クアラルンプール国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クアラルンプール国際空港
Kuala Lumpur International Airport
KLIA MTB&Tower.jpg

IATA:KUL-ICAO:WMKK

KUL/WMKKの位置(マレーシア内)
KUL/WMKK
KUL/WMKK
クアラルンプール国際空港の位置
概要
国・地域 マレーシアの旗 マレーシア
所在地 セランゴール州セパン
種類 民間
運営者 マレーシア空港会社
標高 21.15 m (70 ft)
座標 北緯2度44分36秒 東経101度41分53秒 / 北緯2.74333度 東経101.69806度 / 2.74333; 101.69806座標: 北緯2度44分36秒 東経101度41分53秒 / 北緯2.74333度 東経101.69806度 / 2.74333; 101.69806
ウェブサイト http://www.klia.com.my/
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
14R/32L YES 4,000×60 アスファルト
14L/32R YES 4,000×60 アスファルト
15/33 YES 4,000×60 アスファルト
リスト
空港の一覧
クアラルンプール国際空港の位置 別地図
クアラルンプール国際空港の位置 別地図
KUL/WMKK
クアラルンプール国際空港の位置 別地図

クアラルンプール国際空港(クアラルンプールこくさいくうこう、略称 : KLIA, マレー語 : Lapangan Terbang Antarabangsa Kuala Lumpur, 英語 : Kuala Lumpur International Airport)は、マレーシアセランゴール州セパン (Sepang) にある国際空港で、同国の空の玄関口である。

概要[編集]

クアラルンプール中心部から南へ約43kmに位置する。

  • 航空管制 : マレーシア民間航空局
  • 運用時間 (MST)  : 24時間
  • ILS : カテゴリー II

総敷地面積10,000ha、マスタープランでは2つのメインターミナルと4つのサテライト、滑走路5本で運用される計画である。2014年現在ではメインターミナル、サテライト、KLIA2(格安航空会社ターミナル)、および4,000m滑走路3本で運用されている。

マレーシア航空エアアジアグループのハブ空港になっている。F1マレーシア・グランプリが開催されるセパン・インターナショナル・サーキットが付近にある他、空港内及び空港周辺には乗り継ぎ客用のホテルが複数存在する。

沿革[編集]

メインターミナル全景

1998年6月30日に開港。「森の中の空港、空港の中の森」をコンセプトに、黒川紀章ターミナルビルを含む全体計画を設計し、メインターミナルを大成建設、サテライトを竹中工務店が施工した。実際に周辺はプランテーションされたアブラヤシの森に囲まれている。

なお、この空港の開港により従来の国際空港であったセランゴール州スバン (Subang) のスルタン・アブドゥル・アジズ・シャー空港(通称 : スバン空港)は、マレーシアの玄関口の役割を終えた。

ターミナル[編集]

メイン・ターミナル[編集]

メイン・ターミナル外観
メイン・ターミナル出発ホール

1998年、開港と同時に供用開始した。216か所のチェックインカウンターと20か所の搭乗ゲートがあり、国際線と国内線が同じゲートを共用できるようになっている。主に国内線と短距離国際線が利用している。KLIAエクスプレスの駅がある。

サテライト・ターミナルA[編集]

27か所の搭乗ゲートがある。利用客はメイン・ターミナルから、エアロトレインを利用して移動する。国際線の大型機、長距離線が利用している。商業施設のほか、トランジットホテル、航空会社ラウンジなどがある。同一規模のサテライトを建設する計画があり、用地は確保されている。

旧LCCターミナル (閉鎖)[編集]

2006年3月24日、LCCターミナル(Low Cost Carrier Terminal, 格安航空会社ターミナル)が供用開始された。既にエプロンが整備されていた貨物地区の空き区画に、当初から将来の貨物上屋への転用を想定した設計で建設されたもので、増改築を経て、30機分の駐機スポット(いずれも搭乗橋なし)を擁するに至った。KLIA2の開業により2014年5月9日をもって閉鎖された。

KLIA2[編集]

LCCターミナルの利用客が急増し、手狭となっていた2009年1月、エアアジアはサイム・ダービー社と共同でヌグリ・スンビラン州ラブに自社専用の空港「KLIA East @ Labu」を新規に建設する計画を明らかにした[1][2]。当初は運輸大臣も同意していたが、ナジブ首相の介入の結果、マレーシア政府は既存の空港用地内に新たに恒久的なLCCターミナルを2011年9月までに建設することを決定し、エアアジア側の提案は却下された。

新LCCターミナルKLIA2 は、2010年9月の着工時点では2012年の供用開始が予定されていた[3]が、設計変更、工事の遅れなどにより2014年5月2日にようやく供用が開始された[4]。エアアジアは、新施設の安全性への懸念から当面はターミナル移転を見合わせる意向であったが[5]、同年4月15日に「KLIA2」への移転に合意し、5月9日までに移転した[6]。KLIA2メイン・ターミナルビルから伸びるスカイブリッジに68箇所の搭乗ゲートがある。KLIAエクスプレスの駅やバス・タクシー乗り場、車寄せは、ターミナルと接続している商業施設gateway@klia2内にある。

就航航空会社と就航都市[編集]

国際線[編集]

メインターミナル[編集]
航空会社 就航地 
マレーシアの旗 マレーシア航空

東アジア 成田国際空港千葉県)、関西国際空港大阪府)、仁川国際空港仁川広域市)、北京首都国際空港北京市)、上海浦東国際空港上海市)、広州白雲国際空港広州市)、廈門高崎国際空港廈門市)、昆明長水国際空港昆明市)、香港国際空港香港)、台湾桃園国際空港桃園市

東南アジア南アジア ニノイ・アキノ国際空港マニラ)、スワンナプーム国際空港バンコク)、プーケット国際空港プーケット県)、チェンナイ国際空港チェンナイ)、ノイバイ国際空港ハノイ)、タンソンニャット国際空港ホーチミン市)、シンガポール・チャンギ国際空港シンガポール)、スカルノ・ハッタ国際空港ジャカルタ)、ングラ・ライ国際空港デンパサール)、ポロニア国際空港メダン)、プノンペン国際空港プノンペン)、シェムリアップ国際空港シェムリアップ)、ヤンゴン国際空港ヤンゴン)、ブルネイ国際空港バンダルスリブガワン)、インディラ・ガンディー国際空港デリー)、チャットラパティー・シヴァージー国際空港ムンバイ)、バンダラナイケ国際空港コロンボ)、ベンガルール国際空港バンガロール)、ジア国際空港ダッカ)、ラジーヴ・ガンディー国際空港ハイデラバード)、コーチン国際空港コーチ[7]フセイン・サストラネガラ空港バンドン)、マレ国際空港マレ

中東アフリカ ドバイ国際空港ドバイ[8]アタテュルク国際空港イスタンブール)、キング・ハーリド国際空港リヤド)、キング・アブドゥルアズィーズ国際空港ジェッダ

オセアニア シドニー国際空港シドニー)、メルボルン空港メルボルン)、パース空港パース)、ブリスベン空港ブリスベン)、アデレード空港アデレード)、ダーウィン国際空港ダーウィン)、オークランド国際空港オークランド

ヨーロッパ シャルル・ド・ゴール国際空港パリ)、ヒースロー空港ロンドン)、スキポール空港アムステルダム

日本の旗 全日本空輸 成田国際空港(千葉県)(2015年9月1日から就航開始予定[9]
日本の旗 日本航空 成田国際空港(千葉県)
インドネシアの旗 ガルーダ・インドネシア航空 スカルノ・ハッタ国際空港(ジャカルタ)
シンガポールの旗 シンガポール航空 シンガポール・チャンギ国際空港(シンガポール)
シンガポールの旗 シルクエアー シンガポール・チャンギ国際空港(シンガポール)
シンガポールの旗 ジェットスター・アジア航空 シンガポール・チャンギ国際空港(シンガポール)
バングラデシュの旗 ビーマン・バングラデシュ航空 シャージャラル国際空港(ダッカ)
バングラデシュの旗 GMG航空 シャージャラル国際空港(ダッカ)
バングラデシュの旗 ユナイテッド・エアウェイズ シャージャラル国際空港(ダッカ)
インドの旗 ジェットエアウェイズ チェンナイ国際空港(チェンナイ)
インドの旗 エア・インディア・エクスプレス チェンナイ国際空港(チェンナイ)、ティルッチラーッパッリ英語版
台湾の旗 エバー航空 台湾桃園国際空港(桃園市)
台湾の旗 チャイナエアライン 台湾桃園国際空港(桃園市)、高雄国際空港高雄市
アラブ首長国連邦の旗 エミレーツ航空 ドバイ国際空港(ドバイ)、メルボルン空港(メルボルン)
アラブ首長国連邦の旗 エティハド航空 アブダビ国際空港アブダビ
イランの旗 イラン航空 エマーム・ホメイニー国際空港テヘラン)、マシュハド国際空港マシュハド
イランの旗 マーハーン航空 エマーム・ホメイニー国際空港(テヘラン)、シーラーズ国際空港シーラーズ
韓国の旗 大韓航空 仁川国際空港(仁川広域市)
中華人民共和国の旗 中国国際航空 北京首都国際空港(北京市)
中華人民共和国の旗 中国南方航空 広州白雲国際空港(広州市)、福州長楽国際空港福州市
中華人民共和国の旗 中国東方航空 上海浦東国際空港(上海市)、昆明長水国際空港(昆明市)、南寧呉墟国際空港南寧市)、鄭州新鄭国際空港鄭州市
中華人民共和国の旗 厦門航空 廈門高崎国際空港廈門市)、福州長楽国際空港(福州市)
タイ王国の旗 タイ国際航空 スワンナプーム国際空港(バンコク)
タイ王国の旗 タイ・スマイル プーケット国際空港(プーケット県)
フィリピンの旗 フィリピン航空 ニノイ・アキノ国際空港(マニラ)[10]
フィリピンの旗 PAL エクスプレス ニノイ・アキノ国際空港(マニラ)
香港の旗 キャセイパシフィック航空 香港国際空港(香港)
スリランカの旗 スリランカ航空 バンダラナイケ国際空港コロンボ)、シンガポール・チャンギ国際空港(シンガポール)
ネパールの旗 ネパール航空 トリブバン国際空港カトマンズ
ブルネイの旗 ロイヤルブルネイ航空 ブルネイ国際空港バンダルスリブガワン
ミャンマーの旗 ミャンマー航空 ヤンゴン国際空港(ヤンゴン)
ベトナムの旗 ベトナム航空 ノイバイ国際空港(ハノイ)、タンソンニャット国際空港(ホーチミン市)
朝鮮民主主義人民共和国の旗 高麗航空 平壌国際空港平壌
カザフスタンの旗 エア・アスタナ アルマトイ国際空港アルマトイ
ウズベキスタンの旗 ウズベキスタン航空 タシュケント国際空港タシュケント
パキスタンの旗 パキスタン国際航空 ジンナー国際空港カラチ)、ラホール国際空港ラホール)、ペシャーワル国際空港ペシャーワル
オマーンの旗 オマーン・エア マスカット国際空港マスカット
トルコの旗 ターキッシュ・エアラインズ アタテュルク国際空港(イスタンブル)[11]
カタールの旗 カタール航空 ドーハ国際空港ドーハ
バーレーンの旗 ガルフ・エア バーレーン国際空港バーレーン
クウェートの旗 クウェート航空 クウェート国際空港クウェート)、スカルノ・ハッタ国際空港(ジャカルタ)
イエメンの旗 イエメニア サヌア国際空港サナア)、ドバイ国際空港(ドバイ)、スカルノ・ハッタ国際空港(ジャカルタ)
サウジアラビアの旗 サウディア キング・ハーリド国際空港(リヤド)、キング・アブドゥルアズィーズ国際空港(ジェッダ)、プリンス・モハンマド・ビン・アブドゥルアズィーズ国際空港マディーナ
ヨルダンの旗 ロイヤル・ヨルダン航空 クィーンアリア国際空港アンマン)、スワンナプーム国際空港(バンコク)
モーリシャスの旗 モーリシャス航空 サー・シウサガル・ラングーラム国際空港ポートルイス) 
エジプトの旗 エジプト航空 カイロ、スワンナプーム国際空港(バンコク)
フランスの旗 エールフランス シャルル・ド・ゴール国際空港(パリ)[12]
オランダの旗 KLMオランダ航空 スキポール空港(アムステルダム)、スカルノ・ハッタ国際空港(ジャカルタ)
ドイツの旗 ルフトハンザドイツ航空 フランクフルト国際空港(フランクフルト)、スカルノ・ハッタ国際空港(ジャカルタ)
ロシアの旗 トランスアエロ航空 ドモジェドヴォ空港モスクワ
KLIA2[編集]
航空会社 就航地 
マレーシアの旗 エアアジア 杭州蕭山国際空港杭州市)、深圳宝安国際空港深圳市)、桂林両江国際空港桂林市)、香港国際空港(香港)、マカオ国際空港マカオ)、クラーク国際空港クラーク)、ブルネイ国際空港(バンダルスリブガワン)、ドンムアン空港(バンコク)、プーケット国際空港(プーケット県)、チェンマイ国際空港チエンマイ県)、ハートヤイ国際空港ソンクラー県)、クラビー空港クラビー県)、ノイバイ国際空港(ハノイ)、タンソンニャット国際空港(ホーチミン市)、プノンペン国際空港(プノンペン)、シェムリアップ国際空港(シェムリアップ)、ワッタイ国際空港ビエンチャン)、スカルノ・ハッタ国際空港(ジャカルタ)、ングラ・ライ国際空港(デンパサール)、アジスチプト国際空港ジョグジャカルタ)、スルターン・アジ・ムハンマド・スレイマン空港バリクパパン)、クアラナム国際空港メダン)、ジュアンダ国際空港スラバヤ)、バンダ・アチェ英語版、、アディスマルモ国際空港スラカルタ)、ハサヌディン国際空港マカッサル)、スルタン・シャリフ・カシム2世国際空港プカンバル)、フセイン・サストラネガラ空港バンドン)、スルタン・ムハンマド・バダルディン2世国際空港パレンバン)、ミナンカバウ国際空港パダン)、ベンガルール国際空港バンガロール)、チェンナイ国際空港チェンナイ)、コーチン国際空港コーチ)、ネータージー・スバース・チャンドラ・ボース国際空港コルカタ)、ティルチラーパッリ、ヤンゴン国際空港(ヤンゴン)
マレーシアの旗 エアアジア X 成田国際空港(千葉県)、東京国際空港(東京都)、関西国際空港(大阪府)、新千歳空港北海道 2015年10月1日運航開始予定)、仁川国際空港(仁川広域市)、金海国際空港(釜山広域市)[13][14]、北京首都国際空港(北京市)、天津、上海浦東国際空港(上海市)、杭州蕭山国際空港(杭州市)、広州白雲国際空港(広州市)、成都双流国際空港成都市)、武漢天河国際空港武漢市)、台湾桃園国際空港(桃園市)、トリブバン国際空港(カトマンズ)、バンダラナイケ国際空港(コロンボ)、マレ国際空港(マレ)、キング・アブドゥルアズィーズ国際空港(ジェッダ)、メルボルン空港(メルボルン)、パース空港(パース)、ゴールドコースト空港ゴールドコースト)、アデレード空港アデレード
マレーシアの旗 マリンド・エア ドンムアン空港バンコク)、シャージャラル国際空港ダッカ[15]バタムングラ・ライ国際空港デンパサール)、スカルノ・ハッタ国際空港ジャカルタ)、アフマダーバード空港アフマダーバード)、コーチン国際空港コーチン)、インディラ・ガンディー国際空港デリー)、チャットラパティー・シヴァージー国際空港ムンバイ
タイ王国の旗 タイ・エアアジア ドンムアン空港(バンコク)
インドネシアの旗 インドネシア・エアアジア スカルノ・ハッタ国際空港(ジャカルタ)、ングラ・ライ国際空港(デンパサール)、フセイン・サストラネガラ空港(バンドン)、クアラナム国際空港(メダン)、ジュアンダ国際空港(スラバヤ)
インドネシアの旗 ライオン・エア スカルノ・ハッタ国際空港(ジャカルタ)、フセイン・サストラネガラ空港(バンドン)[16]
フィリピンの旗 エアアジア・ゼスト ニノイ・アキノ国際空港(マニラ)[17]
フィリピンの旗 セブパシフィック航空 ニノイ・アキノ国際空港(マニラ)、マクタン・セブ国際空港セブ
シンガポールの旗 タイガーエア シンガポール・チャンギ国際空港(シンガポール)

国内線[編集]

メインターミナル[編集]
航空会社 就航地 
マレーシアの旗 マレーシア航空 スルタン・アブドゥ・ハリム空港英語版アロースター)、ビントゥル空港ビントゥル)、スナイ国際空港ジョホール・バル)、コタバル英語版コタキナバル国際空港コタキナバル)、クアンタン英語版クアラトレンガヌ英語版クチン国際空港クチン)、ラブアン空港ラブアン)、ランカウイ国際空港ランカウイ)、ペナン国際空港ペナン)、ミリ空港ミリ)、サンダカン空港サンダカン)、タワウ空港タワウ
KLIA2[編集]
航空会社 就航地 
マレーシアの旗 エアアジア スルタン・アブドゥ・ハリム空港(アロースター)、ビントゥル空港(ビントゥル)、スナイ国際空港(ジョホールバル)、コタバル、コタキナバル国際空港(コタキナバル)、クアラトレンガヌ、クチン国際空港(クチン)、ラブアン空港(ラブアン)、ランカウイ国際空港(ランカウイ)、ミリ空港(ミリ)、ペナン国際空港(ペナン)、サンダカン空港(サンダカン)、シブ空港シブ)、タワウ空港(タワウ)
マレーシアの旗 マリンド・エア コタキナバル国際空港(コタキナバル)、クチン国際空港(クチン)、ランカウイ国際空港(ランカウイ)、ペナン国際空港(ペナン)[18]、シブ空港(シブ)、ミリ空港(ミリ)、タワウ空港(タワウ)[19]

就航地一覧[編集]

マレーシアの旗 マレーシア国内
東アジア
東南アジア
中央アジア
南アジア
西アジア・中東
ヨーロッパ
太平洋・オセアニア
アフリカ
過去に就航していた都市

新交通システム[編集]

メイン・ターミナルとサテライト間には、完全自動化された無人運転の新交通システムエアロトレイン」が運行されている。両ターミナル間の移動にはエアロトレインを利用する必要がある。

市内へのアクセス[編集]

鉄道[編集]

空港連絡鉄道KLIAエクスプレスKLIAトランジットが、各ターミナルビルからKLセントラル駅までの間をノンストップで最短28分間で結んでいる。

バス[編集]

タクシー[編集]

セダン型のタクシーだけではなく、ベンツを使ったラグジュアリータイプ、ワゴンミニバンのタクシーも用意されている。出口付近にある Taxi Fare Coupon 発券所でクーポン券(行先のゾーンにより決められた定額運賃券)を発券してもらうと安心である。セダン型のタクシーでクアラルンプール市内まで、RM100程度(人数・荷物数でも多少変わる)、その他のタイプはRM200程度から。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 格安航空エア・アジア、自社専用空港建設へ 日経新聞
  2. ^ KLIA-East エアアジア公式サイト
  3. ^ 新格安航空ターミナル起工、完成は2012年4月 マレーシアナビ!
  4. ^ “新・格安航空ターミナル、2日にオープン”. マレーシア ナビ!. (2014年5月4日). http://www.malaysia-navi.jp/news/?mode=d&i=3173 2014年5月6日閲覧。 
  5. ^ エアアジア、ターミナル移転見合わせ 日本経済新聞 2014年4月4日
  6. ^ KLIA2 - AirAsia
  7. ^ マレーシア航空、クアラルンプール/コーチ線に就航 FlyTeam 2013年9月4日付
  8. ^ マレーシア航空、8月からクアラルンプール/ドバイ線の運航を再開
  9. ^ 2015年度 ANAグループ航空輸送事業計画を策定 成田=クアラルンプール線を新規開設
  10. ^ フィリピン航空、マニラ/クアラルンプール線を再開
  11. ^ トルコ航空、イスタンブール/クアラルンプール線に新規就航へ
  12. ^ エールフランス、パリ/クアラルンプール線に就航
  13. ^ エアアジア・エックス、7月からクアラルンプール/釜山線に就航
  14. ^ エアアジアX、KL〜韓国・釜山線を就航[運輸] NNA.ASIA 2013年7月17日
  15. ^ マレーシアLCCのマリンド・エア、クアラルンプール/ダッカ線に就航 FlyTeam 2013年9月7日
  16. ^ ライオン・エア、バンドン/クアラルンプール線に就航 FlyTeam 2013年9月1日付
  17. ^ フィリピンLCCのゼスト・エアウェイズ、マニラ発着の3路線を就航
  18. ^ マリンド・エア、クアラルンプール発着でランカウィ、ペナン線に就航 FlyTeam 2013年9月28日付
  19. ^ マレーシアLCCのマリンド・エア、ボルネオ島行き3路線を開設へ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]