サンドイッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サンドイッチ
Sandwiches Vienna.jpg
ウィーンのシーフードサンドイッチ群
別名 サンドウィッチ
発祥地 イギリス
主な材料 パン

サンドイッチサンドウィッチ英語: sandwich)とは、パン野菜等の具を挟んだり、乗せたりした料理のこと。アイスクリーム・サンドイッチのように、パン以外の素材に具を挟んだものを指す場合もある。

日本においては具材の名称を前に付して「○○サンド」の略称で呼ばれることがある。

概要[編集]

サンドイッチの一例
サンドイッチは持ち運んで、食卓が無い場所で、手でつかんで食べられる。
フランスで広く食べられているクロックムッシュ。ただしこれは熱いチーズなどがむき出しで、手でつかんで食べるのは難しく、ナイフ・フォークを使って食べる人が多い。ホット・サンドイッチの一種。

簡単に調理でき、気軽に食べることができ、工夫次第で栄養バランスも良くなるので、世界中のいたるところでよく食されている。

食べる時に食卓カトラリーフォークやナイフ)(あるいはなど)を必要とせず、でつかんで簡単に食べられるので重宝されている。欧米では職場や外出先で食べる昼食弁当)として自宅で作って紙袋に詰めて持参したり、ピクニックなどに持ってゆくことが多い。サンドイッチ店もあり、ファーストフードの一種としても食べられている。米国のデリカテッセンや日本のコンビニなどでも売られている。列車車内食や、航空機機内食として提供されることもある。

様々なタイプがあり様々な分類がされており、スライスされた2枚のパンで挟んだタイプと比較しつつ、具を挟まずにパンに乗せただけのタイプは「オープン・サンドイッチ(オープンサンド)」と呼ばれる。例えばライ麦パンの上に多彩な具材を乗せたデンマーク料理・スモーブローがある。細切りした耳なし食パンに薄切りにした具を乗せ、端から円筒状に巻いたものはロール・サンドイッチやロールサンドと呼ばれる。棒状(長楕円状)のパンを厚く二つにスライスして具材を挟んだものは潜水艦に見立てられて「サブマリン・サンドイッチ(サブ)」と呼ばれている。(サブウェイクイズノス・サブファーストフードとして世界的に普及させた。)

また、温かく(あるいは熱く)調理したものはホット・サンドイッチ(ホットサンド)に分類されることがあり(フランスのクロックムッシュや、専用器具で両面を焼いたものなどがある)、それに対して冷たいパンや具材だけで作るサンドイッチを「コールド・サンドウィッチ」と分類することがある。バリエーションとして、パンに具材を挟んだものに溶き卵を絡めて油で揚げたモンテクリスト・サンドイッチ等もある。

各国の特徴が出ている食べ物や独特の食べ物と認知されているもの中には、サンドイッチの一種に分類されるものもある。例えばイタリア料理パニーノもサンドイッチの一種である。フランス料理における前菜には、食パンベースのカナッペが供されることがあるが、これもサンドイッチの一種である。また米国人が好み世界に広まったホットドッグハンバーガーも実はサンドイッチの一種にあたる[1]

日本では食パンに具を挟んだものが主流である。

アイスクリームクッキーなどで挟んだものをアイスクリーム・サンドイッチ(アイス・サンド)、クッキー・サンドなどとも称される。

歴史[編集]

パンに類する食材に適宜の具を挟んで食べるという料理法は、古代ローマオッフラインドナン中東ピタメキシコタコスブリート等、世界各所で古くから自然に発祥したものである。

1世紀のユダヤ教の律法学者ヒレルは、過越の時に、犠牲の仔羊の肉と苦い香草とを、昔風の柔らかいマッツァー(種無し、つまり酵母を入れない平たいパン)に包んだと言われている[2]。西アジアから北アフリカにいたる地域では昔から、食べものを大皿から口へ運ぶのに、このような大きくは膨張させないパンを使い、すくったり、包んだりして食べた。モロッコからエチオピアやインドにかけては、ヨーロッパの厚みのあるパンとは対照的に、円形に平たく焼かれた。

中世ヨーロッパでは、古く硬くなった粗末なパンを、食べ物の下に敷く皿がわり(トレンチャー)に使っていた。下敷きのパンは食べ物の汁を吸う。これを食事の最後に食べたり、腹が満たされている場合には、乞食や犬に与えた[3]。このトレンチャーは、オープン・サンドイッチ(パンで挟んだものではなく、一切れのパンの上に具を置いただけのサンドイッチ)の前身といえる。英国風サンドイッチのより直接な前身は、例えば17世紀ネーデルラントに見ることが出来る。博物学者ジョン・レイは、居酒屋の垂木に吊るされている牛肉を、「薄くスライスされ、バターの上にのせられ、バター付パンと一緒に食べられる」と記している[4]。このような詳細な記述は、当時のイギリスにおいては、オランダの belegde broodje(オープン・サンドイッチ)のような食べ方が未だに一般的でなかったことを示している。

始めは、夜の賭博や酒を飲む際の食べ物であったが、その後、ゆっくりと上流階級にも広がり始め、貴族の間で遅い夜食としても食べられるようになった。19世紀には、スペインやイングランドにおいて、爆発的に人気が高まった。この時代は工業社会の擡頭があり、労働者階級の間で、早い・安い・携帯できる食べ物としてサンドイッチは欠くことのできないものとなった[5]

同時期に、ヨーロッパの外でもサンドイッチは広まりはじめたが、アメリカでは、(大陸とは異なり)夕食に供される手の込んだ料理となった。20世紀初期までには、すでに広く地中海地方でもそうなっていたように、アメリカでもサンドイッチは人気のある手軽な食べ物となった[5]

語源[編集]

M. モートンの調査によれば、16世紀から17世紀英国では「サンドイッチ」はただ単に"bread and meat" とか "bread and cheese"などと呼ばれていたという[3]。食べ物としての「サンドイッチ」の語の初出は、エドワード・ギボンの日記(1762年11月24日)にある。

ココア・ツリーで食事をした。この立派な場所は、毎晩、本当に英国的な光景を見せてくれる。二、三十人のこの国の一流の男たちが……テーブルで少しずつ食べる……わずかな冷たい肉、あるいはサンドイッチを[3]

この名は、当時のイギリスの貴族、第4代サンドウィッチ伯爵ジョン・モンタギューにちなんで付けられたものであるが[6]、モンタギューはサンドイッチを発明したわけでも、推奨したわけでもない。サンドウィッチ伯爵の評伝を著したニコラス・ロジャーによれば、その理由について唯一の情報源は、ピエール=ジャン・グロスレ (Pierre-Jean Grosley) による、1765年のロンドン滞在の印象をまとめた著作『ロンドン Londres』(1770年。英訳はA Tour to London 1772年)の中の次のゴシップだという。

国務大臣は公衆の賭博台で24時間を過ごし、終始ゲームに夢中になっていたので、二枚の焼いたパンにはさんだ少しの牛肉を食べる他に生きてはおられず、ゲームを続けながらこれを食べる。この新しい食べものは、私のロンドン滞在中に大流行した。発明した大臣の名前で呼ばれた[3]

一方、ロジャーは、伯爵は海軍や政治や芸術に傾倒していたから、最初のサンドイッチは仕事机の上で食べられたのではないかと推測している。また放送作家のわぐりたかしが現代も英国に続くサンドイッチ伯爵家を直接取材した結果として、第4代伯爵が海軍大臣としての仕事が忙しいためにサンドイッチを作らせたのだという同家に伝わる伝承を、2013年7月28日放送の安住紳一郎の日曜天国にて紹介している。

各国のサンドイッチのパンと具[編集]

イギリスのケンジントン宮のオランジュリーで出されたきゅうりサンド。パンの白い部分だけを用いている。
イタリアのパニーノ
パン

フランスではバゲット類(日本人が"フランスパン"と呼ぶ傾向があるもの[注 1])のサンドイッチが主流で、パンの表面がパリパリとしていて腰があり崩れにくい。他にクロワッサンを用いたものもある。ビストロなどで座って食べる温かいタイプとしては前述のクロックムッシュも極めて一般的である。

ドイツではライ麦などが入った硬い(ハード系)パンが主流。

イギリスでは柔らかい(ソフト系)パン(日本人が「食パン」と呼ぶもの)をスライスしたものを用いるサンドイッチがあり、パン耳を切り落とすものも、パン耳をつけたままのものもある。他にもベーグルロールパン等を使うこともある。

日本では、食パンから耳を切り落としたやわらかい部分等、柔らかいパンを使ったタイプ(イギリスのいくつかあるタイプのひとつに倣ったもの)が主流である。

具は特に限定されていない。一般的な物としては次のようなものがある。

調理法

パンはそのまま、あるいはトーストにして、一般的にはバターマーガリンマヨネーズなどを塗ってから具を挟む。これにはパンが具材の水分を吸うのを防ぐ目的もある。風味を付ける為、からしマスタードを塗ることも多い。

食パンを用いる場合、1斤を8〜10枚切りの薄切りにしたものを使うのが一般的である。具を挟んだ後、布巾をかけて軽く上から重しを置き、パンと具材の密着度を高めると、食べる際にバラバラにならない。

複数の具材を挟み込むことも多く、特にベーコンレタストマトの組み合わせはその頭文字を取ってBLTサンドと呼ばれ、定番サンドイッチの一つとなっている。BLTサンドはマヨネーズやトマトケチャップで味付けするのが一般的で、薄焼きした卵やゆで卵も一緒に挟むことがある。

ピクルスが付け合せとして添えられることがある。

クロックムッシュについては、原則サンドイッチの一種に分類されるものの、調理法としては独特の面もあるためその項目を参照のこと。

日本のサンドイッチ[編集]

野菜と卵のサンドイッチ(日本)
カツサンド(日本)
フルーツサンド(日本)
但馬牛ステーキサンドイッチ(日本、神戸

1892年(明治25年)、大船駅で販売されたサンドイッチが、駅弁としては日本最初とされている。

三角形に切られたサンドイッチについては、昭和36年(1961年)、東京の茗荷谷駅近くにあった「フレンパン(婦連パン小石川販売所)[注 2]」が「フレンサンドイッチ」という名称で販売し始めたものを発祥とする。後楽園球場にサンドイッチを売りに行っていた同店の主人が、「中身が見えるサンドイッチがあれば便利だな」という客の一言から考案したものである。同店がすぐに特許を取得したが、5年後には放棄したため、全国に広まった。以降、日本の店舗販売でよく見られるようになった。


昭和時代の日本では、「サンドイッチ」と言えば食パンの耳を切り落とした白い部分で作るタイプであり、他のパンを用いるタイプはほとんど売られていなかった。飲食店では、洋風の皿の上に紙ナプキンを敷き、その上にサンドイッチを配置しパセリを添えて提供することが多かった。

デパート最上階の食堂街にある喫茶店などでは、サンドイッチも定番のひとつとしてメニューに掲載されるのが一般的で、主に「野菜サンド」や「ハムサンド」、「卵サンド」などで、概して具の量は少なめであった。

1935年(昭和10年)ごろには、東京の豚カツ屋の井泉が花柳界の芸者たちのためにとんかつのサンドイッチ(かつサンド、カツサンド)を作り始めた。中京圏喫茶店で提供されるサンドイッチには、具に焼きそばスパゲッティなどの麺類まで用いられることもあった。

1992年には日本に米国のサブウェイが進出した。サブウェイのサンドイッチのパンは棒状の(長楕円状の)パンを厚く二つにスライスしたもので、米国ではありふれていても、日本では一般的ではなかったタイプであった。客が具材を指定し、自分好みのサンドウィッチを目の前で店員に作ってもらえるのも日本人にとって新しい体験であった。その後同チェーン店が増えるにつれ、日本でもそうしたタイプのサンドイッチが次第に定着した。ビジネス街に進出したサブウェイは、忙しいビジネスマンに手軽な昼食の選択肢を増やしたとされる。

日本ではコンビニエンスストアではおにぎりと共に定番商品のひとつとして扱っており、耳を切り落とした食パンで作られたサンドイッチがプラスチック(ビニール)の袋に詰められた状態で棚に並べられる。「卵サンドイッチ」「野菜サンドイッチ」「ツナサンドイッチ」などが定番で、それ以外にも様々な種類のサンドイッチが販売されている。近年では、ハード系のパンを用いたものが販売されることも増えたが、ソフト系のパンのものに比べて高価であることが多い。

製パン業界や流通業などの業務用語では、「調理パン」というカテゴリに分類される。

近年、日本人の味覚に合わせて様々なサンドイッチが作られている。前述のスパゲティなどの麺類、コロッケメンチカツなどだけでなく、和風食材の海苔じゃこを具として用いるものもある。つぶあんこしあんうぐいすあん白あんなどの類を用いたものもある。

サンドイッチ店[編集]

ヨーロッパの街角では、サンドイッチ店であることを明示した店舗も多い。短時間で、比較的安価に食事ができるため重宝がられている。コーヒー店なども兼ねていることが多い。

パリのパティスリー兼sandwicherie サンドウィッシュリ(サンドイッチ店)

アメリカ合衆国ではデリカテッセンの主力商品のひとつである[注 3]

人気の店の中にはチェーン店化に成功しているところもあり、そのうちのいくつかは日本にも進出している。日本で生まれたサンドイッチチェーン店もある。

主要チェーン

用語の派生・比喩的用法[編集]

サンドイッチの調理法に因んで、両側から挟まれた状態を「サンドイッチ(された)」ということがある。このことより、広告を書いた板に挟まれた格好で街中で宣伝を行う者をサンドイッチマンと呼ぶ。また、プロレスタッグマッチで前後から相手選手を挟む連係攻撃を「サンドイッチ(式)○○」と呼ぶ(サンドイッチラリアットなど)。経済分野でも、日本、中国の両経済大国の間に位置し、低賃金の中国、高い技術力の日本の間に挟まれた状態で身動きが取れない韓国経済の状況を「サンドイッチ論」と称することがある。

なお、英語では「sandwich」を「sand.」と略すことはあるが、日本のように「サンドする」「○○サンド」の意味で「sand」を使うことはなく、いずれの意味でも「sandwich」を用いる。

脚注[編集]

脚注
  1. ^ フランス人やイギリス人はこれを「フランス・パン」という意味の表現では基本的に呼ばない。というのはフランスにおけるパンの種類は実際には豊富だからである。あくまで日本人の感覚でそう呼んでいるにすぎない。
  2. ^ 店名は、同店がテナントとして入っていた同潤会大塚女子アパートから。なお、この建物は2003年に解体され、現在は同店も存在しない。
  3. ^ サンドイッチのおいしさが店の繁盛に大きく影響するといわれている[要出典]
出典
  1. ^ マクドナルドの社内規定では、自社の、スライスした円形バンズに具を挟む方式の製品を、あくまで「サンドウィッチ」に分類している。
  2. ^ バビロニア・タルムード、ペサヒーム、115a
  3. ^ a b c d What's Cooking America, Sandwiches, History of Sandwiches.
  4. ^ Ray, Observations topographical, moral, & physiological; made in a journey through part of the Low Countries, Germany, Italy, and France... (vol. I, 1673) Simon Schama, The Embarrassment of Riches (1987:152) で引用。
  5. ^ a b Encyclopedia of Food and Culture, Solomon H. Katz, editor (Charles Scribner's Sons: New York) 2003
  6. ^ この爵名自体は、領地であった Sandwich(現在のサンドウィッチ村)に由来する。古英語では Sandwicæ。入り江や河口付近の砂の多い地を意味する。
  7. ^ ハンバーガーチェーンとして知られるが、日本マクドナルドはそれらをサンドイッチと呼称している。(株主優待券の表記より)

関連項目[編集]