BDSM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
collar.(首輪)
BDSMプレイ用の仮面

BDSM(ビーディーエスエム)とは、人間の性的な嗜好の中で嗜虐的性向を一纏めにして表現する言葉である。

近しい文脈で語られる別の略語として、D&S、DS、D/S…Domination & Submission(ドミネイション:支配 & サブミッション:服従)と呼ばれる言葉もある。そのためSMと区別してBDSMはBondage & Discipline(またはDomination) & Submission & Manipulation(マニピュレーション:操作)などと原義が割り振られることがあり、解釈は様々である。ボンデージは直訳すれば「捕われの身分」であり、その状態を指す。ディシプリンは「懲戒」を意味し、西洋では体罰による厳しいも意味する。サディズムは加虐性向、マゾヒズムは被虐性向であるので、状況としての嗜虐と行為としての嗜虐を含む広範な言葉と言える。しかし一般的な欧文略語と同じように語感が一人歩きし始めている。

状況としての嗜虐[編集]

BD、DSに代表される「囚われた状況」は童話や物語に多く見られる「囚われのお姫さま」に似た状況を指す。支配する側が強圧的であり支配される側がそれに従わざるを得ない、と言う状況はBD、DSには欠かせないシチュエーションである。必ずしも性行為は必要ではなく互いに趣味を理解し合ったパートナー同士が合意に基づいて状況を楽しむことが大前提である。そのため性的ロールプレイ(後述)になることが多い。

行為としての嗜虐[編集]

SMに代表される行為としての嗜虐は主に性行為に関連付けられて語られることが多いが、一般には性行為を伴わなくても粗暴な行為をする人間がサディストと定義されることも少なくない。根性論を持ち出し選手をしごく監督や、部下に無理難題を押し付ける上司がその例である。しかし本来はサディズムは性行為の一環としてパートナーを叩いたり、鞭打ったりと言う行為により性的興奮を覚える性的嗜好を言う。そのためただの暴力と区別する為に、打擲される理由付け(パートナー同士の合意)が不可欠である。

BDSMプレイの例[編集]

目隠しと手錠
女性がペニスバンドを装着して男性にアナルセックスを行う(Pegging
ロールプレイ
パートナー同士が誘拐犯と被害者などお互いに役柄を決めて行う。傍目から見れば実際に犯罪を行っていると間違われる場合も多い。
エイジプレイ
日本では幼児プレイが一般的であるが、父と娘、母と息子など年齢差のある役割として行うロールプレイ。
ヒューマン・アニマル・ロールプレイ
パートナーを人間ではなく動物として扱う。ネコイヌウマポニーガール)などが欧米では人気がある。
オークションプレイ
擬似的な人身売買の商品とするプレイ。
フェムドム
逆レイププレイ
女が男を襲う。
顔面騎乗プレイ
男側が「受け身」になる。
射精管理
男性用貞操帯を用いて男の射精を管理する。
コック・アンド・ボール・トーチャー(Cock And Ball Torture、CBT)
男の陰茎睾丸を責める。
アナルセックス
女がペニスバンドを装着して男の肛門を犯す。
ポゼッションプレイ
パートナーを家具にする。ベッドのマットレスをくり抜いて入れその上で寝る、ソファーとクッションの間に入れる、椅子にするなど。
緊縛プレイ
縄で相手を緊縛する。
ろうそくプレイ
火のついたろうそくを傾けて、滴り落ちる溶けた蝋を肉体に垂らす。

関連項目[編集]

BDSMを題材とした作品[編集]

外部リンク[編集]

ワールド内にBDSMのコミュニティが多数ある。アバターに拘束具等を装着し拷問器具等を使用しての疑似体験が可能である。