口内射精

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
顔射

口内射精、口腔内射精(こうないしゃせい、こうこうないしゃせい)は、性的パートナーの口内男性射精する行為

概説[編集]

オーラルセックスの一環として口内へ男性器を挿入したまま射精したり、口を開かせて口内に射精する行為。

主にアダルトビデオなどの性風俗メディアファッションヘルスなどの性風俗産業において、または性行為の終了方法として為されるものである。

飲精による身体への影響[編集]

精液にはコルチゾールエストロンオキシトシンセロトニンなど、興奮作用や抗うつ効果のある物質が含まれているため[1]、経口摂取した場合一定の快感が科学的には期待できる。しかし、精液の通り道は尿道であるため、精液そのものに衛生的、生理的嫌悪感を持つ女性が多い。また、体液であるため口腔内や齲歯などの傷が存在した場合、そこから感染症になる危険性がある。

性的倒錯との関連[編集]

特定の宗教文化圏においては、生殖を伴わない性行為は禁忌であった。そのためオーラルセックスによる射精はタブーを犯すものとして忌避されるとともに、好事家にとっては性的嗜好の対象にもなった。

脚注[編集]

  1. ^ Archives of Sexual Behavior

関連項目[編集]