ソフトバンクグループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ソフトバンクグループ株式会社
SoftBank Group Corp.
Softbank mobile logo.svg
Conrad Tokyo.jpg
本社機能がある東京汐留ビルディング
種類 株式会社
市場情報
東証1部 9984
1994年7月22日上場
略称 SBG SB ソフトバンク
本社所在地 日本の旗 日本
105-7303
東京都港区東新橋一丁目9番1号
東京汐留ビルディング
北緯35度39分46.8秒 東経139度45分40.4秒 / 北緯35.663000度 東経139.761222度 / 35.663000; 139.761222座標: 北緯35度39分46.8秒 東経139度45分40.4秒 / 北緯35.663000度 東経139.761222度 / 35.663000; 139.761222
設立 1981年昭和56年)9月3日
業種 情報・通信業
法人番号 1010401056795
事業内容 グループ経営方針の策定および遂行、事業子会社への経営指導および管理
代表者 孫 正義(代表取締役会長兼社長)
宮内謙(代表取締役副社長)
資本金 2,387億7,200万円
発行済株式総数 11億66万365株
(2017年3月末現在)[1]
売上高 連結:8兆9,010億400万円
営業利益 連結:1兆259億9,900万円
純利益 連結:1兆4,263億800万円
純資産 連結:4兆4,697億3,000万円
総資産 連結:24兆6,342億1,200万円
従業員数 連結:68,402人
決算期 3月31日
主要株主 孫 正義 21.23%
日本マスタートラスト信託銀行(信託口) 7.76%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口) 5.88%
JP MORGAN CHASE BANK 380055 3.86%
(2017年3月末現在)[2]
主要子会社 グループ会社の項目を参照
外部リンク https://www.softbank.jp/corp/
特記事項:上記の経営指標は、第37期(2017年平成29年)3月期)決算の数値。
テンプレートを表示

ソフトバンクグループ株式会社英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本携帯電話等の電気通信事業者インターネット関連企業等を傘下に置く持株会社日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。

携帯電話通信事業者としては世界3位の売上高を誇る巨大企業で、売上の6割を占める。また、固定電話インターネットに関わるインフラ事業、インターネット・カルチャー事業も行っている。プロ野球チーム「福岡ソフトバンクホークス」の親会社でもある。

各事業に関する説明はグループ会社を参照。

沿革[編集]

1970年代[編集]

  • 1978年夏、孫正義が開発した電子翻訳機を売り込みに、日本の電機企業を10社前後訪問する。ロゴの2本線は「海援隊」の旗に基づいており、「ソフトバンクは、同志の船。マストに翻るのは、21世紀の海援隊」という願いが込められた。同時に「=(イコール)」を意味し、情報ネットワークを誰もが公平に楽しめる世の中を実現するための「アンサー」を導きだすのはソフトバンク、という決意と願望が込められた[3]
  • 1979年2月、孫がシャープに自動翻訳機を売込んで得た資金1億円を元手に、米国でソフトウェア開発会社の「Unison World」を設立。社名の由来は「UNIX」と孫正義の「SON」[4]。インベーダーゲーム機を日本から輸入。

1980年代[編集]

  • 1980年昭和55年) - 孫がカリフォルニア大学バークレー校を卒業し、日本へ帰国。
  • 1981年(昭和56年)9月3日 - 孫が親戚からの出資を含め日本ソフトバンク株式会社を創立。
  • 1982年(昭和57年) - 仕入れと販売先が揃う。さらに、パソコン関係の出版業務に進出し業務拡大を図った。5月、「Oh! PC」「Oh! MZ」を創刊。
  • 1983年(昭和58年) - 孫正義が重い慢性肝炎を患っていることが発覚し、病気療養のために孫は会長に一時退く。社長には、日本警備保障(現セコム)の副社長だった大森康彦を招聘。
  • 1986年(昭和61年) - 孫正義が社長に復帰し、大森康彦は会長に就任。
  • 1987年(昭和62年) - フォーバルと共同でNCC-BOX(世界初のLCR)を開発。フォーバルが全国の中小法人に無償配布し、新電電からのロイヤリティで莫大な利益を出す。この資金を基にソフトバンクは急速に成長していく。

1990年代[編集]

2000年代[編集]

2010年代[編集]

グループ会社[編集]

2017年3月末現在で、子会社739社および持分法適用会社131社である。2016年内に、国内事業をソフトバンクグループジャパン合同会社傘下へ、海外事業をソフトバンクグループインターナショナル合同会社傘下へそれぞれ異動させる予定で、国内事業に関しては、同年4月1日付で13社がソフトバンクグループジャパン合同会社に親会社が異動となっている。

主な子会社・関連会社[編集]

国内事業管轄
海外事業管轄
国内通信事業
スプリント事業
ヤフー事業
流通事業
その他
  • SB Pan Pacific Corporation
  • TVバンク株式会社
  • Ustream Asia株式会社
  • PSソリューションズ株式会社(100%)
  • Alibaba Group Holding Limited(29.5%)
  • Renren Inc.(42.9%)
  • InMobi Pte. Ltd.(45.0%)
  • SoftBank Holdings Inc.
  • SoftBank America Inc.
  • SOFTBANK Inc.
  • SB Group US, Inc.
  • SoftBank Group Capital Limited
  • HIKE GLOBAL PTE. LTD.(25.8%)
  • Hayate Corporation
  • STARFISH I PTE LTD
  • アミューズ2.0有限会社
  • アルテミス株式会社
  • ガリレイ・ジャパン株式会社
  • 汐留エステート株式会社
  • 汐留事業4号株式会社
  • 汐留事業6号株式会社
  • 汐留事業7号株式会社
  • 汐留事業8号株式会社
  • 汐留ファイナンス株式会社
  • 汐留リース株式会社
  • SB Product Group Japan株式会社
  • Softbank Group International Japan株式会社
買収予定の企業

脚注・出典[編集]

  1. ^ 株式基本情報”. ソフトバンクグループ株式会社. 2016年7月18日閲覧。
  2. ^ 株式の状況”. ソフトバンクグループ株式会社 (2016年3月31日). 2016年6月11日閲覧。
  3. ^ 『ロゴの秘密』(高橋書店 2013年)P.142f.
  4. ^ シャープ・ポケット電訳機IQ-3000 孫はこれを元手に79年2月、アメリカでソフト開発会社を興した。社名は「UNIX」と、孫の頭文字を掛け合わせて「ユニソンワールド」と名付けた。
  5. ^ ソフトバンクが豪社と合弁で、テレビ朝日に資本参加”. PC Watch (1996年6月20日). 2012年5月7日閲覧。
  6. ^ ソフトバンク、東証1部上場”. PC Watch (1998年1月16日). 2012年8月30日閲覧。
  7. ^ 井上篤夫『志高く 孫正義正伝』実業之日本社 ISBN 978-4-408-10705-9
  8. ^ ウィルコムの再生支援に関する基本合意書の締結について Archived 2012年10月22日, at the Wayback Machine. - ウィルコム 2010年3月12日
  9. ^ 株式会社ウィルコムの会社分割・減増資等の完了に関するお知らせ Archived 2012年10月22日, at the Wayback Machine. - ウィルコム 2010年12月21日
  10. ^ ソフトバンク株式会社による株式交換を通じてのイー・アクセス株式会社の完全子会社化に関するお知らせ 兼 ソフトバンクモバイル株式会社とイー・アクセス株式会社の業務提携のお知らせ - ソフトバンク株式会社 2012年10月1日
  11. ^ ソフトバンクがイー・アクセス買収へ 携帯契約数、2位auに迫る Archived 2012年10月1日, at the Wayback Machine. - 産経新聞 2012年10月1日
  12. ^ 孫社長の「必ずドコモ抜く」契約数で現実味 ソフトバンク、イー・アクセス買収 (1/2ページ) Archived 2012年10月3日, at the Wayback Machine. - 産経新聞 2012年10月2日
  13. ^ もっとも、「UQ WiMAX」を運営するUQコミュニケーションズ(KDDIが32.26%株式所有)の契約者数約320万件を合算した場合、ソフトバンク系とKDDI系の移動通信契約者数は同程度になる(参考
  14. ^ 当社によるスプリントの戦略的買収(子会社化)について - ソフトバンク 2012年10月15日
  15. ^ ソフトバンク、スプリント買収で合意 1兆5709億円 Archived 2012年10月15日, at the Wayback Machine. - 朝日新聞 2012年10月15日
  16. ^ ソフトバンク株式会社とイー・アクセス株式会社の 株式交換契約の一部変更に関するお知らせ - ソフトバンク 2012年11月2日
  17. ^ ソフトバンク株式会社とイー・アクセス株式会社の株式交換完了に関するお知らせ - ソフトバンク イー・アクセス 2013年1月7日
  18. ^ 子会社の異動を伴う株式譲渡に関するお知らせ - ソフトバンク 2013年1月17日
  19. ^ ソフトバンクとガンホー、スマホゲーム「Clash of Clans」のSupercellを傘下に 1500億円で - ITmedia 2013年10月15日
  20. ^ 「タブレット」がゲームを制する 「スーパーセル」の攻勢に日本のソーシャルゲームは苦境 - J-CASTニュース 2013年10月23日
  21. ^ ソフトバンクがロボット事業に本格参入 -新会社「アスラテック」を通じて - ガジェット速報 2013年11月20日
  22. ^ ソフトバンク「感情持った」人型ロボ発表 海外展開も視野
  23. ^ 話題の人型ロボット「ペッパー」は台湾製 きのう日本でお披露目
  24. ^ ソフトバンクの人型ロボ Pepper 開発者「言葉では2〜3割しか伝わらない」。9月にも先行販売予定
  25. ^ [1]
  26. ^ [2]
  27. ^ [3]
  28. ^ 当社及び子会社の商号変更に関するお知らせ,ソフトバンク株式会社,2015年5月11日
  29. ^ ソフトバンク、Netflixの映像配信を独占提供”. ORICON (2015年8月24日). 2015年8月24日閲覧。
  30. ^ 子会社(モバイルテック株式会社およびBBモバイル株式会社)の吸収合併(簡易合併・略式合併)に関するお知らせ,ソフトバンクグループ株式会社,2015年10月22日
  31. ^ ソフトバンク、ニケシュ・宮内体制の分権と機動性向上を図る組織再編,ケータイ Watch,2016年3月7日
  32. ^ “バスケットBリーグ、ソフトバンクと大型契約”. 日刊スポーツ. (2016年3月10日). http://www.nikkansports.com/sports/news/1614817.html 
  33. ^ “Bリーグ 9・24開幕!ソフトB ライブ配信サービス開始へ”. スポーツニッポン. (2016年3月10日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/03/10/kiji/K20160310012187810.html 
  34. ^ ソフトバンク、ARM買収を正式発表”. PC Watch (2016年7月18日). 2016年7月19日閲覧。
  35. ^ “ソフトバンク、純利益初の1兆円台 17年3月期”. 日本経済新聞. (2017年5月10日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL10HGN_Q7A510C1000000/ 2015年5月10日閲覧。 
  36. ^ トヨタ自動車三菱UFJフィナンシャル・グループに次ぐ。
  37. ^ “ソフトバンク最終利益 初めて1兆円超える”. NHK NEWS WEB. (2017年5月10日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170510/k10010976531000.html 2015年5月10日閲覧。 
  38. ^ ソフトバンク、純利益1兆4000億円越え』 2017年5月12日 Onebox News
  39. ^ ソフトバンクがボストン・ダイナミクスをGoogleから買収』 2017年6月9日 Onebox News
  40. ^ アルデバランがソフトバンクロボティクスにブランド変更”. ソフトバンクロボティクスホールディングス (2016年5月19日). 2017年3月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]