日本のポルノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の棚に関するポルノ雑誌(2009年)
日本のレンタルショップでのアダルトビデオ(2008年)
日本で販売されている成人向け漫画

日本のポルノ(にほんのポルノ)は、アメリカヨーロッパと並び、ポルノの一大市場を形成しており、また独自の文化が花開いている。

日本のポルノには西洋のポルノと容易に区別される独特の特徴があり[1] セクシュアリティと文化に対する日本の見解を反映してユニークなフェティッシュパラフィリアに加えて、 異性愛同性愛 、およびトランスジェンダーの性行為の幅広いスペクトルを掘り下げている。

20世紀以前のエロティックなストーリーは木版画から始まり、日本のポルノは明確なサブカテゴリに進化。ハメ撮り俳優をフィーチャーしたポルノビデオや雑誌に加えて、ポルノ漫画 (日本の漫画の内)、アダルトコンピューターゲーム(PCとゲームコンソールの両方で)およびアダルトアニメ (性的活動のアニメーション描写)のカテゴリがある。

日本の法律では、合法的に制作されたポルノは、俳優や女優の性器がみえるかどうか検閲し、1990年代半ばまでは陰毛の描写も検閲審査が必要であった。肛門は接触または挿入時にのみ検閲。この種の検閲はエロ漫画、ビデオゲーム、アニメにも拡張される。このタイプの検閲を回避する(および特定のフェチに対応する)試みで、俳優やプロデューサーは、西洋のポルノでは見られない、またはめったに描写されない主題を取り上げてきた。 ぶっかけごっくんおもらし触手エロティカは日本のユニークなジャンルと化す。 ロリコンと、 未成年者を描写するポルノの規制に関する論争、国内外の表現の自由に関する大きな問題となっている。

歴史[編集]

20世紀以前[編集]

春画またはポルノの木版画の写真は、考えられるすべての状況で印刷された。当時の春画の位置づけ解釈はまだ議論されているところであるが、おそらく、 オナニーや恋人との共有視聴など、ポルノ素材の現代的な使用に似ていたとされる。

19世紀後半の明治維新後、こうしたポルノの出版は政府の圧力の下で減少した。

20世紀[編集]

大正末期から昭和初期にかけて、文字通り「エログロナンセンスと呼ばれる」と呼ばれる芸術運動がヨーロッパの退廃的な作品の影響を受けて起こる。小説や漫画ではオープンな性的表現が許可されていたが、写真や映画には厳しい管理が適用されていた [2]第二次世界大戦後、法175条の「わいせつ」に対する法律は、施行された唯一の公式検閲法であった [3]

第二次世界大戦の直後、「プレイボーイようなアメリカの雑誌の影響を受けて、ポルノ雑誌が出版されていく。「プレイボーイ」掲載記事はアメリカのライフスタイルについてであったが、女性はほとんどがアジア人ではなく、インタビューも日本ではあまり知られていない人たちであり、ファッションとスポーツの内容もアメリカのものであった 。

1960年代初頭、いくつかの映画製作会社が「 ピンクの映画 」の制作を開始。検閲法により、性器の露出は禁止されていたが、それ以外は自由に表現できた。これらの映画は、レイプボンデージを含むすべてのジャンルを網羅するために迅速に多様化。1960年代にかけて「ピンク映画」は主に若松浩二などの低予算の独立した映画製作者によって制作された。 1971年、 大手スタジオの日活がピンク映画のジャンルに参入。

1971年から、 薔薇族など同性愛者向けの雑誌が登場し始め。同性愛雑誌は、若い成人男性を特集する「バディ 、ぽっちゃりした男性を特集する「サムソン、筋肉質の男性を特集する「G-menなど、特定の嗜好者に合わせて供給される傾向がみられた。

1980年代[編集]

この時代日本人家族では少なくとも二台のテレビやビデオデッキを所有するにいたり、一般的にA / V(AdultのAとVIDEOのVの頭文字をとった略称)と呼ばれる1980年代のポルノビデオの普及は、より多くのビデオデッキ販売を加速させた。多数のA / VがVHS形式でリリースされたため、VHSBetamax形式よりも普及したという噂はあるが[4]、確証はない。なおレーザーディスク形式で販売されたA / Vはほとんどない。Playing games on personal computers with no limitation on content except for censorship laws was sometimes viewed as being synonymous with playing bishōjo games, because so few Japanese people saw any reason to play video games on these platforms, as opposed to video game consoles.

1980年代後半、 同人誌が市場を拡大。この市場の約半分はポルノであると推定されている。著作権の問題は頭を痛めるが、同人誌市場はプロでデビューする前に始めるには一般的であった。やおいは同人誌市場で始まり波及した現象。

1990年代[編集]

英国の子供向けインターネット安全政策に関するアドバイザーであるジョン・カーによれば、1990年代後半のインターネット上のすべての小児性愛画像の3分の2は日本から発信された可能性があるとする。彼はさらに、「あらゆる形態の児童ポルノが子どもを性的に虐待してもよいというメッセージを送っている」とみており、1999年に児童ポルノ禁止法が施行されて以来、その割合は現在2%未満であると考えられているが、ECPATは、多くの児童ポルノのプロデューサーが子供が大人風に飾った主人公にしたアニメや映画の制作に目を向けていると考えているという [5]

21世紀[編集]

日本の女性は「モデル契約」にだまされ、ポルノグラフィー出演を強要されていると報告 [6]、業界の規制強化が求められていく [7]

女性のポルノ俳優には、最初のリリース日から5年後ビデオの販売を禁止する権利があるという新しいガイドラインが提案されている [8]

法律と運動[編集]

検閲法[編集]

日本刑法第175条に基づき、わいせつな素材を販売または配布する人々は、罰金または懲役刑に処せられる。175条は1907年に旧法に含まれており、比較的継承されている [9]陰毛と成人の生殖器の表示は以前からわいせつと見なされ [10]ビデオポルノはピクセル化によって不明瞭になった演者の性器を含む露骨な性的シーンを日常的に描写。ペニスの検閲はさまざまであるが陰毛篠山紀信がWaterfruit」と「サンタフェ」の出版でのものが最初のケースであった。多くのビデオ制作会社は、容認できるものとそうでないものに関するガイダンスを提供する倫理団体に所属。日本ビデオ協会コンピュータソフトウェアの倫理組織 、コンテンツソフト協会など上記3つはこのような組織の例である。

宗教とポルノ[編集]

日本の土着の宗教である神道神の道 )は、超自然的な存在は自然に宿ると信じて、 アニミズムに基づいている。神道の神と女神は道徳や完璧さの貯蔵庫などではなく、代わりに自然の中に存在し、したがって、セクシュアリティは人生そのものの生得的な部分であるとしている [11]。日本ではこのことから宗教的態度は、日本の社会におけるポルノ素材の存在を妨げるものにはならなかった。

児童ポルノ[編集]

本物の子供たちが演じた児童ポルノの所持は2014年6月以来、日本では違法である[12]。児童ポルノの制作についてはデ・ジュリの下において国際的な圧力の後、1999年に違法化。日本のメディアセンターである秋葉原日本橋、または日本のコンビニエンスストアでも広く利用可能であるソフトコア、ジュニアアイドルやロリコン物などのメディアは、国連、ユニセフの法、その他の国際機関などはハードコアなどのようなポルノとは区別をしたものの [13]日本の刑事司法下で検察官によって新しい法律に基づいて検討された結果、一部では違法評決も下される。ただし施行の相対的な厳格さは都道府県によって異なり続けている。[要出典]

2008年6月、児童ポルノ所持の禁止を提案する法案が衆議院に提出され、9月に国会に提出されたが、可決されず [14] 2014年7月15日、法律改正の結果として、児童ポルノの単純な所持にも罰則が追加された [15]ショタビデオロリータビデオも参照。

性的暴行[編集]

1999年、 ミルトンダイアモンド内山絢子は、1970年代以降の日本でのポルノ素材の増加により、報告される暴力が減少すると仮定した [16]

2016年、 キャンペーングループ Human Rights Nowは、ポルノ映画に登場する一部の女性が意志に反してそうすることを余儀なくされたという主張を報告 [17]。このグループは、制作会社を規制する法律の導入と、虐待を経験した演者の支援を求めている [18]

バッキー事件も参照。

分野[編集]

ジャンル[編集]

日本のポルノのサブジャンル[編集]

日本のポルノのさまざまなサブジャンルには次のものがあります。

  • ロリコン ( "ロリータコンプレックス"の略) :このジャンルには、6〜11歳の思春期前および思春期の少女が含まれます。日本のポルノ映画で取り上げられる法定年齢は18歳であるため、通常はアニメポルノ。
  • ショタコンショウタロウコンプレックス」の略):ロリコンと同様に、このジャンルには6〜11歳の思春期前または未成年の少年が含まれます。日本のポルノ映画で取り上げられる法定年齢は18歳であるため、これも通常はアニメポルノ。
  • やおい ( "Boy's Love"):同性愛/同性愛者の関係で成長した2人の成人男性が登場。通常、対象読者は若い成人女性。典型的には、女性的な「ウケ」または従順、および男性的な「セメ」または支配的など役割がある
  • 薔薇 ( "Men's Love"):やおいのサブジャンル。通常、筋肉、体脂肪、体毛の度合いが異なる成人男性が特徴で、ビーフケーキや熊系に類似。やおいとは異なりバラは通常、同性愛の男性のために、実際の同性愛の男性によって作られ、日本で同性愛であることに伴うより現実的な障害や課題に焦点を当てる傾向がある
  • 百合 (「女の子の愛」):同性愛/レズビアンの関係で成長した2人の大人の女性が登場。ターゲットオーディエンスは主に男性またはレズビアン、やおいよりも人気は少ない
  • 女性向けポルノ:女性をターゲットにした新しいサブジャンルで、女性のニーズに応える「エロメン」(エロティックな男性)を描いている [19]

同人とパロディ[編集]

同人誌 (多くの場合、どうじんしとして音訳)または文字通り「ファンワ-ク」。多くの場合、人気アニメ、ゲームや漫画のポルノ模造品

アニメ[編集]

エロアニメ(西洋ではヘンタイという用語で知られるが、日本での呼称は「アダルトアニメ」)は、日本で人気のあるジャンルであるが、一般的に日本のアニメーション(アニメ )で基本的には他の一般の形で見られるアニメーションと同じスタイル。変態という用語は、文字通り「変な態度」または「変質(者)」を意味するが、代わりに使用方法としてわいせつな状況の文脈下では「邪悪な態度」または「変な行為」を意味している。

ゲーム[編集]

成人向けのゲームは、日本のビデオゲームのジャンルの一つ。このジャンルは文化的および翻訳的な問題がいくつかあるため、日本以外の状況はいくぶん不明。日本語では「かわいい女の子のゲーム」を意味する「美少女ゲーム」(別名「美少女」)として呼ばれるこのゲームは、PCデートシムゲーム、ヘンタイゲーム / Hゲームなど、英語圏のファンが使用するいくつかの名前で知られている。 JAST USAMangaGamerなどの企業は、 出会い系のシミュレ―ションやビジュアルノベルを、海外の未発達市場向けに英語に翻訳している。日本のアダルトビデオゲームの場合「18+」の評価はコンピュータソフトウェアまたはコンテンツソフト協会の倫理組織によってなされる。アダルトビデオゲームの検閲はコンピュータエンターテインメントレーティング組織では行っていない。

インターネット[編集]

ウェブサイトで一般的に見られるファン・フィクションは架空のキャラクターに限らず、実在人物もよく活用されるが、これらの作品は日本のテレビ番組を見ない人にはほとんどわからない。通常、同人誌の作家は、新作のプレビュー、購入者が追加作品を見つけることができる秘密の住所、およびゲームのサンプルを提供することにより、インターネットを使用して製品を販売している。また、新しい作家やアーティストをオンラインで募集。さらにすべてのキーワードをリストした商用ウェブサイトを検索することなく探しているサイトを見つけられるようにするために、アダルト専用の検索エンジンがいくつか存在。同人誌の多くの作品は、アートを収集し、無料で検索できるウェブサイトで紹介されている。

多くのWebサイトでは、リンクされたサイトやサイトに頻繁にアクセスする友人からの季節ごとのの挨拶写真(多くの場合ポルノ写真)が使用されている。そのようなサイトで、クリスマスの挨拶の写真で典型的なのは、さまざまな段階で脱衣した姿のサンタガールを特徴として、中国の占星術12の黄道帯動物は猫女のバリエーションを特徴としている。

雑誌[編集]

雑誌は、ビデオとともに、ポルノ素材の人気メディアであるが、ポルノ漫画や写真を含む雑誌は管理されており、購入に年齢制限が設けられている。日本の多くの地域では、アダルトブックストアの外で販売する場合、ポルノ雑誌をビニール封印する必要がある。しかしヌード掲載を特徴とするがポルノ以外である雑誌を見つけることも珍しくはなく、多くの雑誌、特に週刊のタブロイド紙には、西洋のタブロイド紙で多く取り上げられている3ページ女子に似たヌード画像と写真掲載などもなされる。これらの画像が性器や性行為を描写していない限り、ポルノとは見なされないため、公共で自由に販売されている [20]

男女双方による体験告白文は、男性誌およびポルノ雑誌で人気のあるトピックである。

マンガ[編集]

ポルノコンテンツのある漫画は、男性と女性の両方を対象としており、男性と女性の両方の漫画家がポルノ作品を執筆。これは一般に「エロ漫画」と呼ばれる。Category:有害指定された漫画作品も参照。

ビデオ[編集]

多くのポルノ映像(「日本のアダルトビデオ」またはJAV)には、未成年者の使用を示唆するタイトルや、実際の犯罪の記録を示すことを示唆するタイトルなども付けられる。ただし、日本の映画業界の規制機関である映倫の承認を得て配布されているタイトルは、日本の法律に完全に準拠しており、これを破ってはいない。一般的な策略は、タイトルの一部をキャラクターに置き換えるか、音声学的に類似した新語法を使用することなどでたとえば、「19歳の女の子のセックスパーティー!」に関するビデオ「1〇歳の女の子のセックスパーティー!」のような伏字タイトルで販売されうる。単語「女子’高’生」(つまり「女子の高等学校生徒」)は、ポルノビデオで合法的に行動できない15歳以下の少女を示唆するため、使用できない。homonymicな造語「女子’校’生」のほうが女子の高等学校生徒を起させるが、検閲の法律を壊すことなく、製品を促進するためにタイトルの多数で使用されている。この事実は、東京の秋葉原や大阪のデンデンタウンなど、日本の人気のある場所で販売されている媒体で見ることができる。

出版物の種類[編集]

雑誌[編集]

(グラビア雑誌ほか)

(その他)

出版社[編集]

  • Akaneshinsha
  • Asukii
  • Issuisya
  • Eichi publishing
  • Oakla Publishing
  • Odysseus Publishing
  • oks-online
  • Kaimeikan
  • Kasakura Publishing
  • Kindai Eigasha
  • Kousaisyobo
  • Core Magazine
  • C's Publishing
  • Saibunkan Shuppan
  • Sakuramomo Syobo
  • Sanwa Erotica
  • Shinchosha
  • Shinkosha Publishing
  • Shobunkan
  • Softmagic
  • Studio Pot
  • John Howard Xtreme Publishing
  • Taiyō Publishing
  • Take Shobou
  • Terra Publications
  • Tokyo Sanseisha
  • Bauhaus
  • Bunkasha
  • France shoin
  • Futabasha
  • Futami Shobou
  • Tsukasa Shobou
  • Myway Publishing
  • Yaziyo
  • Wailea Publishing
  • Wani Books
  • Wanimagazine

スタジオ[編集]

主要人物[編集]


関連項目[編集]

参照資料[編集]

  1. ^ Malamuth, Neil; Donnerstein, Edward (1984). Pornography and Sexual Aggression. Elsevier. pp. 173–183. ISBN 978-0-12-466280-3. 
  2. ^ Geerinck. “Ero guro nansensu (erotic-grotesque-nonsense)”. Jahsonic. 2017年10月18日閲覧。
  3. ^ da Silva (2009年4月21日). “Obscenity and Article 175 of the Japanese Penal Code: A Short Introduction to Japanese Censorship”. redsiglo21.com. Cine Japonés. 2011年7月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月15日閲覧。
  4. ^ Rowley (2007年1月22日). “Next-Gen DVD's Porn Struggle”. Businessweek. 2008年1月21日閲覧。 “One oft-recalled explanation for the failure of Sony's (SNE) Betamax videocassette format in the 1980s was the Japanese company's ambivalence towards producers of pornographic videos. By contrast, proponents of VHS, Betamax's rival, welcomed adult content with open arms and, the legend goes, caused Betamax's demise.”
  5. ^ McNicol, Tony (2004年4月27日). “Does Comic Relief Hurt Kids?”. The Japan Times. オリジナルの2011年8月11日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/60qlHP59o?url=http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fl20040427zg.html 2008年1月18日閲覧。 
  6. ^ “'It was like rape': Women in Japan tricked into pornography” (英語). ABC News. (2017年6月10日). http://www.abc.net.au/news/2017-06-10/increasing-number-of-japanese-women-forced-into-pornography/8602288 2017年6月10日閲覧。 
  7. ^ “More Japanese women being forced into porn, report finds” (英語). ABC News. (2016年10月8日). http://www.abc.net.au/news/2016-10-08/japanese-women-coerced-into-porn-calls-for-stricter-regulation/7915166 2017年6月10日閲覧。 
  8. ^ New rules allow Japanese adult film actresses to stop the sale of their videos after five years Retrieved 12-29-2017
  9. ^ The Penal Code, translated into English by the Japanese Cabinet Secretariat
  10. ^ Zanghellini, A. (2009). “Underage Sex and Romance in Japanese Homoerotic Manga and Anime”. Social & Legal Studies 18 (2): 159–177. doi:10.1177/0964663909103623. 
  11. ^ Perper, Timothy; Cornog, Martha (2002). “Eroticism for the Masses: Japanese Manga Comics and Their Assimilation into the U.S.”. Sexuality & Culture 6 (1): 3–126. doi:10.1007/s12119-002-1000-4. 
  12. ^ Japan police crack down on 300 child porn cases”. Time Magazine (2014年6月18日). 2014年6月21日閲覧。
  13. ^ 平成十一年法律第五十二号 児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律”. Law.e-gov.go.jp. 2018年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月10日閲覧。
  14. ^ Japan police crack down on 300 child porn cases”. Reuters (2008年8月8日). 2013年12月10日閲覧。
  15. ^ 児童ポルノ単純所持、摘発37件 罰則適用から1年”. Asahi shimbun (2016年10月3日). 2017年7月22日閲覧。
  16. ^ Diamond, Milton; Uchiyama, Ayako (1999). “Pornography, Rape and Sex Crimes in Japan”. International Journal of Law and Psychiatry 22 (1): 1–22. doi:10.1016/S0160-2527(98)00035-1. PMID 10086287. http://www.hawaii.edu/PCSS/online_artcls/pornography/prngrphy_rape_jp.html 2008年1月6日閲覧。. 
  17. ^ “Japan's porn industry preys on young women: activists”. Japan Times. (2016年3月4日). http://www.japantimes.co.jp/news/2016/03/04/national/social-issues/rights-group-japan-needs-law-moves-force-young-women-appear-porn-videos/ 2016年3月5日閲覧。 
  18. ^ Citations:
  19. ^ Japanese women: The new demographic for porn”. Rocketnews (2014年2月3日). 2017年2月18日閲覧。
  20. ^ Itasaka, Gen (1996). “Why are pornographic newspapers and magazines read on trains?”. In Itasaka Gen. 100 Tough Questions for Japan. Bunkyo-ku, Tokyo, Japan: Kodansha International. 106–107. ISBN 4-7700-2091-0. 

参考文献[編集]

  • 『エロの敵』(翔泳社)

外部リンク[編集]