性的嗜好

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

性的嗜好(せいてきしこう、英語: sexual preference)とは、人間の性的行動において、対象や目的について、その人固有の特徴のある方向性や様式を意味する。すなわち、対象や行動目標において特定の好みやこだわりが存在する場合、何らかの性的嗜好を持つと表現できる。[要出典]


性的嗜好の類型[編集]

性的嗜好は、人間のあらゆる行動や行為が多様で、個人ごとで様々な好みや傾向性を持つのと同様に、あまりにも多様で、本来類型化など不可能である。なぜある特徴、ある行為、ある状況に魅惑されるのか、その原因と想定されるものが、非常に多様多彩であることも考えれば、類型を想定することに無理があるとも言える。

しかし、それでもある種の性的嗜好は、その原因に関する説明理論から類型が立てられ、また社会道徳的に「異常」と通説されるものは、その行為や嗜好の特異性あるいは外見の特徴から類型が立てられている。異常とされる類型は、精神医学的に、健全な心理の所産とは考えがたいものは性的倒錯の類型となり、世俗道徳的な偏見における類型は、変態性欲の類型になる。

  • 性的フェティシズム:相手の身体の一部、衣服・装身具などへの好み・こだわり。
    • 身体のパーツに由来するもの
      • 乳房へのフェティシズム:バストへのこだわりで、巨乳貧乳思春期前の乳房(つるぺた)、思春期の乳房の発達期などへの好みがある。
      • 足・脚へのフェティシズム:主に女性の足・脚の美しさへのこだわり。足フェチ脚線美など。足指、足首、脹脛、腿部などに分類される。また素足(生足)を好む他にも網タイツやパンティーストッキングを着用した女性へのフェチ(さらにそれを破いた時、脱装着時、履いた上から糞尿というようにコアな物へと分類される)
      • 手へのフェティシズム、指へのフェティシズム:男性の手や指へのこだわり。主に女性側からのフェティシズム。
    • 服装に対するもの
  • 窃視症:他者の性的行為などを覗き見する性的嗜好。
  • 露出症:自分の裸体性器などを他者や公衆の前に示して性的興奮等を得る嗜好。
  • 対象の年齢に対するもの
    • ペドフィリア(小児性愛):幼児童に対し性的魅惑を覚える性的嗜好。
    • 少年性愛:思春期の少年に対し性的な魅惑を感じる嗜好。12歳以下だとペドフィリアと重なる。
    • 少女愛:思春期の少女に対し性的な魅惑を感じる嗜好。12歳以下だとペドフィリアと重なる
    • エフェボフィリア:思春期から青年期の男女に対する性的嗜好。性嗜好の少年愛や少女愛と重なる面がある。
    • 老人性愛老人に対し、性的魅惑を覚える性的嗜好。
  • 女斗美:女性同士の格闘に性的な魅惑を感じる嗜好。
  • 動物性愛ヒツジウマイヌネコなどの動物に性的魅惑を抱く。獣姦ともなる(牧畜社会などでは、独身の男性がヒツジなどを性的対象とすることは珍しいことではなかった)。
  • サディズム:相手に対し(性的な)屈辱などを与える嗜好。
  • マゾヒズム:相手から、または自分自身で屈辱などを受ける嗜好。
  • 母乳に対する嗜好:相手の授乳を見たり、母乳を身体に受けたり、母乳を飲むことが快楽である嗜好。
  • 尿に対する嗜好:相手の排尿を見たり、尿を身体に受けたり、尿を飲むことが快楽である嗜好。
  • 糞便嗜好糞便を食べること、見ること、浣腸、お漏らしトイレ以外での排泄で性的興奮を得る者や、手などで弄ぶこと、体に糞尿を塗る(塗糞)や顔に糞尿を浴びるなどといった行為で興奮する場合など。
  • 死体愛好ネクロフィリア):死体に対し性的魅惑を感じる嗜好。死姦なども含む。

精神疾患としての嗜好[編集]

国連WHO が定めている精神疾患に関する分類 ICD で、精神障害(mental disorder)として記載されている性的嗜好があり、あるいは米国における APA が定める DSM においても、ある種の性的嗜好は、精神疾患として記載されている。ただし、それは精神障害の名称に、特定の性的嗜好の類型名が使われているので、例えば、フェティシズムマゾヒズムの性的嗜好を持つ者が、即ち、精神障害という意味ではない。

  • ICD においては、「F65  性嗜好の障害」として、Paraphilia(性的倒錯)を含む、次のような性的嗜好が、障害とされる:
1 フェティシズム、2 フェティシズム的服装倒錯症、3 露出症、4 窃視症、5 小児性愛、6 サディズム、7 サドマゾヒズム、8 マゾヒズム、9 性嗜好の多重障害、10 屍体性愛、11 獣愛、12 接触性愛、13 性的逸脱、14 性的倒錯、15 性的偏倚、16 性嗜好の障害
1 露出症、2 フェティシズム、3 接触性愛、4 小児性愛、5 性的マゾヒズム、6 性的サディズム、7 服飾倒錯的フェティシズム、8 窃視症、9 その他の性的倒錯

上述の性的嗜好を持つ人が性的倒錯であり、精神障害を持つ人ということではない。精神疾患における「性嗜好」に関係する診断類型に、特定の性的嗜好の名が付けられている。これらの性的嗜好を持つ人の嗜好が、極端化すると精神障害になるのかというと、そうではない。精神の障害が、何かの性的嗜好の形で表現されるというのが寧ろ妥当である。子供に性的魅惑を感じる人は小児性愛の嗜好者であるが、必ずしも精神疾患としての小児性愛者ではない。

関連項目[編集]

参考書籍[編集]

  • メダルト・ボス 『性的倒錯-恋愛の精神病理学』 みすず書房
  • エーリヒ・フロム 『悪について』 紀伊國屋書店
  • エーリヒ・フロム 『正気の社会』 中央公論社