DingTalk

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
DingTalk
開発元 アリババグループ
初版 2014年12月1日(6年前) (2014-12-01
最新版
5.1.11 / 2020年7月13日(7か月前) (2020-07-13
対応OS iOSAndroidMac OSWindows、ウェブ
サイズ 386.1 MB(iOS版)
対応言語 簡体字中国語繁体字中国語、英語ベトナム語日本語タイ語インドネシア語
種別 インスタントメッセンジャー
公式サイト www.dingtalk.com
テンプレートを表示

DingTalk (ディントーク、中国語: 釘釘拼音: Dīngdīng、ディンディン)は中国のアリババグループに開発された企業用インスタントメッセンジャー。2014年開発始動。2018年、中国1億人の利用者で世界中で大きい影響があった交流・管理用スマートフォンアプリになった。[1] 2018年国際マーケティングプランを発布。[2]複数の言語やオペレーティングシステムが利用できる。

沿革[編集]

2015年1月16日、ベータバージョン1.1.0をリリース。

2015年5月26日、バージョン2.0をリリース。[3]

2016年9月19日、バージョン3.0 をリリース。B2Bコミュニケーションとコラボレーションがあった。[4]

2017年11月、指紋と顔を認証できるハードウェアをリリース。2018年1月15日、マレーシアで英語版をリリース。[5]

2019年末からの新型コロナウイルス感染症の流行期間、ディスタント教学を受けた学生達からの悪意レーティングを受けた。[6]

参考[編集]

外部リンク[編集]