性的嗜好

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

性的嗜好(せいてきしこう、英語: sexual preference)とは、人間の性的行動において、対象や目的について、その人固有の特徴のある方向性や様式を意味する。すなわち、対象や行動目標において特定の好みやこだわりが存在する場合、何らかの性的嗜好を持つと表現できる。ただし、根本的な対象の性別についての方向性に関しては特に性的指向と呼び、通常は性的嗜好には含めず分けて扱う。

概説[編集]

例えば、性的行動は一人でも成立するが、その場合、性的な空想に耽って性的興奮を楽しむとか、また自慰などを行うとき、男性なら特定の女性アイドルと抱き合いまた性交しているイメージを想い浮かべるとか、あるいは女性なら花の咲く苑でロマンティックな情景を想像するなどの形で、嗜好が具体性を持つ。

特定の相手に対しては、異性愛の男性だと、大きな乳房の女性がいい、いや小振りな胸が好きであるとかなどで嗜好がある。異性愛の女性だと、筋骨逞しい野性的な男が力強く抱きしめてくれるのが望ましいという人もいれば、体つきも言葉も優美な男性がいいという人もいる。

このような性的嗜好は、ごく自然なものであるが、もっと細部にこだわりがある者も存在し、赤いハイヒールをはいたミニスカートの女性を見ると性的に興奮する男性もいれば、軍服や、警察官の制服を着た男性を見ると、魅惑されるという女性もいる。同性愛の男女だと、ボブヘアの小柄な少女が好みだというレズビアンの女性もいれば、スキンヘッドのバイクに乗った男に抱かれたいというゲイの男性もいる。

嗜好の多様性[編集]

性的嗜好は、一人での想像の場面でも、あるいは実際に相手と性的交際を結んでいる場面でも、様々なものがありえる。

一人の想像でも、相手がいる場合でも、対象の姿や身体の特徴、衣服や装身具の種類、話し方や身振り、動作、さらに、場面の香りや色や雰囲気、照明の光や、椅子や寝台、マットレスなど、色々な家具や道具などに好みのあることがある。もっとも普通に男女が性的行為を行う場合でも、前戯をゆっくりと楽しむ者もいれば、いきなり行為に移るのが好きだという人もいる。どういう色の下着を男女ともに着用しているか、女性の下着だと、レース装飾の過剰なエロティックなものがあり、そのような下着を見るだけで射精してしまうという男性も存在する。

男性向けポルノ雑誌には、ときとしてで縛られた全裸の女性の絵や写真が掲載されていることがあり、縛り方にも実に多様な種類があり、緊縛師などという女性を縄で縛る技術が卓越した者も存在する。このような嗜好は、ボンデージあるいは縛り・緊縛などと言われ、欧米でも珍しいことではない。

女装すると興奮する男性もおり、相手の排尿を見る、排泄行為そのものに興奮、大便や小便を我慢すると興奮するという人もいる。バイブレータ張り形などの道具を使うのが好きだという男女もいる。どのような行為や仕草や、特徴や状況が性的な興奮を引き起こしたり、魅惑させたりするかは多様なものがある。

社会の規範[編集]

しかし、性行為は、それが生殖をもたらし子孫を再生産するということより、社会や共同体においては重要な意味を持ち、その為、社会的に、あるいは宗教的に認められない行為や、逆に推奨される行為の様式・種類などが生み出された。これらは、禁忌が禁止を意味し、他方、正常の基準が、強制力を持つ推奨を意味するようになった。

同性愛をめぐる規範[編集]

キリスト教を文化の脊柱に持つ西欧においては、同性愛は嗜好の一種で禁忌とされ、宗教的世俗的にも逸脱で、罪であった。西欧近代においては、社会の規範に反するとされる性的嗜好の様式が想定されるようになり、クラフトエビングは『性の精神病理』において、異常な性的嗜好・性的倒錯の類型を症例記載した。

しかし、西欧では異常とされた同性愛は、自余の多数の社会においては、特筆すべき異常な嗜好とも、精神の障害とも見なされていなかったことも事実で、古典ギリシアでは、男性のあいだの愛は称賛されるものであり、古代ローマにおいては、人間の性的成熟には、異性愛同性愛の両方が必要であるとも考えられていた。そのことは、近代以前の日本中国、また他の非西欧社会でも似たような事情であった。日本でも明治維新前の時代にはバイセクシャル的な考えが必ずしも異常とはされていなかった。

1980年代以降は、国際医学会やWHO(世界保健機関)により同性愛は「異常」「倒錯」「変態」とはみなさず、治療の対象から外され、同性愛は異性愛と同じ単なる性別対象性として性的指向という語で嗜好とは分類されている。

かつては禁忌とされた西欧の多く(オランダなど)で、2001年以降は同性結婚が認められているほか、国連では2008年に性的指向と性自認に基づく差別の撤廃と人権保護の促進を求める声明が出されている。

ローマと中国の性的放縦[編集]

さらに加えれば、古代ローマにおいては、性的嗜好の多様性と偏倚性は想像を絶するばかりであり、エロティシズムの豊富さと洗練性において、ローマは破廉恥なまでに放縦であった。皇帝娼婦陰毛を脱毛することも珍奇なことではなく、総じてローマの貴族たちは無毛嗜好を自然としていた。これに並ぶ性的嗜好の奇怪なまでの放縦性は、纏足などに快楽を見出した中国文明の性的ソフィスティケーションにも窺える。

正常と異常[編集]

性的嗜好に関しては、何が正常か異常かというようなノルム判断は、西欧においても中世にあっては、禁止される性的嗜好、社会の規範に抵触する嗜好や行為は存在した。それは共同体の秩序の維持のために要請される規範であり、善良邪悪の対立とも言えるものであった。現代社会でも秩序を攪乱する行為や傾向性は断罪される。

自慰は発達途上の青少年においても成人においても、人間の性的行動としては自然である。しかし、19世紀のドイツイギリスにおいては、明確な根拠も実証もないにもかかわらず、自慰は有害で異常であると医学で見なされ、自慰を強制的に禁止するための少年用の拘束具の類までも実用化された。

性的嗜好と人間の実存[編集]

精神疾患は性的な倒錯を随伴し、この場合、異常な性的嗜好が精神疾患を引き起こしたのではなく、寧ろ、人格における障害が「異常」と見なされる性的嗜好の形態を誘導したと考えられる場合もある。

性における健康[編集]

性的嗜好における正常と異常の区別は、特定の道徳的または宗教的な規範や人間観に基づく文化的な創作であると言える。しかし、正常・異常の基準とは別に、個人やカップル、集団や社会にとっての性的行動の「健康」と「不健康」という基準は存在し得る。

サディズムとかマゾヒズムは異常な性的嗜好ではなく、自分自身に対するマゾヒズム行為も異常ではない。しかしそれが限度を上回り、当人の健康を損ない、さらに生命にまで危険を及ぼす場合は、異常という観点からではなく、健康な生・生活という観点からして逸脱だとせざるを得ない。あるいは拒否する相手にサディスティックな行為を強制することは、暴行であり傷害行為に他ならない。

新フロイト派エーリヒ・フロムは、サドマゾヒズムBDSMネクロフィリア(死体愛好症)が、人間における悪と密接に関係していることを論じたが、今日的には、必ずしもそれらが一つの同じ基盤にあるとは言えない。

性的嗜好の類型[編集]

性的嗜好は、人間のあらゆる行動や行為が多様で、個人ごとで様々な好みや傾向性を持つのと同様に、あまりにも多様で、本来類型化など不可能である。なぜある特徴、ある行為、ある状況に魅惑されるのか、その原因と想定されるものが、非常に多様多彩であることも考えれば、類型を想定することに無理があるとも言える。

しかし、それでもある種の性的嗜好は、その原因に関する説明理論から類型が立てられ、また社会道徳的に「異常」と通説されるものは、その行為や嗜好の特異性あるいは外見の特徴から類型が立てられている。異常とされる類型は、精神医学的に、健全な心理の所産とは考えがたいものは性的倒錯の類型となり、世俗道徳的な偏見における類型は、変態性欲の類型になる。

  • 性的フェティシズム:相手の身体の一部、衣服・装身具などへの好み・こだわり。
    • 身体のパーツに由来するもの
      • 乳房へのフェティシズム:バストへのこだわりで、巨乳貧乳思春期前の乳房(つるぺた)、思春期の乳房の発達期などへの好みがある。
      • 脚へのフェティシズム:主に女性の脚の美しさへのこだわり。脚フェチ脚線美など。また素足を好む他にも網タイツやパンティーストッキングを着用した女性へのフェチ(さらにそれを破いた時、脱装着時、履いた上から糞尿というようにコアな物へと分類される)
      • 手へのフェティシズム、指へのフェティシズム:男性の手や指へのこだわり。主に女性側からのフェティシズム。
    • 服装に対するもの
  • 窃視症:他者の性的行為などを覗き見する性的嗜好。
  • 露出症:自分の裸体性器などを他者や公衆の前に示して性的興奮等を得る嗜好。
  • 対象の年齢に対するもの
    • ペドフィリア(小児性愛):幼児童に対し性的魅惑を覚える性的嗜好。
    • 少年性愛:思春期の少年に対し性的な魅惑を感じる嗜好。12歳以下だとペドフィリアと重なる。
    • 少女愛:思春期の少女に対し性的な魅惑を感じる嗜好。12歳以下だとペドフィリアと重なる
    • エフェボフィリア:思春期から青年期の男女に対する性的嗜好。性嗜好の少年愛や少女愛と重なる面がある。
    • 老人性愛老人に対し、性的魅惑を覚える性的嗜好。
  • 女斗美:女性同士の格闘に性的な魅惑を感じる嗜好。
  • 動物性愛ヒツジウマイヌネコなどの動物に性的魅惑を抱く。獣姦ともなる(牧畜社会などでは、独身の男性がヒツジなどを性的対象とすることは珍しいことではなかった)。
  • サディズム:相手に対し(性的な)屈辱などを与える嗜好。
  • マゾヒズム:相手から、または自分自身で屈辱などを受ける嗜好。
  • 母乳に対する嗜好:相手の授乳を見たり、母乳を身体に受けたり、母乳を飲むことが快楽である嗜好。
  • 尿に対する嗜好:相手の排尿を見たり、尿を身体に受けたり、尿を飲むことが快楽である嗜好。
  • 糞便嗜好糞便を食べること、見ること、浣腸、お漏らしトイレ以外での排泄で性的興奮を得る者や、手などで弄ぶこと、体に糞尿を塗る(塗糞)や顔に糞尿を浴びるなどといった行為で興奮する場合など。
  • 死体愛好ネクロフィリア):死体に対し性的魅惑を感じる嗜好。死姦なども含む。

精神疾患としての嗜好[編集]

国連WHO が定めている精神疾患に関する分類 ICD で、精神障害(mental disorder)として記載されている性的嗜好があり、あるいは米国における APA が定める DSM においても、ある種の性的嗜好は、精神疾患として記載されている。ただし、それは精神障害の名称に、特定の性的嗜好の類型名が使われているので、例えば、フェティシズムマゾヒズムの性的嗜好を持つ者が、即ち、精神障害という意味ではない。

  • ICD においては、「F65  性嗜好の障害」として、Paraphilia(性的倒錯)を含む、次のような性的嗜好が、障害とされる:
1 フェティシズム、2 フェティシズム的服装倒錯症、3 露出症、4 窃視症、5 小児性愛、6 サディズム、7 サドマゾヒズム、8 マゾヒズム、9 性嗜好の多重障害、10 屍体性愛、11 獣愛、12 接触性愛、13 性的逸脱、14 性的倒錯、15 性的偏倚、16 性嗜好の障害
1 露出症、2 フェティシズム、3 接触性愛、4 小児性愛、5 性的マゾヒズム、6 性的サディズム、7 服飾倒錯的フェティシズム、8 窃視症、9 その他の性的倒錯

上述の性的嗜好を持つ人が性的倒錯であり、精神障害を持つ人ということではない。精神疾患における「性嗜好」に関係する診断類型に、特定の性的嗜好の名が付けられている。これらの性的嗜好を持つ人の嗜好が、極端化すると精神障害になるのかというと、そうではない。精神の障害が、何かの性的嗜好の形で表現されるというのが寧ろ妥当である。子供に性的魅惑を感じる人は小児性愛の嗜好者であるが、必ずしも精神疾患としての小児性愛者ではない。

関連項目[編集]

参考書籍[編集]

  • メダルト・ボス 『性的倒錯-恋愛の精神病理学』 みすず書房
  • エーリヒ・フロム 『悪について』 紀伊國屋書店
  • エーリヒ・フロム 『正気の社会』 中央公論社