LINEマンガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
NAVER > LINEマンガ
LINEマンガ
開発元 LINE Digital Frontier株式会社
対応言語 日本語
サポート状況 運営中
種別 電子コミックスサービス
公式サイト https://manga.line.me/
テンプレートを表示
LINE Digital Frontier株式会社
LINE Digital Frontier Corporation
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
160-0004
東京都新宿区四谷一丁目6番1号
設立 2018年7月2日
業種 情報・通信業
法人番号 4011101084679
事業内容 通信ネットワークおよび電子技術を利用した電子漫画サービス
代表者 金俊九(代表取締役社長)
資本金 100百万円
売上高 71億92百万円(2020年12月期)[1]
営業利益 △29億67百万円(2020年12月期)
経常利益 △29億56百万円(2020年12月期)
純利益 △29億62百万円(2020年12月期)
純資産 75億51百万円(2020年12月期)
総資産 163億73百万円(2020年12月期)
主要株主 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国Webtoon Entertainment Inc. 70.0%
大韓民国の旗 韓国NAVER WEBTOON Ltd. 30.0%
主要子会社 イーブックイニシアティブジャパン(100%)
外部リンク https://ldfcorp.com/ja
テンプレートを表示

LINEマンガは、LINE Digital Frontier株式会社[2]が運営する電子コミックサービス。

概要[編集]

LINE Digital Frontier(ライン デジタル フロンティア)は、韓国NAVERグループのWEBTOON Entertainment Inc.(本社:アメリカ合衆国カリフォルニア州、CEO:金俊九)の子会社[3]

連載を伴う無料・有料話売りの「曜日連載」「毎日無料」と単行本単位のコミックス販売をする「単行本」、ユーザーによる自由漫画投稿および共有サービスの「インディーズ」3種のサービスを提供するプラットフォームであり、アプリ・WEB、タブレットなどに対応している。

2020年3月・4月のAppAnnie国内アプリダウンロード数が2700万を突破し、月間アクティブユーザー数、アプリユーザー平均利用時間でスマホマンガアプリ業界1位を記録中である[4]

インプレス総合研究所の「電子書籍ビジネス調査報告書2021」によると、Kindleストアを抜いて、日本で1番に利用されている電子書籍サービス・アプリである[5]

主なオリジナル連載作品[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]