • 2019年10月8日 -「スマート検温サービス」を提供開始[22]
  • 2020年4月15日 -学研教育みらいとhugmo(ハグモー)、幼保園の業務をICTの側面から協業で支援[23]
  • 2020年8月27日 -学研のオリジナルコンテンツを、「hugmo」を導入している幼稚園や保育園などに通う園児の保護者向けに配信[24]
  • 2020年10月15日 -「hugnote」の新機能として、日誌や指導案の作成を支援する機能と延長保育料の請求書などを簡単に作成できる機能を提供[25]
  • 2020年11月16日 -「午睡見守りサービス」が「BTAJ2020」の安全対策と見守り部門で大賞を2年連続で受賞[26]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 株式会社hugmo 第4期決算公告
  2. ^ BRANDing STORY”. F-INC. (2017年3月2日). 2017年11月28日閲覧。
  3. ^ IT導入で業務・手間削減はあたりまえ!シェアナンバーワンのhugmoが提供する新しいバリューに迫る”. スゴいい保育 (2017年9月6日). 2017年11月28日閲覧。
  4. ^ 補助金対応状況”. 株式会社hugmo. 2017年11月28日閲覧。
  5. ^ ソフトバンク、育児支援に本格参入 スマホで子供の居場所検索できる新サービス”. 産経ニュース (2017年1月5日). 2017年11月28日閲覧。
  6. ^ SBイノベンチャー「hugmo」設立、連絡帳アプリほか保育サービスを提供”. リセマム (2016年11月1日). 2017年11月28日閲覧。
  7. ^ 連絡業務を ICT 化できる保育クラウドサービス「hugmo」を全国の幼稚園・保育園で体育教室などを行うジャクパが導入”. 株式会社 hugmo (2016年12月14日). 2017年11月28日閲覧。
  8. ^ JP ホールディングス、運営保育園に保育クラウドサービスを導入”. マイナビニュース (2017年3月30日). 2017年11月28日閲覧。
  9. ^ ソフトバンクグループ、保育用品のECモールを7月に開始”. ネットショップ担当者フォーラム (2017年6月16日). 2017年11月28日閲覧。
  10. ^ hugmo、保育用品マーケットプレースとバス位置情報サービスを提供”. イプロス製造業 (2017年6月16日). 2017年11月28日閲覧。
  11. ^ KODOMOLOGY、保育の質向上に「Hoisys」と「hugmo」のICT導入”. ICT教育ニュース (2017年11月28日). 2017年11月28日閲覧。
  12. ^ 昼寝中の園児の体動異常を検知するセンサー ソフトバンク系など開発”. 日本経済新聞 (2018年5月11日). 2018年8月16日閲覧。
  13. ^ ママスクエアとhugmoが業務提携を通して子育て世代の多様なワークスタイルを支援”. PR TIMES (2018年7月12日). 2018年8月16日閲覧。
  14. ^ ハグモー、ソフトバンクなどから3億円調達”. 日本経済新聞 (2018年8月15日). 2018年8月16日閲覧。
  15. ^ 「hugmo」が第12回キッズデザイン賞の「子どもたちを産み育てやすいデザイン部門」で「キッズデザイン賞」を受賞”. hugmoプレスリリース (2018年8月15日). 2018年8月16日閲覧。
  16. ^ IoTを活用した見守りサービス「hugsafety」を提供開始”. hugmoプレスリリース (2018年8月15日). 2018年8月16日閲覧。
  17. ^ 保育園や幼稚園などで撮影した写真をクラウドで共有できる「hugphoto」アプリの提供を開始”. hugmoプレスリリース (2018年8月15日). 2018年8月16日閲覧。
  18. ^ シダックス大新東ヒューマンサービスとhugmoが協業し、放課後児童クラブと保護者のコミュニケーションをITにより強化”. hugmoプレスリリース (2018年8月15日). 2018年8月16日閲覧。
  19. ^ テノ.グループ、乳幼児突然死症候群(SIDS)対策強化のためIoTを活用した見守りサービス「hugsafety」を導入”. hugmoプレスリリース (2018年8月15日). 2018年8月16日閲覧。
  20. ^ 「hugsafety」が「BabyTech Award Japan 2019」の「安全対策部門」の最優秀賞である大賞を受賞”. hugmoプレスリリース (2019年5月28日). 2019年5月28日閲覧。
  21. ^ アートチャイルドケアが、こども施設業務サポートサービス「コドモン」を通して、hugmoの昼寝見守りサービスを認可保育所に導入”. hugmoプレスリリース (2019年5月31日). 2019年5月31日閲覧。
  22. ^ 「スマート検温サービス」を提供開始”. hugmoプレスリリース (2019年10月8日). 2019-10-88閲覧。
  23. ^ 学研教育みらいとhugmo(ハグモー)、幼保園の業務をICTの側面から協業で支援”. hugmoプレスリリース (2020年4月15日). 2020年4月15日閲覧。
  24. ^ 学研のオリジナルコンテンツを、「hugmo」を導入している幼稚園や保育園などに通う園児の保護者向けに配信”. hugmoプレスリリース (2020年8月27日). 2020年8月27日閲覧。
  25. ^ 学研のオリジナルコンテンツを、「hugmo」を導入している幼稚園や保育園などに通う園児の保護者向けに配信”. hugmoプレスリリース (2020年10月15日). 2020年10月25日閲覧。
  26. ^ 「午睡見守りサービス」が「BTAJ2020」の安全対策と見守り部門で大賞を2年連続で受賞”. hugmoプレスリリース (2020年10月15日). 2020年10月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]