ヤム・ブランズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヤム・ブランズ
Yum! Brands, Inc.
Yum! Brands logo.svg
種類 公開会社
市場情報 NYSEYUM
略称 ヤム
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ケンタッキー州ルイビル
設立 1997年
業種 飲食業
事業内容 ファーストフードチェーン
代表者 デイヴィッド・ギブス CEO
主要子会社 KFC
ピザハット
タコベル
ウィングストリート
テンプレートを表示

ヤム・ブランズ英語: Yum! Brands, Inc.)は、アメリカ合衆国ケンタッキー州ルイビルに本社を置き、世界中に店舗を展開するファーストフード企業である。“Yum”とは、英語で“おいしい”という意味である。

ファーストフード・レストラン・チェーンの中では世界最大規模で、中国を除く150以上の国と地域で5万店以上のチェーン店を持つ[1]。中国事業に関しては、2016年よりYum Chinaとしてスピンオフした。2007年には、自社売上とフランチャイズ料を含め、総売上が100億ドル以上にものぼる[2][要出典]

ヤム・ブランド社の持つ主なレストラン・ブランドとしては、ケンタッキーフライドチキンピザハットタコベルロング・ジョン・シルヴァース、The Habit Burger Grill、Wingstreet等がある。

沿革[編集]

1997年10月7日トライコン・グローバル・レストラン社Tricon Global Restaurants, Inc.)として、大手飲料メーカーペプシコからスピンオフして設立。ケンタッキー州ルイビルに本部を置き、それまで世界で展開されてきた、さまざまなファーストフード店やソフトドリンクの販売ブランドを中心とした企業となる。

2000年1月1日、以前にもケンタッキーフライドチキンなどのCEOを務めたことがあるデヴィッド・C・ノヴァクがCEOとなる。ニューヨーク証券取引所にも上場する(上場したのはそれ以前)。2001年にはノヴァクが会長兼務となる。

2002年5月、ヤム・ブランズに社名変更。

2015年1月、元タコベルCEOであったグレッグ・クリードがCEOとなる[3]

2016年、中国事業をYum Chinaとしてスピンオフ。

2020年よりディヴィッド・ギブスがCEOを務める[4]

主な保有ブランド[編集]

過去保有ブランド[編集]

脚注[編集]

  1. ^ YUM! BRANDS INC.”. The New York Times. 2015年7月4日閲覧。
  2. ^ Plunkett, Jack W. (2009). Plunkett's Food Industry Almanac 2009 The Only Comprehensive Guide to Food Companies and Trends. Plunkett Research. p. 554. ISBN 978-1-59392-131-6 
  3. ^ Yum CEO named top power player in food service industry”. www.bizjournals.com. 2021年6月23日閲覧。
  4. ^ Yum Brands names new CEO”. www.bizjournals.com. 2021年6月23日閲覧。

外部リンク[編集]