ウインピー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
A Wimpy restaurant in Huddersfield, West Yorkshire (2010).
A Wimpy

ウインピー英語: Wimpy)は、ファーストフードレストランチェーン店南アフリカ共和国ヨハネスブルグに本社を置いている。

日本にもハンバーガーチェーンとして日本国外から最初に進出した外食チェーン店として出店していたが、1998年に日本からは撤退した。

概要[編集]

1934年にエドワード・ゴールドにより、アメリカ合衆国インディアナ州ブルーミントンに「ウインピー・グリルズ」を開店する[1]。ウインピーの店名は、漫画『ポパイ』に登場するハンバーガー好きのキャラクター、J.ウェリントン・ウィンピー(J. Wellington Wimpy)に由来する[1]。ウィンピーは他のハンバーガーチェーンと比べてとても大きなハンバーガーやサンドウィッチを販売しており、1939年には大きなハンバーガーの代名詞として「ウィンピーバーガー」が使われるようになっていた[1]。また、アメリカ合衆国中西部にチェーン店を展開していった。1947年のシカゴ・トリビューン紙には、シカゴ周辺地域でウインピーのチェーン店が26店舗、累計で800万個のハンバーガーを売り上げていることが掲載されている。

1954年に、ゴールドはイギリスのレンストランチェーンであるJ.リヨンズ・アンド・カンパニー英語版にイギリスにおける「ウインピー」のライセンスを売却した。1957年にはシカゴのウインピー・グリルズとJ.リヨンズが合弁し、「ウインピーズ・インターナショナル」が設立された。ゴールドの死後、経営はJ.リヨンズが一手に引き受けることになる。

2007年に、南アフリカ共和国ヨハネスブルクのフェイマス・ブランズ英語版に買収され、今日に至る。

日本進出と撤退[編集]

イギリスのウインピー社と食品会社の東食が提携し、東食ウインピーを設立(出資比率はウィンピー49、東食51)[2][3]1970年昭和45年)12月、大阪心斎橋に日本のウインピー第1号店が開店したが、翌1971年(昭和46年)には閉鎖となっている[3]

フランチャイズ方式を強く推したのはイギリス側であったが、1970年(昭和45年)当時はフランチャイズ店方式が日本に馴染みが無く、良いオーナーを確保できなかったこと、イギリス・ウィンピー社の意向でナイフとフォークを使うスタイルでのハンバーガー提供を行ったこと、ハンバーガーそのものが日本社会になじんでいなかったことが、理由として挙げられる[3]。なお、日本マクドナルドは日本側が主導となり、直営店方式をとっていた[3]

1992年平成4年)には、ラッセルズ社(アメリカ合衆国)と新たに事業提携を行い、ハンバーガーチェーン「ラッセルズ」として再構築に努めるが、1998年(平成10年)に日本から撤退した[3]

参考文献[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c アンドルー・F・スミス『ハンバーガーの歴史』小巻靖子訳、ブルース・インターアクションズ〈P-Vine BOOKs〉、2011年3月1日、初版、36頁。ISBN 978-4-86020-417-4
  2. ^ 宇田川勝佐々木聡四宮正親『失敗と再生の経営史』有斐閣、2005年、258頁。ISBN 4-641-16241-7
  3. ^ a b c d e JETRO, p. 11.

外部リンク[編集]