SNOW (アプリケーション)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
SNOW
SNOW logo.png
開発元 Camp Mobile
SNOW Corp.
初版 2015年9月
対応OS Android 4.3以降
iOS 9.0以降
対応言語 英語インドネシア語日本語韓国語中国語簡体繁体)、スペイン語タイ語ベトナム語
サポート状況 継続中
種別 写真共有、インスタントメッセンジャー、ビデオ通話、マルチメディア
ライセンス プロプライエタリ・ソフトウェア
公式サイト https://snow.me
テンプレートを表示

SNOW(スノー)とは、ネイバーの子会社、Snow Corporationが提供するスマートフォンアプリ。かつては[いつ?]同じくネイバーの子会社、キャンプモバイル英語版が提供していた。

概要[編集]

スマートフォンカメラ自撮りし、顔認証システムを利用して半自動的に加工・合成することを主な目的としたアプリケーション。ネイバーの子会社、キャンプモバイルより2015年9月にリリースされた[1]日本アプリケーションストアでは同年11月4日に提供を開始[2][3]

2016年8月1日にSnow Corporationが設立、現在は同社からアプリケーションが提供されている。同社はネイバーとLINEから出資を受けており、グループ企業ではあるもののキャンプモバイルからは独立している[3][4]

中学生・高校生を中心とした若い世代の女性から特に人気を集めており、2016年5月App Storeの無料アプリケーションランキングで1位に立ったほか[1]ニールセン デジタル2017年1月時点での調査によれば、408万人のユーザーのうち半数以上の54%(およそ220万人)が34歳以下の女性であった[5]。中学生も利用している。

カメラに写されたをリアルタイムで認識し、自動で動物やキャラクターのイラストを輪郭や顔のパーツに合わせて装飾する機能や、一緒に写っている人と顔を交換する(入れ替える)機能などがあり、ITライターの鈴木朋子は、このよう撮影の過程を楽しめる工夫がなされていることが、SNOWの魅力であると分析している[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 女子中高生は、なぜ「SNOW」にハマるのか”. 東洋経済オンライン (2016年9月30日). 2018年1月29日閲覧。
  2. ^ SNOW App(Official)からの2015年11月4日 06:06のツイート2018年1月29日閲覧。
  3. ^ a b LINE、画像アプリの韓国スノーに出資”. 日本経済新聞 (2016年9月29日). 2018年1月29日閲覧。
  4. ^ “【コーポレート】Snow Corporationへの出資に関するお知らせ” (プレスリリース), LINE Corporation, (2016年9月29日), https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2016/1518 2018年1月29日閲覧。 
  5. ^ 若い女性に「SNOW」が浸透、利用者が急拡大~ニールセン調査”. ケータイWatch(インプレス) (2017年3月7日). 2018年1月29日閲覧。

外部リンク[編集]