小陰茎症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小陰茎症(しょういんけいしょう)又は、マイクロペニス (micropenis) とは、遺伝子異常のクラインフェルター症候群[1][2]やホルモンバランスなどの影響で、陰茎が平均サイズより著しく小さい又は小さくなる病気である。7cm未満の陰茎の場合に小陰茎と呼ばれる。患者の割合は成人男性のわずか約0.6%を占める。矮小陰茎とも呼ばれる[3]



正常な男子では、精巣から分泌される男性ホルモンによって、男性内性器(この場合は精巣上体輸精管をさす)が誘導され、男性外陰部が形成されていくが、先天性下垂体機能低下症[4]等で男性ホルモンの分泌が量的に不足していた場合には、外陰部は小陰茎や二分陰嚢となり、成長が不十分な男性器となる。また男性ホルモンの分泌量が不足から勃起不全の原因になる場合もある。

男性ホルモンは十分に分泌されても、受容体に異常があってホルモンの作用が発揮されない病気でも、まったく同様の性器の異常が現われる。

通常は成長に伴って亀頭の露出・包皮の反転が可能となるが包茎の男性器サイズは平均以下が多く、包皮に覆われている影響で成長の妨げの原因のひとつである。

似たような症状に埋没陰茎英語版と言うのがあり、こちらは陰茎が恥骨付近の皮下脂肪に埋もれて、小さく見えている状態は埋没陰茎に分類される。

出典・脚注[編集]

  1. ^ 野田泰照、岡大三、鄭則秀 ほか、再発性下腿潰瘍をきたした48XXYY Klinefelter症候群の1例 泌尿器科紀要 2002年 48巻 1号 p.17-19, hdl:2433/114682
  2. ^ 池上雅久、橋本潔、大西規夫 ほか、48 XXYYクラインフェルター症候群の1例 日本泌尿器科学会雑誌 85巻 (1994) 12号 p.1781-1783, doi:10.5980/jpnjurol1989.85.1781
  3. ^ 納富寿、計屋紘信、金武洋、「矮小陰茎を伴う真性半陰陽の1例」 臨床泌尿器科 1976年12月 30巻 12号 p.1067-1069, doi:10.11477/mf.1413202277 (有料閲覧)
  4. ^ 小山典久、藤垣義浩 ほか、「先天性下垂体機能低下症の矮小陰茎に対するジヒドロテストステロンクリーム局所塗布療法の試み」 日本小児科学会雑誌 99(5), 964-969, 1995-05-01, NAID 10009454305

関連項目[編集]