ジャック・イン・ザ・ボックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Jack in the Box, Inc.
企業形態 公開会社 (NASDAQ: JACK)
業種 レストラン
事業分野 ファストフード
設立 1951年2月21日(68年前) (1951-02-21
創業者 ロバート・O・ピータースン英語版
本社 アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴ
製品 ハンバーガー  • 鶏肉  • サンドウィッチ  • サラダ  • 朝食  • デザート
スローガン We don't make it til you order it. (1994-2009)
eat it. any time. (2009-)
ウェブサイト jackinthebox.com
テンプレートを表示
『ジャック・イン・ザ・ボックス』の店舗

ジャック・イン・ザ・ボックス(: Jack in the Box)は、アメリカ合衆国ファストフードチェーン店[1]2005年時点では、アメリカ合衆国内で第5位のハンバーガーチェーン店である[1]アメリカ合衆国西海岸を中心に21州で2200店舗を展開している[2]

1951年カリフォルニア州サンディエゴロバート・O・ピータースン英語版が創業したが、翌1952年にはサンディエゴ・コミッサリー・カンパニーに売却された[1]。創業時のメニューはハンバーガー、フライドポテトミルクシェイクのみであった[1]

ジャック・イン・ザ・ボックスは、南カリフォルニアを中心にフランチャイズ展開を行った。店舗は高い看板が掲げられており、びっくり箱(Jack-in-the-box)の中から飛び出してくるようなピエロが描かれていた[1]。また、ジャック・イン・ザ・ボックスはいち早くドライブスルー方式を取り入れたことでも知られる[1]

1968年にはラルストン・ピュリナ英語版の100%子会社となった[1]

1970年代になると、ジャック・イン・ザ・ボックスは朝食メニューの提供を開始し、1976年にはオムレツも販売するようになる[1]。1979年には店舗数を1100店まで増やしたが、その後は一部の店舗を売却したり、メニューを増やすといった再編が行われ、1985年にはLOB取引によって、ラルストン・ピュリナから投資グループに買い取られる[1]。1999年には社名をジャック・イン・ザ・ボックスに変更した[1]

事件[編集]

1993年に提供していたハンバーガーが原因で腸管出血性大腸菌(O157)に732人が感染した集団食中毒を発生させている。当初、経営者が「大騒ぎするほどの話ではない」という判断ミスを犯したことから、その後の対策が遅れることになり、大幅な売り上げ減へとつながった。企業危機とその企業危機への対応の拙さからくる企業危機の事例として知られる[3]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j アンドルー・F・スミス『ハンバーガーの歴史』小巻靖子訳、ブルース・インターアクションズ〈P-Vine BOOKs〉、2011年3月1日、初版、74-75頁。ISBN 978-4-86020-417-4
  2. ^ 周藤卓也 (2013年2月16日). “アメリカのファストフードはマクドナルド以外にもハンバーガーだらけ”. 2016年11月17日閲覧。
  3. ^ “企業の危機管理”. 日経産業新聞. (1993年2月17日) 

外部リンク[編集]