手マン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

手マン(てマン)とは、手指を使った女性器への愛撫を指す俗称。と、女性器を意味するまんこ合成語指マンとも。

概要[編集]

女性が性的快感を得る目的で、女性自身または他者の手(指)によって行われる女性器への愛撫行為のことを呼ぶ俗語。関西圏では手めこという呼び方もある。

手マンの中でも、指を膣に挿入することを特に「指マン」と呼ぶ場合がある。手マンも指マンも、それを行う性別に関わらず、また女性が自分自身で行う場合(自慰、オナニー)にも共通して使用される言葉である。

手マンを行うことで膣分泌液が吹き出す潮吹きに至ることもある。

手マンの方法[編集]

摩擦による痛みを与えないため、手マンを行う直前の時点で、愛液やローション等の潤滑液によって女性器が潤っている必要がある。手マンを行う側の指も潤っているのが望ましい。

一般的な触り方としては、まず大陰唇および小陰唇を撫でるように刺激し、次いでクリトリスへの刺激、膣内が充分に愛液で潤ったのちに指の挿入へと展開する。

膣内への指の挿入は基本的に一本の指で行い、差し入れる深さは女性の反応や感想に従って徐々に深くする。膣内へ挿入される異物によって女性が感じる痛みは、その太さ・挿れられる深さ・動きの速さ等が原因となり得るため、最初から複数の指を挿れようとしたり、いきなり深い部分まで入れようとするのは厳禁である。そもそもこうした指の挿入に限らず、愛撫の力加減の調整は、触られている側の感覚に従うべきである。

膣内へ入れた指は抜き差しせず、指の腹を膣壁へ押し込むように圧迫するのが良いとされる。これも触られる側の反応と感想に従って調整するのが望ましい。

衛生面[編集]

手マンに使う指の爪が長いことや、爪周辺のささくれは、膣内を傷つける原因となり得る。また、肛門を愛撫した指で触れる等、雑菌が多く存在する部位に触れた手指で手マンを行うことも避けるべきである。

関連項目[編集]