タコベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タコベル
Taco Bell
種類 完全子会社
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州アーバイン
設立 1962年
業種 小売業
事業内容 タコス等ファーストフード店
代表者 グレッグ・クリード 社長・CEO
主要株主 ヤム・ブランズ
関係する人物 グレン・ベル、創業者
テンプレートを表示

タコベルTaco Bell)は、カリフォルニア州アーバイン市に本社を置くアメリカ合衆国の大手ファーストフードチェーンヤム・ブランズが親会社である。以前はペプシコーラの一部であった。

タコスブリートナチョスケサディーヤなど、「テクス・メクス料理」(テキサスメキシコ料理)や「カル・メクス料理」(カリフォルニア風メキシコ料理)風の食品を提供する。

事業内容[編集]

日本の第1号店、2015年4月21日
タコベルのレストラン、カリフォルニア州サニーヴェイル

タコベルは、マクドナルドバーガーキングなどのハンバーガーを販売するファーストフードチェーン店との差別化を図るために、ハンバーガー等に使用されるバンズの代わりにトルティーヤを一貫して使用しており、かつては「think outside the box(枠にとらわれない発想をする、常識にとらわれない発想をする)」をもじった「think outside the bun(バンズを脱して考えよう)」というスローガンを掲げていた。スローガンは後に「Live Más(もっと生き生き。másはスペイン語英語のmoreの意。)」に変更された。

1980年代中盤から後半にかけて、ハンバーガーチェーン店に対抗するために、タコス風味に調理した牛肉と、レタスチーズトマトをバンズで挟んだ「ベル・ビーファー」という商品が存在した時期もあったが、人気が出なかったために販売停止となった。

また店舗とメニューがより小規模の販売店、「Taco Bell Express(タコベルエクスプレス)」がフードコートショッピングモール空港のターミナルビルデパートホテル喫茶店ガソリンスタンド大学の学生食堂他に存在する。タコベルはケンタッキーフライドチキンピザハットなど、他のヤム・レストラン店と小売の場を共有することがある。

タコベルの公式ウェブサイトによれば、2006年時点でアメリカ合衆国本土48州とハワイ州グアムプエルトリコにおいて6500を超えるフランチャイズ店舗を経営しており、その他アメリカ州アジアヨーロッパに280超の店舗を展開している。

日本には1980年代に一度進出(東京、名古屋地区などに)したがすぐに撤退し、長らく在日米軍基地内のみの出店となっていたが、2015年2月にアスラポート・ダイニングと日本国内におけるフランチャイズ契約を締結し[1]、日本1号店が2015年4月21日に渋谷区道玄坂にオープンした[2]。その後、2号店が同年12月4日に港区東新橋日本テレビタワー[3]、2016年夏に3号店が港区南青山、4号店が港区台場アクアシティお台場にオープンした[4]。今後の展開に関して、タコベル インターナショナルのメリッサ・ロラ社長は、「日本については、当面は渋谷の1店舗に注力して、いろんな情報を発信していく」「まずは渋谷店を成功させたい。その後はフライチャイズ先であるアスラポートと相談しながら決めていく。日本における今後の出店数については白紙の状態だ」[5]とコメントしている。

沿革[編集]

カリフォルニア州アーバインにあるタコベル本社
タコベルの店内

主な事件・出来事[編集]

ハードタコス
フィエスタポテト
  • 1990年代前半、「Lite」と表記される食品の栄養価に関する圧力から、メニューの改変を余儀なくされる。これは、「Lite」(低カロリー)という言葉が曖昧であり、誤解を招く恐れがあると考えられたためである。そのため、多くの商品がメニューから完全に消えることになった。その内の一つは、牛肉、サワークリーム、レタス、チーズ、トマトを揚げたトルティーヤで挟んだ、「タコ・ライト」という品目だった。栄養価を変えるために、塩分を減らす目的で黒オリーブが材料から外される等、数品目が改められた。
  • 1996年4月1日ニューヨーク・タイムズ紙に全面広告を出し、アメリカ合衆国政府の借金を減額するためにフィラデルフィア独立記念館にある自由の鐘Liberty Bell)を購入し、名称を「タコ・リバティ・ベル(「タコスの自由の鐘」と改称したと公表した[6]。これに、すぐさまエイプリルフールの悪ふざけだと気づかなかった多くの人々が大量に抗議する事態となった[7]
  • 2001年初頭、フロリダ州イモカリー市に拠点を置くイモカリー労働者連合Coalition of Immokalee Workers、略称CIW[8])がタコベルに対し、「タコベルが同州のトマト栽培農家へ不当な職業訓練を課すことを謀議している」と申し立てた。その後、タコベル商品不買運動を組織。2005年3月9日、タコベル側は過重労働や他の人権侵害を禁止する規約をシステムに設け、農業労働者の賃金上乗せの形態としてトマト1ポンドあたり1セント追徴金を支払うことのどちらにも同意することで、こうした問題を解決するに至った[9]
  • 2001年3月23日にタコベルは、ロシアの宇宙ステーションミールの断片がオーストラリア沖に浮かべられた400フィート四方(12メートル四方)の「Free Taco Here! (無料タコスはここ)」と書かれた的に命中したら、アメリカ中でタコスを無料でふるまうことを約束した。タコベルはミールの断片が的に命中した場合の支出をカバーするため、保険に加入するなどしたが、結局命中には至らなかった[10]

各種作品への出演・影響[編集]

クランチラップ・スープリーム

担当広告代理店TBWA\CHIAT\DAYが、マスメディアにおける各種広告のみならずさまざまなキャンペーンを企画しており、タイアップが多い。

CI[編集]

初期のロゴは、ソンブレロ帽を被り、シエスタをしているメキシコ人セラーペ英語版の渦巻き模様の上に鐘のデザインと共に描かれているものだった。ロゴを簡略化するという以外にこのロゴが却下になった仮説として、メキシコ人へのステレオタイプを取り除くためである他、ラテンアメリカ文化において清新・伝統的なシエスタ休暇への尊厳に配慮を欠いていると考えられたためだとされている[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ “タコスの「タコベル」、日本再出店へ 外食企業がフランチャイズ契約を発表”. ITmedia News. (2015年2月26日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1502/26/news095.html 2015年2月26日閲覧。 
  2. ^ “アメリカ発のメキシカン・ファストフードが上陸  東京・渋谷に「タコベル」オープン!”. オーヴォ. (2015年4月4日). http://ovo.kyodo.co.jp/news/gourmet/a-575495 2015年4月5日閲覧。 
  3. ^ タコベル2号店が汐留、日テレ内に登場!限定の朝食メニューも食べられる♪
  4. ^ “タコベルブーム再来か?「青山骨董通り店」に続き「アクアシティお台場店」も今夏オープン決定!”. フードリンクニュース. (2016年6月2日). http://www.foodrink.co.jp/news/2016/06/02155430.php 2016年7月13日閲覧。 
  5. ^ “タコス屋「タコベル」は日本をどう攻める?”. 東洋経済オンライン. (2015年4月20日). http://toyokeizai.net/articles/-/67021 2015年4月21日閲覧。 
  6. ^ Ervolino, Bill (1996年4月2日). “TACO BELL CRACKS A JOKE; COMPANY TAKES LIBERTIES WITH NATIONAL SYMBOL”. Record (Bergen County, NJ): p. a06 
  7. ^ 鈴木拓也『世界のエイプリルフール・ジョーク集』中央公論新社〈中公新書ラクレ〉、2008年3月、3-5ページ。
  8. ^ Coalition of Immokalee Workers
  9. ^ tacobell | Search Results | Coalition of Immokalee Workers
  10. ^ Free Tacos for U.S. If Mir Hits Floating Taco Bell® Ocean Target
  11. ^ Dubbing In Product Plugs

関連項目[編集]

外部リンク[編集]