アプライド・マテリアルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アプライド マテリアルズ
Applied Materials, Inc.
Applied Materials Inc. Logo.svg
種類 株式会社
市場情報
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州 サンタクララ
設立 1967年
業種 半導体製造装置、フラットパネル製造装置、太陽電池製造装置
代表者 ゲイリー・E・ディッカーソン
売上高 230億6000万米ドル ( 2021 )
営業利益 73億2000万米ドル ( 2021 )
純利益 58億8000万米ドル ( 2021)
従業員数 24000 ( 2021 )
外部リンク アプライド マテリアルズ ジャパン
テンプレートを表示

アプライド・マテリアルズ(AMAT)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州シリコンバレーに本社を置く、世界最大の半導体製造装置メーカーである[1]。世界19ヵ国、110ヵ所以上に拠点を持つ多国籍企業である。半導体の製造プロセスではほぼ全てをカバーし、ディスプレイや太陽電池の製造装置分野においてもリーディングカンパニーである。NASDAQ100指数S&P500の構成銘柄の一つに選ばれている。

2013年9月24日、東京エレクトロンと経営統合することを発表。統合後の持株会社はオランダで設立する[2]。しかしこの経営統合について「アメリカ合衆国司法省の承認が得られない」として、2015年4月27日に経営統合の中止が発表された[3]

2019年7月1日、低圧化学蒸着装置でトップ・シェアを持つ旧・日立系の同業KOKUSAI ELECTRIC買収を発表した[4]。だが、中国の独禁法当局の承認を得られなかったことにより、2021年3月末に買収を断念している[5]

出典[編集]

  1. ^ http://www.sijapan.com/content/l_news/2009/lo86kc000000fb6z.html
  2. ^ 東京エレクトロンとApplied Materialsが経営統合ITmedia News, 2013年9月24日)
  3. ^ 東京エレクトロン株式会社とApplied Materials, Inc.の経営統合契約の解約及びTELジャパン合同会社との株式交換の中止に関するお知らせ - 東京エレクトロン・2015年4月27日
  4. ^ アプライド・マテリアルズがKOKUSAIを買収、2500億円”. Bloomberg.com. 2020年11月27日閲覧。
  5. ^ 旧日立系の買収破談 中国承認せず―米アプライド:時事ドットコム”. 時事ドットコム. 2021年3月30日閲覧。

外部リンク[編集]