Slack (ソフトウェア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Slack
Slack CMYK.svg
開発元 Slack Technologies
初版 2013年8月
プログラミング言語 Electron (C++, JavaScript, ECMAScript, など)[1]
対応OS Windows, macOS, Linux, iOS, Android, Windows Phone
サポート状況 活発
種別 グループウェア
ライセンス プロプライエタリ
公式サイト https://slack.com/
テンプレートを表示

Slack(スラック)は、スチュワート・バターフィールド英語版によって設立された、チームコミュニケーションツール。スラックは、オンラインゲームGlitch英語版」の開発に使われた、Tiny Speck英語版社の社内ツールがその始まりである。[2][3] スラックは2013年8月に公開され、公開から24時間以内に8000ユーザが登録した。[4][5]

概要[編集]

Slackは、1対1のメッセージング、グループチャット、永続的なチャットルーム、ダイレクトメッセージ、トピック別に編成されたグループチャットをWebサービスとして提供している。また同様の機能をMac版、iOS版, Android版のアプリでも提供している。[3] GoogleドキュメントDropboxHerokuCrashlyticsGitHubZendeskなどを含む、各種サードパーティーのサービスと連携することが出来るようになっており、スラック内部のすべてのコンテンツは、一つの検索ボックスから検索できるようになっている。[6][7]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]