ツァイニャオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ツァイニャオ
現地語社名
菜鸟网络科技有限公司(菜鸟网络)
ラテン文字名
Cainiao Smart Logistics Network Limited
業種 倉庫業
事業分野 デジタルソリューションの提供
IoT
設立 2013年
創業者 馬雲(ジャック・マー)
本社 郵便番号:311101
中華人民共和国の旗 中国 杭州市西湖区文一西路588号中节能、西溪首座B1階
主要人物
CEO:万霖[1]
売上高 222.3億[2] (2020年)
所有者 アリババグループ(63%)
ウェブサイト www.cainiao.com

ツァイニャオ簡体字:菜鸟网络 繁体字:菜鳥網路 正式名称:菜鸟网络科技有限公司 英語: Cainiao Smart Logistics Network Limited)は、中華人民共和国の物流会社。アリババグループとして発足している。日本国内ではその漢字表記から「ナトリ」とも呼ばれる[3]。世界230箇所に倉庫を抱え、224ヵ国に配送を行い、一日あたり1億個の貨物を取り扱う[4]

概要[編集]

中国国内のEC需要が機縁する膨大な物流負担に対応するためアリババを中心に中国国内の複数の物流企業や運送会社と共同で2013年に設立された[5]。物流会社ではあるが、自社でトラックなどの運行は行っておらず、きめ細かな物流ネットワークの構築やデータ共有による最適化を行い物流効率を向上させることで中国全土で24時間以内、全世界72時間以内の配送を完了させることを目標とした物流プラットフォームとしての運用を目的に設立が行われている[5][4]

順豊エクスプレス円通速逓(YTOエクスプレス)中国語版申通快逓(STOエクスプレス)中国語版といった中華人民共和国の宅配業者大手と「中国智能物流骨幹網(CSN)」を構築し、運用している[6]。CSNは中華人民共和国内の荷物の70%を処理している[7]。CSNに加入する企業のトラックや倉庫の稼働状況データを収集する共に分析を行い、担当を自動的に振り分ける、企業間での荷物の送り状を電子化するなど、ITを用いて、特定の宅配会社に集配業務が集中しないよう、コスト削減や配送時間の短縮といった効率化を実現している[6]日本通運もCSNと提携を行っているが、CSNによって中華人民共和国と日本間の電子商取引においては配送費が3割抑えられているとされる[6]

新型コロナウイルスに対するワクチンの開発を行う国内医療品メーカーとワクチン輸送に関し協議を行っている。各種ワクチンは厳重な温度管理が必要とされ、深センから中東を経由しアフリカに送付するためのコールドチェーン航空貨物サービスの開始を行っている[8]

設立の経緯[編集]

EC最大手であるアリババグループは取り扱い量は順調に拡大していたものの、その配送(物流)は全て外部に委託しており、毎年開催される大型セール日である「独身の日」の年々増える莫大な注文によって物流企業や運送会社がその一気に増えた物量を捌ききれなかったため「爆倉」と呼ばれる宅配会社の倉庫が依頼品で物理的に満杯になり混乱をきたす物流崩壊を起こしていた[9]。業界2位である家電を中心とした京東商城は自社で物流会社を運営していたため、アリババグループのEC2社よりも商品の配送に関する品質が上回っている状況であった。なお、この高品質な配送サービスの提供により後発組ではあったが京東商城は売り上げを大きく伸ばすことに成功している[9]2017年には京東商城の物流部門を「京東物流」として子会社化し、この配送サービス網を自社以外にも開放している[9]。京東商城の動きに対し物流には進出しないと公言していた馬雲は考えを改め、この状況を打開するため2008年に運送会社である百世快递(ベストエキスプレス)への投資を皮切りに物流事業に注力している。この結果、2016年以降、独身の日で物流崩壊を起こすことは無くなり、10日以上掛かっていた配送は3~4日程度にまで短縮されている[10]

北京市海淀区の住宅街に設置された顔認証式スマートロッカー

2013年「物流企業がやらないことをやる」を企業ポリシーに3,000億元(約5兆3000億円)の巨費を投じて設立され[11][10]アマゾンでグローバル・ロジスティクス・ディレクターとして国際物流業務を担当していた万霖(ワンリン)が2014年に副社長として入社[12][13]。荷物のトレーサビリティ確立から始まり、宛名書きのデジタル化や運送会社毎に違っていた書式の標準化を行う。次に建設ラッシュなどで実態に則していなかった住所を戸籍だけでなく配達員の見地などを含めた独自の住所データベース化を行ったことで正確かつ最短距離での配送指示が可能となった。建物の位置までを特定する第4級データベースは既に完成しているが、建物のどの位置に目標となる部屋が存在するのかを判別する第5級データベースをアリババ傘下のマッピングサービス企業である高徳地図と共同で開始している[10]。大手百貨店の店内図のデータ化は済んでおり、今後商業圏やビルなど全てのデータ化を終えることで自動で最短のルート設定が可能となる[10]

また、再配達の問題を解決するため地域毎に宅配物を預かる「菜鳥ステーション」の構築を行う。これは宅配スマートロッカーのみだけでなく[14]、申請を行い登録された個人事業者が同サービスを提供することができ、取り扱う個数により手数料収入を得られるシステムとなっている[15]2017年時点で20万6千基が設置済であり、中国政府が第十三次五カ年規画で普及に関し言及したことで、2020年までに77万2千基の設置が計画されている[9]。この他、無人地上車両(UGV)を採用した倉庫の自動化人工知能(AI)を利用した段ボールサイズの選定、ドローン宅配便や自立式の自動配送車などの取り組みも行われている[13][16]

2018年には馬雲が次世代物流戦略である「スマートロジスティックサミット」を開催しており、1,000億元(約1兆7000億円)の費用を掛けた一日辺り10億個の処理能力体制の構築を発表[17]2020年の独身の日には700便にも上るチャーター機を手配したほか[18]、11日間で23億個を処理するまでに能力は向上している[19]。新たな取り組みとして、アリババグループの生鮮食品スーパーである盒馬鮮生(フーマー)での30分配送、24時間配送などの新たな目標を掲げており事業を開始している[10][20][21]

沿革[編集]

2013年にアリババと大手物流企業や複数の大手運送会社が出資して設立された[22][5]

2016年にはシンガポール政府投資公社テマセク・ホールディングスカザナ・ナショナル、Primavera Capital Group(中華人民共和国)などから投資を受けた。金額は明らかにされていないが、調達額は15億ドルと見られている[22]

2018年6月6日、全世界72時間配送に向けた香港国際空港に世界最大規模となるスマートロジスティクスセンターの建設を行うため、中国国際航空とYTOエキスプレスでの合弁企業設立を行う[23]

2019年11月8日、アリババグループはツァイニャオに対し233億元(約3600億円)の再投資を行っており、株式保有率は51%から63%へと増加している[24]

2020年11月5日、マレーシアクアラルンプール国際空港にEC専用の配送拠点の開設を行う[25]

2020年11月11日、東京横浜大阪神戸に物流拠点を開設し、日本市場に参入した[3][26]。国内輸送と天猫国際越境EC向け倉庫となり、東京大阪は空輸、横浜神戸は海運向けの施設となり、独身の日に向けた配送スペースと在庫確保のために使用される。日本通運、招商局集団傘下のシノトランス、4PXエキスプレス(递四方速递)、日本航空と宏遠グループが共同で設立したJAL宏遠などと提携し通関業務の迅速化が図られる[3][27]

アヴィアスタル-TUが運行するツァイニャオ塗装のボーイング757貨物機

2021年1月13日、航空海上コンテナでの輸送サービスを開始した[28]

2021年6月、SGホールディングス傘下企業となる「SGHグローバル・ジャパン」はツァイニャオとのパートナーシップを締結した[29]。2021年時点で週6回、関西国際空港から中国との間で貨物輸送を行っているが、6月から東京江東区に建設された次世代大規模物流センターとなる「Xフロンティア」からの出荷事業も開始される。アジア圏に向けた越境ECに対する日本国内での新規参入企業並びに、ツァイニャオが掲げている国内24時間配送、国外72時間配送の目標を支援する[29]

2021年6月22日、アリババ傘下のラザダグループはツァイニャオと連携し、東京から東南アジア6か国に向けた越境EC向けの直行便を開始した。インドネシアマレーシアフィリピンシンガポールタイベトナム向けとなり、現在よりも4日程度配送時間が短縮され最速9日で配達が完了するサービスとなる。ピックアップ対象は東京大阪やその近隣など首都圏地域のみとなっているが、今後、対象地域が拡大される[30]

2021年6月29日、中国-アフリカ間での小口貨物専用便が就航。香港ナイジェリアの首都ラゴスを週6便運航する[31]。アフリカでも越境ECや貿易が急速な伸びを見せ始めており、2021年からアフリカ大陸自由貿易協定(AfCFTA)が開始されたことや、中国としてアフリカとは初となるFTA「中国・モーリシャス自由貿易協定」が発効したことも寄与している[31][32]。ナイジェリア全域は既にカバーしており、年内にモロッコエジプトケニアへも就航予定である[31]。11月にはベルギーリエージュ空港に物流拠点となる「EHUB」を開設し、欧州向けハブ空港としての運用を開始した[33]

2022年3月、カタール航空との提携を発表。カタールカーゴによる香港からブラジルサンパウロ向け小口貨物専用の定期便が開設された[34]

出典[編集]

  1. ^ 「科学技術による奇跡の未来を作る」スマートロジスティクス企業・菜鳥のイノベーション”. Alibaba News (2020年12月16日). 2021年1月25日閲覧。
  2. ^ アリババグループ、2020年1-3月期及び2020会計年度の決算を発表”. Digital PR Pratform (2020年5月25日). 2021年1月30日閲覧。
  3. ^ a b c アリババ傘下の菜鳥網絡が日本市場参入表明”. Logistics Today (2020年11月11日). 2021年1月19日閲覧。
  4. ^ a b 菜鳥”. アリババ・ジャパン. 2021年5月24日閲覧。
  5. ^ a b c アリババの物流プラットフォーム「菜鳥網絡(Cainiao)」のAI活用事例を解説”. SB Cloud (2018年6月6日). 2021年1月19日閲覧。
  6. ^ a b c 山谷剛史 (2017年5月9日). “アリババが立ち上げた「菜烏網絡」が握る物流における挑戦”. ZDNet. 2018年11月14日閲覧。
  7. ^ 瀧川正実 (2016年7月21日). “アリババグループを支える主要8サービスと2つの関連会社まとめ”. インプレス. 2018年11月14日閲覧。
  8. ^ アリババ傘下の物流会社、ワクチン輸送で中国医薬品会社と協議”. Reuters (2020年12月3日). 2021年1月19日閲覧。
  9. ^ a b c d 物流を制するものが中国ECを制す――火花散る〝再配達ゼロ〟競争”. Wedge Infinity (2018年10月29日). 2021年1月19日閲覧。
  10. ^ a b c d e 物流崩壊を乗り越えた「菜鳥」のデジタル革命とは ――現代中国・イノベーションの最前線”. GEMBA (2018年10月11日). 2021年1月19日閲覧。
  11. ^ ソフトバンクは5000億円の利益を計上 時価総額25兆円 中国の怪物アリババとは”. ASCll.jp (2014年9月22日). 2021年1月30日閲覧。
  12. ^ Pardon the Disruption: Wan Lin — Crossing borders at Cainiao”. Air Cargo World (2018年11月27日). 2021年1月25日閲覧。
  13. ^ a b China's Cainiao Is Revolutionizing How Goods Get Delivered. Will the Rest of the World Follow Its Rules?”. TIME (2020年11月23日). 2021年1月25日閲覧。
  14. ^ 顔認証だけでスマートロッカーで荷物受け取り アリババ傘下の菜鳥”. AFPBB News (2019年3月25日). 2021年1月29日閲覧。
  15. ^ 「持たざる物流」で効率化、アリババ傘下の菜鳥(ツァイニャオ)の戦略”. Citic Press (2020年6月9日). 2021年1月19日閲覧。
  16. ^ アリババクラウドが自律型配送ロボット「小蛮驢」(シャオマンリュ)や手のひらサイズの無影クラウドコンピュータ等を発表”. ロボスタ (2020年9月17日). 2021年1月19日閲覧。
  17. ^ アリババの「ニューロジスティックス戦略(新しい物流)」がスタート⁉”. GloTech Trends (2018年6月5日). 2021年1月19日閲覧。
  18. ^ アリババグループ、2020年の天猫ダブルイレブン・ショッピングフェスティバルを開始”. Digital PR Pratform (2020年10月21日). 2021年1月30日閲覧。
  19. ^ アリババ傘下の菜鳥、11日間で23億件の配送処理”. Logistics Today (2020年11月30日). 2021年1月19日閲覧。
  20. ^ アマゾン以上"30分宅配"の中国スーパー”. President Online (2019年4月11日). 2021年1月30日閲覧。
  21. ^ 中国スーパー「盒馬鮮生」が、顧客から圧倒的に支持される理由がわかる1枚の写真”. Agenda note (2019年9月11日). 2021年1月30日閲覧。
  22. ^ a b デジタル革命が進む中国EC物流 6億件の出荷情報を1日で処理するアリババ子会社の進化”. インプレス (2016年6月2日). 2018年11月14日閲覧。
  23. ^ 菜鳥領銜合資公司將於香港國際機場打造全新物流樞紐”. Alibaba News (2018年6月6日). 2021年1月19日閲覧。
  24. ^ アリババが物流子会社のCainiaoに約3600億円増資”. TechCrunch (2019年11月9日). 2021年1月30日閲覧。
  25. ^ 空港運営MAHB、アリババと物流ハブ開設”. NNA ASIA (2020年11月5日). 2021年1月19日閲覧。
  26. ^ アリババの物流関連企業の菜鳥網絡が日本市場に参入”. CNET Japan (2020年11月11日). 2021年1月19日閲覧。
  27. ^ JALと宏遠グループ、共同出資会社設立に向け基本合意”. (プレスリリース)日本航空 (2019年5月8日). 2021年5月24日閲覧。
  28. ^ アリババ系の菜鳥、コンテナ輸送事業開始”. NNA ASIA (2021年1月15日). 2021年1月19日閲覧。
  29. ^ a b SGHグローバル、アリババ傘下の菜鳥と提携”. Logistics Today (2021年6月17日). 2021年7月20日閲覧。
  30. ^ Lazada/東京から東南アジア6か国へ直行便物流サービスを開始”. L News (2021年6月22日). 2021年7月20日閲覧。
  31. ^ a b c 菜鳥網絡、中国ーアフリカ間に貨物便就航”. AFP (2021年6月29日). 2021年7月20日閲覧。
  32. ^ 中国・モーリシャスFTAが発効、中国はアフリカ初の2国間FTA”. JETRO (2021年1月8日). 2021年7月20日閲覧。
  33. ^ アリババ傘下の菜鳥網絡、ベルギーで物流拠点の供用開始”. AFP (2021年11月12日). 2022年1月2日閲覧。
  34. ^ Qatar Airways Cargo Teams Up With Cainiao Network”. Cargo Trends (2022年3月8日). 2022年3月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]