陰核肥大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
陰核肥大
Clitoromegaly2.jpg
陰核肥大した女性の陰核

陰核肥大(または陰核縮小[1])は、ほとんどが先天的または後天的陰核の異常な肥大であるが、女性の性器改造の一形態として意図的に誘発された陰核肥大は、テストステロンを含む各種の同化ステロイドの使用によって形成され、陰核肥大と呼ばれることもある[2][3][4][5]。陰核肥大は、性的興奮中に見られる陰核の正常な肥大と同一のものではない。

測定[編集]

性器の曖昧さの程度の違いは、一般的にプラダー分類によって測定されている[6]。男性化度の高い順に、1:陰核肥大を伴う女性の外性器から、5:正常な男性の外性器のように見える偽陰茎までの範囲で測定されている[7]

原因[編集]

陰核肥大は稀な疾患であり、出生時に認められる場合と、後天的に認められる場合がある。出生時に存在する場合は、先天性副腎過形成症が原因の1つであることがある。というのも、この状態では女性胎児の副腎が追加してアンドロゲンを産生し、新生児は男性か女性かがはっきりしない曖昧な生殖器を持つためである。妊娠中にノレシステロンを投与された妊婦では、胎児の男性化が起こり、陰核の肥大をもたらす[8]。しかし、より安全な黄体ホルモンの使用により、現在ではほとんど見られなくなっている。また、フレーザー症候群として知られる常染色体劣性先天性疾患が原因となることもある[9]

後天性陰核肥大では、主な原因は、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)[10]高血圧症など、成人女性に影響を及ぼす内分泌ホルモンの不均衡である。後天性陰核肥大は、卵巣および他の内分泌腺に影響を及ぼす病理学的疾患によっても引き起こされることがある。これらの病理には、ウイルス性の腫瘍(アレノブラストーマなど)や神経線維腫性腫瘍が含まれることがある[11]。別の原因として、クリトリスの嚢胞がある[12]。場合によっては、明らかな臨床的理由またはホルモン的理由がないこともある[13]

主に筋肉の成長、強さ、外見を強化するためにアンドロゲンを使用する女性のボディビルダーアスリートスポーツにおけるパフォーマンス強化薬の使用英語版を参照)は、陰核の明らかな肥大と性欲の増加を経験することもある[14][15]トランスジェンダーの男性がトランスジェンダーホルモン療法の一環としてテストステロンを服用する場合(女性から男性へ)、陰核の男性化は望まれる効果であるかもしれない。利用される要量は低いが、低性欲治療、骨粗鬆症の回避、抗うつ療法の一部などを目的とした治療上の理由のためにテストステロンを使用している女性は、陰核の肥大をある程度経験する。偽性陰核肥大または偽性肥大は、「自慰行為によって幼い女の子に関して報告されている。外陰部皮膚を弄ると、機械的な外傷が繰り返され、外陰部小陰唇が拡大し、真性の陰核肥大のように見える」[16]

解剖[編集]

ロバート・ラトゥー・ディッキンソン著『Atlas of Human Sex Anatomy』(1949年)[17]では、典型的な陰核は、横方向の幅が3~4mm(0.12~0.16インチ)、縦方向の幅が4~5mm(0.16~0.20インチ)であると定義されている。一方、産科婦人科の医学文献では、陰核の定義として、陰核の指標(縦方向の幅と横方向の幅の積)が35mm2(0.05インチ2)を超えている場合が頻出しており、これは上記で示された平均的なサイズの陰核のほぼ2倍の大きさである[18]

人権への配慮[編集]

完全または部分的な陰核切除術による早期の陰茎肥大に対する外科的縮小処置は議論の的となっており、そのような治療にさらされたインターセックスの女性は、身体感覚の喪失、および自律性の喪失について語っている[19][20]。近年、人権機関は、このような特徴を持つ女性の早期の外科的管理について批判している[21][22][23]

2013年には、発展途上国の無名のエリート女性アスリート4人が、テストステロン検査を受けた結果、インターセックスの状態であることが判明し、後に性腺摘出手術と部分的な陰核摘出手術を受けたことが医学誌で明らかになった[24][25]。2016年4月、国連の健康に関する特別報告者であるダイニウス・プラスは、この処置を 「それらの処置を正当化する症状や健康上の問題がない場合」の女性性器切除の一形態として非難した[26]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Dorland Medical Dictionary”. 2006年10月18日閲覧。
  2. ^ “Idiopathic isolated clitoromegaly: A report of two cases”. Reproductive Health 1 (1): 4. (2004). doi:10.1186/1742-4755-1-4. PMC 523860. PMID 15461813. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC523860/. 
  3. ^ Senaylı A (December 2011). “Controversies on clitoroplasty”. Therapeutic Advances in Urology 3 (6): 273–7. doi:10.1177/1756287211428165. PMC 3229251. PMID 22164197. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3229251/. 
  4. ^ “Metoidioplasty: a variant of phalloplasty in female transsexuals”. BJU International 92 (9): 981–5. (December 2003). doi:10.1111/j.1464-410X.2003.04524.x. PMID 14632860. 
  5. ^ “Physical and hormonal evaluation of transsexual patients: a longitudinal study”. Archives of Sexual Behavior 15 (2): 121–38. (April 1986). doi:10.1007/BF01542220. PMID 3013122. 
  6. ^ PRADER A (July 1954). “Der genitalbefund beim Pseudohermaproditismus femininus des kongenitalen adrenogenitalen Syndroms. Morphologie, Hausfigkeit, Entwicklung und Vererbung der verschiedenen Genitalformen” (German). Helvetica Paediatrica Acta 9 (3): 231–48. PMID 13201003. 
  7. ^ Congenital Adrenal Hyperplasia(CAH), Prader Scale”. 2008年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年9月28日閲覧。
  8. ^ “Norethisterone and gestational diabetes”. The Australian & New Zealand Journal of Obstetrics & Gynaecology 32 (3): 233–8. (August 1992). doi:10.1111/j.1479-828X.1992.tb01954.x. PMID 1445134. 
  9. ^ “Fraser syndrome: a clinical study of 59 cases and evaluation of diagnostic criteria”. American Journal of Medical Genetics Part A 143A (24): 3194–203. (December 2007). doi:10.1002/ajmg.a.31951. PMID 18000968. 
  10. ^ Mukhtar I Khan, MD. “Polycystic Ovarian Syndrome”. 2008年9月28日閲覧。
  11. ^ Horejsí J (June 1997). “Acquired clitoral enlargement. Diagnosis and treatment”. Annals of the New York Academy of Sciences 816 (1): 369–72. Bibcode1997NYASA.816..369H. doi:10.1111/j.1749-6632.1997.tb52163.x. PMID 9238289. 
  12. ^ “Clitoral cyst as a cause of ambiguous genitalia”. Obstetrics and Gynecology 99 (5 Pt 2): 963–6. (May 2002). doi:10.1016/S0029-7844(02)01967-1. PMID 11975977. 
  13. ^ “Idiopathic isolated clitoromegaly: A report of two cases”. Reproductive Health 1 (1): 4. (2004). doi:10.1186/1742-4755-1-4. PMC 523860. PMID 15461813. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC523860/. 
  14. ^ Freberg, Laura A. (2009). Discovering Biological Psychology. Cengage Learning. p. 300. ISBN 978-0-547-17779-3. https://books.google.com/books?id=-zyTMXAjzQsC&pg=PA300 2012年11月7日閲覧。 
  15. ^ A Dangerous and Illegal Way to Seek Athletic Dominance and Better Appearance. A Guide for Understanding the Dangers of Anabolic Steroids”. Drug Enforcement Administration (2004年). 2012年11月7日閲覧。
  16. ^ “Idiopathic isolated clitoromegaly: A report of two cases”. Reproductive Health 1 (1): 4. (2004). doi:10.1186/1742-4755-1-4. PMC 523860. PMID 15461813. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC523860/. 
  17. ^ Dickinson, Robert Latou (1949). Atlas of Human Sex Anatomy. Williams & Wilkins Co.. p. [要ページ番号]. ISBN 0-88275-014-3 
  18. ^ Female Sexual Anatomy: Clitoral and Labia Size”. 2020年12月23日閲覧。
  19. ^ Bastien-Charlebois, Janik (2015年8月9日). “My coming out: The lingering intersex taboo”. Montreal Gazette. https://montrealgazette.com/life/my-coming-out-the-lingering-intersex-taboo 2016年8月26日閲覧。 
  20. ^ Holmes, Morgan. “Is Growing up in Silence Better Than Growing up Different?”. Intersex Society of North America. 2016年8月26日閲覧。
  21. ^ Méndez, Juan (2013年2月). “Report of the Special Rapporteur on torture and other cruel, inhuman or degrading treatment or punishment, Juan E. Méndez, A.HRC.22.53”. 2020年12月23日閲覧。
  22. ^ Council of Europe; Commissioner for Human Rights (April 2015), Human rights and intersex people, Issue Paper, https://wcd.coe.int/ViewDoc.jsp?Ref=CommDH/IssuePaper(2015)1&Language=lanEnglish&Ver=original 
  23. ^ Asia Pacific Forum of National Human Rights Institutions (June 2016). Promoting and Protecting Human Rights in relation to Sexual Orientation, Gender Identity and Sex Characteristics. Asia Pacific Forum of National Human Rights Institutions. ISBN 978-0-9942513-7-4. http://www.asiapacificforum.net/resources/manual-sogi-and-sex-charactersitics/ 
  24. ^ Fénichel, Patrick; Paris, Françoise; Philibert, Pascal et al. (June 2013). “Molecular Diagnosis of 5α-Reductase Deficiency in 4 Elite Young Female Athletes Through Hormonal Screening for Hyperandrogenism”. The Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism 98 (6): –1055–E1059. doi:10.1210/jc.2012-3893. ISSN 0021-972X. PMID 23633205. 
  25. ^ Jordan-Young, R. M.; Sonksen, P. H.; Karkazis, K. (April 2014). “Sex, health, and athletes”. BMJ 348 (apr28 9): –2926–g2926. doi:10.1136/bmj.g2926. ISSN 1756-1833. PMID 24776640. 
  26. ^ Pūras, Dainius; Special Rapporteur on the right of everyone to the enjoyment of the highest attainable standard of physical and mental health (April 4, 2016), Sport and healthy lifestyles and the right to health. Report A/HRC/32/33, United Nations, http://ap.ohchr.org/documents/dpage_e.aspx?si=A/HRC/32/33