手マン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
指マン

手マン(てマン)とは、手指を使った女性器への愛撫を指す俗称。と、女性器を意味するまんこ合成語指マンとも。

概要[編集]

女性が性的快感を得る目的で、他者の手(指)によって行われる女性器への愛撫行為のことを呼ぶ俗語。陰裂陰核を擦る、に指を入れて動かすなどの方法がある。主にセックスの際の前戯としてよく行われる。また、女性が自身の指を使って行う自慰(オナニー)も含まれる。

男性が相手の様子を観察しながら徐々に快感を高めていった場合、手マンにより膣分泌液が吹き出す潮吹きに至ることもある。

手マンの中でも、指を膣に挿入することを特に「指マン」と呼ぶ場合がある。手マンも指マンも、男性が女性に行う場合、女性が女性に行う場合、自分で行う場合(自慰、オナニー)になど使用される言葉である。

男性が脱がないCMNF状態でも、手マン・指マンによって、お互い性的満足を得られることができる。手マン自体は、女性に妊娠させるという心配はない。普通の恋人同士や夫婦、ファッションヘルス等の性風俗店でよく行われる。

挿入する指の爪を、適正に最も短く切りヤスリをかけておく必要がある。また、雑菌が多く存在する肛門を触れた手や指を膣に挿入することは、衛生上非常に悪い。

関西では手めことも言う。

関連項目[編集]