チャットレディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

チャットレディとは、ライブチャットにおいて、リアルタイムで動画・画像・音声・テキストなどを用いて、男性とコミュニケーションを行う女性。ライブチャットのサービス提供者によっては、チャットガール、チャットウーマン、チャットモデル、パフォーマー、キャストとも呼ばれている。略して、チャトレ、モデル等とも言われる。インターネットやPC、スマートフォンといったITを活用したサービスである。

概要[編集]

概説[編集]

チャットレディは、パソコンのWEBカメラやスマートフォンのカメラを通じて、男性ユーザーとのリアルタイムなコミュニケーションを主体とするサービスを提供する都合上、予定調和のサービスや演出を実現するのがほぼ不可能でAV女優などと比べ演技力高く要求されることは無い。ただし予想しないユーザーからの発言が発生する都合上、応用力や会話力というものは高く求められる傾向にある。
出演する女性によっても元々会話力や応用力が身についているチャットレディもいれば、しっかり自身のキャラクターを作って出演しないと対応できない女性も存在する。例えば2012年から2017年まで年間DMMライブチャットアワードを獲得したみぃ子はチャットレディのサービスについて「プライベートでは見せられない秘密の自分を出せる心地の良い場所」と述べており、演技を一切していないということを匂わせる発言をしている。

仕事について[編集]

応募から登録について[編集]

チャットレディの仕事を始めるには、ライブチャットサイトや代理店(プロダクション)の求人募集ページなどから応募をする必要があり、サービス提供者となるライブチャットサイトと直接契約をするか代理店を通して業務請負契約をする必要がある。
またチャットレディには代理店に直接来店して面接・仕事を行う「通勤チャットレディ」と、インターネット上だけで登録のやり取りをしご自宅でお仕事をする「在宅チャットレディ」の方法がある。昨今はテレワークや副業のニーズが拡大しており在宅チャットレディとしてお仕事される女性が急増している。
また過去には、チャットレディをするにはPC環境が整っていなければ仕事が出来なかったが、最近はスマートフォンでもお仕事できる環境が各ライブチャットサイトでも整ってきている為、以前に比べてチャットレディ職種に対してのハードルは低くなっており仕事がしやすく人気となっている。
日本国内の大手代理店としては株式会社エムジーが運営するポケットワーク[1]や、アスタリスク[2]などが挙げられる。

チャットサイト[編集]

アダルト系

  FANZA [3](旧DMMライブチャット)    エンジェルライブ[4]   ライブチャットジュエル[5] 

人妻系

  マダムライブ[6]   チャットピア[7]  

ノンアダルト系

  ライブでゴーゴー[8]

チャットレディの仕事場[編集]

チャットレディは、自宅でパソコンやスマホでお仕事する方法と、代理店(プロダクション)が用意しているチャットルームでお仕事する方法がある。前者の自宅で行う方法だと在宅チャットレディとしての仕事になるが、仕事をする上で必要なパソコンやスマホ・PC用のWEBカメラなどを揃える必要があり、後者であれば通勤チャットレディとして代理店のチャットルームを利用できるので、チャットレディとして仕事をする上でパソコン等などの必要な備品の準備は特に必要ない。
チャットのアルバイト暴露掲示板が、チャットレディ30人に家族バレ対策として"何の仕事をしていますか?"とアンケート[9]をとったところ、コールセンターや在宅テレアポがトップで全体の30%以上、続いてネットでの相談業務という回答を得ているようだ。
また後者のチャットルームで仕事を行う方法は、先に記載の通り仕事環境が整っているのでリスクがないうえ、チャットレディ初心者で収入が上がらないときには、代理店のスタッフが直接アドバイスを行ってくれるため、一人で稼げるようになるまでの期間は後者の通勤チャットレディとしてお仕事した方が収入面も含めてメリットが大きい。
国内最大手グループのポケットワーク[10]は、全国8拠点に440部屋のチャットルームを完備しており、女性スタッフが中心となりサポートしていることで人気を博している。
※2019年11月現在 スマートフォンなどのアプリを使ったライブチャットも数多く存在している。

ライブチャットの方法[編集]

2000年代前後ではネット回線が遅かったため、テキストチャットで会話が行われていた。その後しばらくは、WEBカメラを用いても、音声はマイクを使用せずにテキストチャットで行うなどする場合もあった。
しかし、2000年代中頃になりブロードバンド回線が普及してからは、WEBカメラによる動画によるコミュニケーションが主体となっている。もちろん、キーボードを使ったテキストチャットも併用することが可能である。

ジャンルと報酬[編集]

ライブチャットは、非アダルトチャット(ノンアダルトチャット)と、アダルトチャットに分かれており、後者のほうが報酬が高額に設定されている。非アダルトでも、容姿と話の上手さ次第になるが時給1000〜5000円程度は稼ぐことが可能であり、アルバイトとしては高額な部類に入る。
2000年代前半の全盛期には、月100万円以上を稼ぐチャットレディーが数多く存在したが、ユーザーが増えた今では月50万円以上稼ぐチャットレディーは少なくなっている。しかし、風俗などと比べても、直接的に身体を売るなどの大きなリスクもなく、自宅で高額の報酬が得られるチャットレディーという仕事は、魅力的と考える女性が少なくない。
2019年11月現在 ノンアダルトでの報酬はトップクラスで月50万円くらいから月100万円くらいまで アダルトでの報酬のトップクラスは月100万円~300万円くらい アダルトの顔出しNGで月50万円くらいからとなっている。
ただ稼げない人は月3000円などというケースもあり、テクニック等が分かっていないと、稼げない部類の仕事になっている。
チャットレディサイトでは実質の時給計算で紹介されているが、よりくわしく理解しようと思えば1分当たりの給料という考え方を理解するとよい。
たとえばノンアダルトサイトであれば、お客さんと1対1で会話するため、2ショットが選ばれるケースが多く、このばあい時給で4000円前後がマックスとなっている。
アダルトサイトの場合、のぞき客(会話に参加せず様子を見る人)やパーティショット(みんなでわいわいする)というスタイルがメインになってきて、一度お客さんが入ると、次々のぞき客が入るという連鎖が始まる。
このとき、パーティショットの分給×人数となり、こうなると時給は1万円を軽く超え、多い人で10万円以上稼ぎ出すこともある。
アダルトチャットサイトに現役や元AV女優などが出演するイベントなどもあるが、こういうときは、1時間で数十万円~数百万円単位の稼ぎになると言われている。

チャットレディがテーマの作品[編集]

チャットゾーン(ニューステージグループ[11]、2017年)
SNSから始まる恋愛をテーマにAKB48鈴木まりやが主演したラブコメディ映画。監督は今野恭成
チャットレディのキセキ[12]パル企画、2018年)
ソロアイドルとして活躍する吉川友の主演で、ライブチャットを題材に描いた純愛ファンタジー。監督は川口浩史

脚注[編集]

[脚注の使い方]

註釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ ポケットワーク|高収入・日払いチャットレディ求人” (日本語). pokewaku.jp. 2021年5月31日閲覧。
  2. ^ アスタリスク|アスタリスク” (日本語). asterisk.network. 2021年5月31日閲覧。
  3. ^ FANZA 日本最大級のアダルトポータル (旧DMM.R18)”. www.dmm.co.jp. 2019年11月23日閲覧。
  4. ^ ライブチャットエンジェルライブ|無料でアダルトチャット体験し放題”. www.angel-live.com. 2019年11月23日閲覧。
  5. ^ ライブチャットジュエルライブ|100円で始められるアダルトライブチャット”. www.j-live.tv. 2019年11月23日閲覧。
  6. ^ ライブチャットマダムライブ|熟女・人妻専門のライブチャット” (日本語). www.madamlive.tv. 2019年11月23日閲覧。
  7. ^ “[url=https://www.chatpia.jp/ チャットピア|熟女・人妻専門のライブチャット]” (日本語). www.chatpia.jp/. 2019年11月23日閲覧。
  8. ^ ライブチャットライブでゴーゴー | ノンアダルトライブチャット - ライブでゴーゴー”. livede55.com. 2019年11月23日閲覧。
  9. ^ チャットレディは危ないけど身バレ・顔バレを防いだら意外と安全!” (日本語). チャットのアルバイト暴露掲示板 (2019年11月2日). 2019年11月23日閲覧。
  10. ^ チャットレディ求人ポケットワーク” (日本語). pokewaku.jp/wiki. 2021年5月31日閲覧。
  11. ^ チャットレディ求人ならニューステージグループ”. チャットレディ求人ならニューステージグループ. 2020年6月9日閲覧。
  12. ^ 映画「チャットレディのキセキ」公式サイト” (日本語). chatladynokiseki. 2020年6月9日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]