経口避妊薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピルの一例

経口避妊薬(けいこうひにんやく Combined oral contraceptive pill (COCP) )は、主に避妊に用いられる女性ホルモン剤である。日本では一般的にピル[1]と呼ばれる。

概要[編集]

ピルは1960年代にアメリカで開発され、広く普及した[2]。世界で1億人の女性が使用するとされるが、国によって使用状況が大きく異なる。アメリカでは1200万人の女性が使用し[3]、イギリスでは16-49歳の女性の1/3が内服している[4][5]

女性の生殖機能を司る卵胞ホルモン黄体ホルモンの2つが含まれ、これにより排卵を抑制する。避妊の機序は、

  1. 排卵の抑制
  2. 子宮頚管粘液の性状の変化(精子の子宮内侵入を抑制)
  3. 子宮内膜の変化(受精卵の着床抑制)

である。正しく服用した場合、妊娠の確率は避妊手術や子宮内避妊器具 (IUD) 装着と同じレベルの避妊効果が期待できる。パール指数(パールインデックス)は経口避妊薬で0.3%、避妊手術で0.1%–0.5%、薬剤添加IUDで0.1%–0.6%である[6]

避妊以外にも、生理周期の変更や月経困難症(生理に伴う重い症状や大量の月経血)の緩和、子宮内膜症の治療などに使われる。かつては高用量ピル・中用量ピルが用いられていたが、副作用のリスクの低減を目的として低用量ピル、超低用量ピルなどが開発され、海外では主流となっている。日本では以前から治療目的の中用量ピルが認可されており、1998年に避妊目的の低用量ピルが認可され、2010年に月経困難症の治療薬として超低用量ピルが認可された。避妊用としては低用量ピルが主流になっている。黄体ホルモンのみを含むピルはミニピルと呼ばれ、授乳中など卵胞ホルモンが禁忌である場合に処方されるが、日本では未認可である。

副作用[編集]

副作用がありうるので、医師の指導のもとに服用することが望ましい。副作用としては、体重の増加(肥満)、偏頭痛吐き気嘔吐、イライラ、性欲減退、むくみ膣炎などがあげられる。このほか稀な例ではあるが、肝機能障害、長期服用による発癌性などの可能性が指摘されている。子宮筋腫糖尿病を悪化させる可能性があるとも言われている[7]

主要な副作用としては血栓症が挙げられる。ピルは血栓が起こるリスクを3-5倍引き上げるとされ、英国で10年間に104人が血栓症で死亡したと公表されてされており、スウェーデンニュージーランドでも集団訴訟が起されている。

日本ではバイエル薬品の超低用量ピル「ヤーズ」により、2013年6月に服用した20歳代の女性が頭蓋内静脈洞血栓症で死亡した。その女性は、婦人科で月経困難症の診断で超低用量ピル「ヤーズ」を毎日1錠内服するように処方された。2日目に頭痛が起こり、6日目には頭痛、吐き気、 動悸など体調不良がひどくなったため内科受診し、吐き気止めと胃腸薬を処方された。9日目に頭痛・嘔気・ 食欲不振が続くため、内科受診し精神安定剤を処方された。当初の婦人科も受診した所、ヤーズ内服中止( 総内服量7錠で中止)と脳外科受診を勧められた。嘔吐、歩行困難もあったが検査予約して帰宅。10日目体動困難となる 。11日目の朝ベッドの上で失禁状態で発見され、病院へ搬送された。意識レベル低下し痙攣もあり、 CT所見より脳静脈洞血栓と診断された。抗凝固剤のヘパリン治療開始。12日目に呼吸不全となり気管挿管施行。 13日目に死亡した[8]。その後2人目の死亡者が発生した。10代後半の女性であり、投与開始から526日目に肺動脈塞栓症で死亡したと推定されている。 ヤーズは月経困難症と子宮内膜症の治療のために、ロキソプロフェンとレバミピドとともに処方された。 初回投与から526日後に、患者が外出して下宿に帰宅した後に連絡が途絶え、 その3日後に下宿内で死亡しているのが発見された。解剖の結果、肺動脈の本幹に血栓があり、 肺動脈塞栓症が死因と確定。初回投与の499日後に2シート(56錠)を最終処方しており、36錠残っていた[9]医薬品医療機器総合機構(PMDA)は処方時には患者に血栓塞栓症のリスクについて説明するとともに、新たに作成した「患者携帯カード」 を渡すよう求める文書を掲載した。2013年10月には、日本産婦人科医会が女性ホルモン剤使用中患者の血栓症に対する注意喚起を行った。また、1例目の死者が出た時点で、87人が副作用で血栓塞栓症になったと報告された。

発癌性に関しては、国際がん研究機関によるIARC発がん性リスク一覧で、「経口避妊薬の常用」に関して「Group1 ヒトに対する発癌性が認められる」と評価されている。

また、喫煙を伴うと心臓・循環器系への副作用が高まるため、ピルを服用するなら喫煙をしないことが望ましい。

避妊目的以外の利用[編集]

生理周期の安定、生理痛の軽減、経血量の減少など、月経に関する症状の治療目的で使用される。また、子宮内膜症の予防・病巣進行の停止、子宮体がん、卵巣癌のリスク軽減なども期待できる。抗アンドロゲン(男性ホルモン)作用を利用したニキビ治療[10]毛が薄くなる[11]効果も確認されている。

モーニングアフターピル[編集]

モーニングアフターピルは避妊措置に失敗したまたは避妊措置を講じなかった性行為後に緊急的に用いるものであり、通常の経口避妊薬のように計画的に妊娠を回避するものではない。従来日本では「医師の判断と責任」によって緊急避妊法としてホルモン配合剤あるいは銅付加子宮内避妊具が利用されてきたが、日本国内でも緊急避妊薬ノルレボ®が2011年2月23日付で承認された。 ノルレボ®はレボノルゲストレル(LNG)0.75mg錠で、性交後72時間以内に(できる限り速やかに)確実に2錠服用する。 ノルレボ®による作用機序は十分には解明されていないが、その効果は主に着床の阻害よりも排卵の抑制あるいは排卵の遅延によるものと考えられている。卵胞期(排卵前)に使用することによって排卵過程を妨げることが明らかにされている。LHサージ前(卵胞サイズ15㎜未満)に緊急避妊薬の投与がされると、約80%の女性でその後5日以内の排卵が阻害されるか、あるいは排卵障害(LHサージの消失、もしくは卵胞破裂後にLHサージが現れる)が起こる。したがって緊急避妊薬を排卵前に投与することによって、その後5~7日間排卵が抑制され、その期間に女性の性器内に進入しているすべての精子が受精能力を失うことになる。また排卵後の服用であった場合黄体期のLH濃度の低下と黄体期の短縮での避妊効果を発揮する根拠となる。[12]

なお「受精卵の着床よりも先に子宮内膜を剥がして生理様の出血を起こし、妊娠成立を阻止する」ために性行為後に服用するホルモン剤のこと/モーニングアフターピルは体内ホルモン濃度の急上昇急降下による落差で消退性出血を導く方法でありいう説明をするサイトもあるが、ノルレボの添付文書においては

【薬効薬理】本剤の子宮内膜に及ぼす作用,脱落膜腫形成に及ぼす作用,受精卵着床に及ぼす作用,子宮頸機能に及ぼす作用及び排卵・受精に及ぼす作用に関する各種非臨床試験を行った結果,本剤は主として排卵抑制作用により避妊効果を示すことが示唆され,その他に受精阻害作用及び受精卵着床阻害作用も関与する可能性が考えられた.

あすか製薬、ノルレボ添付文書

という説明になっている。 またYuzpe法(後述)の作用機序についても

1.血中LHピークの前に投与した場合/血中LHピークの低下や遅延により,無排卵,遅延排卵,または黄体期の短縮を起こす.
2.血中LHピークの後に投与した場合/血中プロゲステロン濃度の低下や子宮内膜の発育異常などの黄体機能不全を起こす.

南山堂、Pill 経口避妊法のすべて

との文献が1989年時点である。

緊急避妊法として日本で最も一般的に行われてきた方法が、1970年代に発表されたYuzpe(ヤッペ)法である。この方法は性交後72時間以内に50μgのエチニルエストラジオール(EE)と0.5μgのdl‐ノルゲストレル(NGR)を含有する「いわゆる」中用量ピルを2錠、さらにその12時間後に2錠を服用するというものである。 前述したように「医師の判断と責任」によってすでに緊急避妊以外の適用で承認されている薬剤であるプラノバール配合錠が転用されてきたのだが、中用量ピルであれば緊急避妊として使用できると誤解している婦人科医師がおり、ソフィアA、ソフィアCなどをプラノバール配合錠と同様の方法で処方されていることから、インターネットなどで情報を得ている女性の間でも不安が広がっている[13]

緊急避妊の方法として、モーニングアフターピル以外に、IUDミレーナ挿入と方法もある。

脚注[編集]

  1. ^ 「ピル」は錠剤一般を示す言葉であり、英語でも"the pill"と固有名詞で表現される場合は経口避妊薬(the contraceptive pill)を指す。
  2. ^ UN Population Division (2006) (PDF). World Contraceptive Use 2005. New York: United Nations. ISBN 92-1-151418-5. http://www.un.org/esa/population/publications/contraceptive2005/2005_World_Contraceptive_files/WallChart_WCU2005.pdf.  women aged 15–49 married or in consensual union
  3. ^ Mosher WD, Martinez GM, Chandra A, Abma JC, Willson SJ (2004). "Use of contraception and use of family planning services in the United States: 1982–2002" (PDF). Adv Data (350): 1–36. PMID 15633582.  all US women aged 15–44
  4. ^ Dr. David Delvin. “Contraception – the contraceptive pill: How many women take it in the UK?”. 2015年5月30日閲覧。
  5. ^ Taylor, Tamara; Keyse, Laura; Bryant, Aimee (2006) (PDF). Contraception and Sexual Health, 2005/06. London: Office for National Statistics. ISBN 1-85774-638-4. http://www.statistics.gov.uk/downloads/theme_health/contraception2005-06.pdf 2015年5月30日閲覧。.  British women aged 16–49: 24% currently use the Pill (17% use Combined pill, 5% use Minipill, 2% don't know type)
  6. ^ Hatcher R. A. et al. (2004). Contraceptive Technology: Eighteenth Revised Edition. New York: Ardent Media.
  7. ^ ただし、子宮筋腫や糖尿病への影響が確認されたのは現在ではほとんど用いられない旧来の高用量ピルであり、避妊用の低用量ピルではほぼ無影響とされる。
  8. ^ 超低用量ピル「ヤーズ」で日本初の死者
  9. ^ 2013年10月10日医薬品医療機器総合機構
  10. ^ 小規模な無作為試験では、ピルの使用によってニキビが有意に軽減することが報告されている<ref低用量経口避妊薬の使用に関するガイドライン 日本産科婦人科学会
  11. ^ 「脱毛」も上記ガイドラインに起こりうる副作用の一つとして臨床結果が示されている。
  12. ^ 緊急避妊法の適正使用に関する指針(日本産科婦人科学会編)より
  13. ^ HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY vol17 no,2 2010.6 プロゲスチンの臨床応用(5)緊急避妊とプロゲスチン/北村邦夫著より

関連項目[編集]

外部リンク[編集]