アスクル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アスクル株式会社
ASKUL Corporation
ASKUL.gif
種類 株式会社
市場情報
東証1部 2678
2004年4月27日上場
本社所在地 135-0061
東京都江東区豊洲三丁目2番3号
設立 1963年昭和38年)11月2日
(プラス工業株式会社)
業種 小売業
事業内容 オフィス向け用品などの通信販売
代表者 岩田彰一郎(代表取締役社長)
資本金 211億8,900万円(2016年5月20日現在)
発行済株式総数 5,525万9千株(2016年5月20日現在)
売上高 連結:3,150億2,400万円
単独:2,883億6,500万円
(2016年5月期)
営業利益 連結:85億7,400万円
単独:81億100万円
(2016年5月期)
純利益 連結:52億5,500万円
単独:54億2,300万円
(2016年5月期)
純資産 連結:512億4,200万円
単独:521億6,100万円
(2016年5月期)
総資産 連結:1,395億5,200万円
単独:1,320億5,800万円
(2015年5月20日現在)
従業員数 連結:1,711人 単独:636人
(2016年5月20日現在)
決算期 毎年5月20日
主要株主 ヤフー(株) 41.67%
プラス(株) 10.74%
(2016年5月20日現在)
主要子会社 関連会社の項目を参照
外部リンク http://www.askul.co.jp/
特記事項:ヤフーの連結子会社ソフトバンクグループ系列)
テンプレートを表示

アスクル株式会社: ASKUL Corporation)は、東京都江東区に本社を置く事務用品を中心とする通信販売会社。

筆頭株主はヤフーであるが、かつては事務機器メーカープラスの子会社であり、同社のプライベートブランドはプラスの製品が多い。

概要[編集]

  • 社名の由来は翌日配達、すなわち「明日来る」から転じてアスクルになった。翌日配達が可能なのは、大都市の近く全国7箇所に大規模な物流センターを構えているからである。
  • 一見すると、メーカーの直接通販では町の文具店が全滅するという印象があるが、このアスクルでは町の文具店などをシステムに取り込み(代理店)、メーカーと小売の共存共栄が図られている。仕組みは以下のとおりである。
    • 販売担当店(アスクルエージェント)−新規の顧客獲得の営業活動と、代金回収・債権管理その他顧客ケアを担当
    • アスクル(本部)−カタログ作成と商品の受注、発送、個別商品・サービスの問い合わせ等を担当
  • B2C向けECサービスLOHACOの売上高を、2013年5月期で180億円を見込みたいと発表したものの、実際は1割程度の21億円であった[1]。2年目の2014年5月期の実績は121億円と計画対比120%超を達成した[2]

沿革[編集]

  • 1963年11月2日 - プラス株式会社の完全子会社として、プラス工業株式会社(現・アスクル株式会社)設立。
  • 1986年10月 - 埼玉シルバー精工株式会社が、(新)プラス工業株式会社に商号変更。(旧)プラス工業株式会社は、(新)プラス工業株式会社に営業譲渡して、休眠会社化。
  • 1993年3月 - プラス株式会社アスクル事業部が、首都圏の事業所を対象にアスクル事業を開始。(旧)プラス工業株式会社が、リンクス株式会社に商号変更。
  • 1997年
    • 2月 - リンクス株式会社が、目的変更の上、アスクル株式会社に商号変更。
    • 3月 - アスクル事業で、インターネットを利用した受注を開始。
    • 5月21日 - プラス株式会社よりアスクル事業を営業譲受し、営業開始。
  • 1998年12月 - 個人向け・ SOHO向けショップ「ポータルアスクル」開始。
  • 2000年11月 - アスクル株式会社が、ジャスダック市場に上場。
  • 2001年9月 - キングジム住友スリーエムなどのプライベートブランド商品を拡充。
  • 2004年
    • 1月 - 医療・介護施設向けに専門カタログ「アスクル メディカル&ケア カタログ」を創刊し、メディカル&ケア事業に参入。
    • 4月 - アスクル株式会社が、東京証券取引所第1部に上場。
    • 10月 - アスクルサイトに「家具ショップ」を新規オープン。
    • 12月 - アスクルサイトに「OAステーション」を新設し、法人向けパソコンの販売を開始。
  • 2005年11月 - 医療機関向けに医療材料を取り扱う専門カタログを創刊し、デリバリーサービスを開始。
  • 2007年11月 - 個人・SOHO向けショップ「ポータルアスクル」が「ぽちっとアスクル」に再編。
  • 2009年
    • 3月 - 自己株式公開買付けを行い、プラス株式会社が親会社でなくなる。
    • 11月10日 - 完全子会社として、アスマル株式会社設立。
  • 2010年
    • 2月22日 - 簡易吸収分割を行い、「ぽちっとアスクル」事業をアスマル株式会社が承継。同時にアスマル株式会社へネットプライスドットコム株式会社が20%出資。
    • 9月 - 「ぽちっとアスクル」を「アスマル」としてリニューアル(2012年12月にLOHACOに統合され販売終了)。
  • 2012年
    • 5月20日 - ヤフー株式会社を割当先とする第三者割当増資を実施し約329億9900万円を調達。ヤフーが発行済株式総数の42.47%を取得してプラスに変わって筆頭株主となる。
    • 7月 - ネットプライスドットコムとのアスマルをめぐる資本業務提携を解消。アスマル株式を譲り受け、再び完全子会社とする。
    • 11月 - B2C向けECサービスLOHACOをオープン。
  • 2013年
    • 2月21日 - アスマル株式会社を吸収合併。
    • 12月 - LOHACO内に、医薬品専門店の「ロハコドラッグ」オープンし、医薬品のネット通販に参入。
  • 2014年7月 - 法人向けサービス強化拡充に向け、弁当宅配事業「ごちクル」を展開するスターフェスティバル株式会社と業務・資本提携契約締結。プラス株式会社の株式売却により、同社がその他関連会社でなくなる。
  • 2015年12月 - 「アスクル福岡センター」を移転・拡充した「ASKUL Logi PARK 福岡」が稼動。
  • 2016年
    • 5月 - 同年7月より、医薬品・医療機器販売開始をすることを発表。
    • 6月 - 2017年12月より稼働予定の物流拠点「ASKUL Logi PARK 関西」新設を発表。
    • 8月 - LOHACOにて、1時間単位の受取り時間指定が可能なサービス「Happy On Time」を開始。
  • 2017年
    • 2月 - 埼玉県三芳町の倉庫で火災が発生。12日間燃え続けた。倉庫内に貯蔵されていたスプレー缶などに含まれる可燃性のある危険物の総量が、法律で定めた基準を数倍上回っていた疑いがあることがわかり、4月には警察が消防法違反の疑いで本社を捜索した[3]
    • 7月 - セブン&アイ・ホールディングスとのネット通販事業での業務提携を発表。両社の通販サイトで互いの商品を扱うほか、共同で食材の宅配事業に取り組む[4]

物流センター[編集]

関連会社[編集]

  • ビジネスマート株式会社 - エージェント(代理店)。2005年5月に完全子会社化。
  • ソロエル株式会社(旧ASKUL e-Pro Service株式会社) - 2002年11月設立。
  • Bizex株式会社 - 配送会社。2009年4月21日、プラスロジスティックス株式会社の新設分割で設立され、完全子会社化。
  • 株式会社アルファパーチェス - 2010年11月に子会社化
    • 愛抜愜斯(上海)貿易有限公司

CMキャラクター[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]