夢精

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

夢精(むせい)とは、男性睡眠中に射精に至る現象を言う。一般的には思春期に多く見られる。

概要[編集]

男性が睡眠中に射精に至る現象。官能的な内容の夢(性夢)を見て性的に興奮する場合が多いとされ、中世ヨーロッパでは夢魔(淫魔)という悪魔のしわざであると考えられていたこともあるが、夢を見なかったり、性的な内容の夢ではない場合もある。

無意識に布団や毛布、抱き枕などにペニスを擦りつけたり、自慰を既に習得している場合には無意識にペニスをしごいたりして、睡眠状態で自慰を行っていることもあるが、睡眠状態にあれば夢精と認められる。

夢精を迎えた瞬間に睡眠が中断し、引き続き射精の律動を自覚する事が多いが、眠りが深い場合には下着の汚れに気づくまで夢精したことを実感できない場合もある。

一般的には思春期に多いとされるが成人しても夢精をしなくなるわけではなく、反面、一生を通して夢精をしない者はまったくしない。

原因[編集]

射精を司る精管膨大部の働きは、覚醒中には交感神経の働きによって抑制されているが、睡眠中は副交感神経が優位となることで抑制作用が弱まり[1]、覚醒中よりも弱い刺激で射精に至ることが知られている。これに加え、以下の2つの原因が重なることで夢精に至る。

精液の過剰ストックによるもの[編集]

精液は日々絶え間なく産生されており、精嚢への精液のストックはおよそ3日で一杯となる。蓄積過剰となった古い精液のうち、たんぱく質として体内に吸収されなかった精液が、新しい精液に押し出されて溢れ出る生理的機序によって夢精が起こる。

この場合、射精反射がまず先に起こり、これに伴って脳内で即座に性的な事柄が連想されることで性夢となるが、性夢は射精によって後付けで連想したものであり、夢精の成立にとって必須のものではない[1]

活発に精液を産生する反面、古い精液を吸収する機能の未発達な思春期の前期(11歳~14歳頃)、とりわけまだ自慰を知らなかったり、自慰が習慣化していない思春期の始めあたりの男児に多く、夢精によって精通を迎える者も多いが、年齢を重ねてもまったく夢精しなくなるわけではなく、性欲が衰え自慰を行う頻度の減った中高年男性も、不意に夢精してしまう場合がある。

蓄積限界による生理的な夢精は若い頃でもせいぜい2〜3週間に一度起こる程度であるとされる[1]が個人差が大きく、自慰をするしないに関係なく、しない者はまったくしない場合がある。性的快感を伴わず尿とともに自然に排出される場合があることも知られている。

睡眠中の性刺激によるもの[編集]

睡眠中に性器に手が触れたり、布団によって擦れたり、寝返りをうって自身の体重によって圧迫されるなど、偶発的な刺激が加わることにより先に脳内で性夢が形成され、物理刺激と夢による興奮、時には無意識下での自慰による直接的な性刺激が射精を誘発するものである[1]

この場合、過剰ストックによるものとは異なり、頻回に夢精をすることがある。頻度が多い場合は、日常の性刺激が多すぎたり、就寝環境に問題がある場合もあり[1]、就寝前に自慰をしていても夢精してしまうことがある。

処置[編集]

精液のシミの付いた下着。12歳7ヶ月(身長146cm、体重42kg、タナー段階2(陰茎/精巣)、1(陰毛))の男児の夢精によるもの。腰ゴム付近の射精痕とは別に、弛緩後の陰茎から滲み出て付いた精液のシミが確認できる。

睡眠中に射精するため、下着や寝具に精液が付着することになる。射精する際には通常勃起を伴っており、陰茎は通常よりも長くなっているので、下着に付着する場合も普段尿のシミが付く場所よりも上(腹側)に精液によるシミができる。このシミは既に乾燥している場合には糊のように下着の繊維をゴワつかせているが、洗濯などで水に濡らすことで再び粘り気をもつ。水洗いによって比較的簡単に落とすことができる。

黒や紺など濃い色の下着に付着した場合は特有の白いシミとして目立ち、白い下着に付着した場合は目視では尿ジミと区別の難しい薄い黄色に、淡い色やグレーの下着に付着した場合は比較的目立たない。

穿き込みの浅いビキニタイプのブリーフや、股ぐりの大きく開いたトランクス、或いは生地の薄い下着を着用していた場合は、ペニスが下着から出てしまったり下着が精液を吸収しきれない等によって、寝間着や寝具を汚す場合もある。

精液の付着した下着や寝具は、水で下洗いをしてから洗濯することで、他の衣類への精液の付着を避けることができる。

夢精の快感と性のめざめ[編集]

過剰ストックによる夢精は、性的な事柄への興味関心の有無に関係なく生理現象として起こりえるが、ある日突如として経験する強烈な性的快感は、好奇心から始める自慰と並んで、思春期の男子が性交渉による体液交換プロセスへの理解に目覚めるきっかけとなる場合がある。

幼少期における睡眠中のオーガズム[編集]

精通を迎える前の幼少期でも睡眠中のオーガズムによって睡眠が中断する、いわゆる夢精と酷似した刺激に遭遇する事がある。これは男女ともに幼少期からみられるものであり、再び睡眠に戻る場合と、手や指の刺激によって快感を得る自慰を習得する場合があり、幼児期の自慰の発端になる場合がある。故に夢精は、あくまでも肉体的発育のプロセスにすぎず、性的発育の起点と位置づけるのは早計である。

夢精と性教育[編集]

夢精をすること自体には何ら害はないが、適切な知識をもたない少年の中には、病気ではないかと悩んだり、汚染した下着や寝具の処置に当惑したり、誤った罪悪感などから自己嫌悪に陥ったりする場合がある[1]。女子では初潮を迎える頃に月経の知識が必要であるように、男子に対しても夢精や遺精、自慰について、思春期を迎える頃には正しい知識を持たせておくことが必要である。

夢精の予防[編集]

夢精によって下着を汚すことを厭う場合は以下の方法である程度予防することができると言われている。

過剰ストックの防止[編集]

  • 定期的に自慰を行って精液を放出する[1]

性刺激の低減[編集]

  • 肌触りの柔らかい衣類を選ぶなど、性器面への刺激の少ない下着や寝具を使用する[1]
  • 日常生活において過剰な性的刺激を避ける[1]
  • 両手を寝具の外に出して寝るなどし、性器への無意識の手指の接触を避ける[1]

夢精法[編集]

夢精は睡眠による副交感神経優位によって抑制作用の減退した状態で射精するため、自慰による射精よりも性的快感が強いとされる。

そのため、夢精経験者が夢精の快感を再び求めたり、夢精経験のない者が自慰よりもより強い快感を希求するなどして、夢精するために長期間の禁欲をする等の事例がネット上に散見される。

しかし上述したように、古くなった精子は体内に吸収する働きや尿とともに排出する仕組みがあることが知られているほか、長期間の禁欲に堪えられず自慰をしてしまうなど、自ら望んで夢精することには困難を伴う。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 謝国権 『性生活の知恵』、226頁。

関連項目[編集]