娼婦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

娼婦(しょうふ、: Prostitute)は、性的サービスを提供することによって金銭を得る女性を指す。同義語は「売春婦」「売笑婦」。害意を含んだ呼称に「淫売婦」「醜業婦」など多数ある。古くは「遊女」。また街角で客待ちをする娼婦を「街娼」(俗に「たちんぼ」)という。

歴史[編集]

売春婦は、一説には人類史上最古の職業といわれている。古代世界では神の恩寵を性交を通して与える者「神聖娼婦」として聖職と捉えられることがあった。

また、世界各国の軍隊では兵士の強姦事件や性病機密漏洩の防止のために売春婦を多数雇い入れる例がある。

娼婦になる理由[編集]

以前は、借金や経済的事情などの事情により、強制されて売春業に就く例があった。例えば江戸時代のには、貧乏人の子女が売られていったと言われる。

現在の日本では、娼婦になる理由は単純なものではなくなっている。たとえば少女売春に関する著作では、性に関する興味関心からという例のほかに、ホストクラブにはまりその金を捻出するため、ドラッグにはまりそれを売る側の指示で、など様々な理由が挙げられている[1]

日本における娼婦[編集]

近世[編集]

江戸時代の娼婦には大きく三通りがある。遊郭などの店で客を取った者、飲食店や旅館などで個人的な建前の元で客を取った者、個人的な街娼である。

当時は近代的な性病の検査が不可能であったため、性病の罹患率が高かったと見られている。

近代[編集]

明治維新以降、吉原遊郭などの日本の売春システムが欧米人の目にさらされとりわけ宣教師たちの批判にさらされたので、体裁を整えるために明治政府は芸娼妓解放令を発布した。また、娼婦や売春宿の隔離、囲い込みなどが成されたほか、新聞などで娼婦が「醜業婦」、「闇の女」などの別称で呼ばれる例が見られる様になる[2]

近代的な検査が可能になり、公娼制度の下で性病検査が行われるようになった。国際的に見て、アジアなどの広域で各国娼婦が活動する(または売買される)ようになったのは、これが大きいとも言われる。また公娼制度の下での性病検査の存在は、公娼廃止運動に対する反対根拠ともなっている。

第二次大戦後[編集]

米軍占領下において、1945年には米兵の慰安、及び一般日本人女性に対する肉の防波堤として特殊慰安設備協会 (RAA) が設立。労働は客によって過酷であったが極端に困窮していた国情もあり、戦争未亡人の助けともなった[3]。しかし短期間で終了し、その後1956年には売春防止法が制定され、日本において街に佇む娼婦は、存在自体が違法とされるものとなった。

平成時代[編集]

現在の日本においては、「ソープランド」と呼ばれる特殊な売春施設における売春行為(「風俗嬢」)の他、アダルトビデオへの出演を行い自らの性行為を露出し報酬を稼ぐ(「AV女優」)、アダルトチャットに出演して自らの裸を露出しオナニーしたり男性との性行為を見せて報酬を稼ぐ(「チャットレディ」)など、複数の就業方法がある。また、いわゆる援助交際が新たな売春の形として問題となっている。

著名な娼婦[編集]

各作品における娼婦[編集]

出典[編集]

  1. ^ 大治(1998)
  2. ^ 『性欲の文化史』p.25 - 、p.128 -、『うるま新報』1946年2月20日「闇の女の増加に文相頭痛」(醜業婦との記述もあり)、『戦後性風俗大系』p.12 -
  3. ^ 『戦後性風俗大系』 p.12 -

参考文献[編集]

  • 大治朋子、『少女売春供述調書』、(1998)、リヨン社、ISBN4-576-98046-7
  • 広岡敬一 『戦後性風俗大系 わが女神たち』朝日出版社 2000年4月 文庫版:新潮社 2007年
  • 井上章一 編 『性欲の文化史』p.13「遊郭の形成と近代日本 囲い込みと取締り」、p.127「女装男娼のテクニックとセクシュアリティ」講談社 2008年10月

関連項目[編集]