サンダカン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サンダカン
Sandakan
山打根
Sandakan.jpg
Sandakan Emblem.png
愛称 : The City of Nature/Little Hong Kong
位置
の位置図
座標 : 北緯5度50分00秒 東経118度07分00秒 / 北緯5.83333度 東経118.11667度 / 5.83333; 118.11667
行政
マレーシアの旗 マレーシア
  サバ州の旗 サバ州
  サンダカン
地理
面積  
   2,266km2(875mi2
人口
人口 (2009年現在)
   479,121人
    人口密度   184人/km2
その他
等時帯 マレーシア標準時 (MST) (UTC+8
Poscode 90xxx
市外局番 089
ナンバープレート QM
公式ウェブサイト : www.mps.sabah.gov.my

サンダカン(Sandakan)はマレーシアサバ州にある都市で、州都コタキナバルに次ぐ第二の商業都市である。中国語には山打根と表す。

周囲にはマングローブ林やオランウータンの保護区が存在する。サンダカンには当時娼館の女将が造った日本人墓地があり、明治から大正にかけて生活のために身を売られてきた海外売春婦(からゆきさん)が葬られている。

歴史[編集]

1883年、イギリス領北ボルネオの首都がクダッからサンダカンに移された。 1930年代には、木材の輸出量が年間180,000m3となり、南洋材の世界最大の輸出港となった。

第二次世界大戦中は、日本軍の占領下にあったが、連合国軍の激しい空爆を受け、歴史的建造物などはほとんど破壊されてしまった。また、空港建設に使役させていたオーストラリア・イギリス兵捕虜を収容したサンダカン捕虜収容所があり、2500人の捕虜を虐待・死に追いやったサンダカン死の行進が起きた。戦後、宗主国イギリスに代わり、1946年にジェセルトン(Jesselton)(現在のコタキナバル)へ首都が移されるまで、イギリス領北ボルネオの中心地として、その後も南洋材の積み出し港として栄えた。また1963年に、サラワク州シンガポールと一緒にマレーシア(当時はマラヤ連邦)に加わった。

交通[編集]

サンダカンを舞台とした作品[編集]