サディズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

サディズムドイツ語 : Sadismus 英語Sadism)は、加虐性欲(かぎゃくせいよく)ともいい、相手(動物も含む)を身体的に虐待したり精神的に苦痛を与えたりすることによって性的快感を味わう。また、そのような行為を想像したりして性的興奮を得る性的嗜好の一つのタイプである。極端な場合、精神的な障害とも見なされ、この場合は性的倒錯(パラフィリア)となる。巷では語感から佐虐性と言われる事もある。(サド)

由来[編集]

嗜虐性向の強い小説作品を発表したり、実際にSM行為を娼館で行っていたというフランス侯爵マルキ・ド・サドの名前に由来しており、オーストリア精神医学リヒャルト・フォン・クラフト=エビングの造語である。性的な倒錯として定義されたが、後に、加虐的な傾向一般をサディズム(Sadism)と言うようになり、性的嗜好のサディズムは、「性的サディズム(Sexual Sadism)」とも言い分けて区別することがある。

サディスト[編集]

サディズムの資質を具えた人間のことを「サディスト」と呼ぶ。加虐性淫乱症とも呼ぶが、これは変態性欲の通俗概念などと同様、多分に差別的な呼称である。
ひとりの人間がサディズムとマゾヒズムを併せ持っている状態は「サドマゾヒズム」と言われる(略称は「サドマゾ」)。

サディズムとは何か[編集]

倫理観の発達していない年少の児童は、何の罪悪感も無くや小動物を殺すことがあり、 また些細なことで暴力を振るう傾向の人間も少なからず存在する。 こうした暴力性はサディズム的ではあるが、性的嗜好としてのサディズムとは、意味や内容が異なる。

言葉の一般化にともない、本来の用法から逸脱している傾向があるが、サディズムというのは基本的に他人を虐待して喜ぶ性質一般を指す言葉ではなく、「他人を虐待することによって性的興奮を覚える性的嗜好」のみを指す。嫌いな相手を叩きのめすことで爽快感を覚えるのは加虐性向(性格)だが、その際に性的興奮もしくは性的快感を覚えていればサディズム(より正確には「性的サディズム」)であるといえる。本来は相手が嫌がることに最高の快感を得るのだが、倫理的な問題でSMプレイとして理性を保っている性的サディズムがいるのも事実である。

サディズムの心理としては自分がクズで最低であると自己嫌悪することから始まる。実はサディストは臆病者で、辛い過去を持った人も多い。ナルシスト気味なマゾヒズムとは逆である。自分が下等であることを認め、それを自覚した上で抑え込んだ劣等感から湧き上がるのが支配欲であり、実体はとても悲しいものでもある。支配している時の優越感で興奮し、それによって興奮している自分に対しての嫌悪感でますます興奮する。サド的な行為で周りから嫌悪の目で見られることにも興奮し、サディズムの由来であるマルキドサドもそうであった。まさにマゾヒズムとは表裏一体である。

ただ、ある種類のサディズムは変態性欲性的倒錯に規定されるため、このことにより言葉のニュアンスに差別性が存在するのは事実である。また、世間一般で、サディストは異常性欲者であるという偏見も存在する。しかし、性的嗜好における正常と異常を区別する判断基準は存在しない(参照:正常と異常性における健康)。

精神障害としてのサディズム[編集]

性的サディズム障害
分類および外部参照情報
ICD-10 F65.5
ICD-9 302.84
MeSH D012448

DSM-5では「同意していない者」に対して身体的、もしくは心理的な苦痛を与えること、もしくはそれを空想することに性的興奮を反復的に感じ、本人が心理社会的な問題が発生していると認めた場合性的サディズム障害の診断を付けることができる[1]

よって後述のBDSMは相手の同意があり、心理社会的問題は発生していないので診断を付けることはできない。

ただし本人が既に同意のない加虐行為を実行しており、多数の被害者に身体的、もしくは心理的な被害を及ぼしている場合でも他者の苦痛に対して無関心に振舞い、社会的問題を否認する者に対しては診断を付けることができる。

暴力行為などから反社会性パーソナリティ障害との鑑別が必要となり、また併発する場合もある。

ICD-9では性的サディズムが独立した診断名として存在したが最新のICD-10では、多くの患者はサディズムとマゾヒズム両方に性的興奮を感じるとしてサドマゾヒズムの診断名が用いられる。

SMについて[編集]

サディストがその性的嗜好を満たそうとするとき、それが相手に対して強制的に威嚇や暴力を行うのではなく、合意の上での行為である場合は相手がどのような意識で行為を受け入れているかで区別が生じる。人間関係の一環としての「性」を通じての交際の場合、許容できる範囲で、サディズムの人の要求に応えているが、積極的に加虐を受けることに快感などを感じない人の場合と、それに対し、加虐を受けることで、自身も性的興奮や性的快感を覚える人の場合がある。

後者の場合は、性的嗜好の別のタイプであるマゾヒズム(性的マゾヒズム)の人であるということになる。サディズムの人とマゾヒズムの人のカップルの場合は、性的嗜好において求めるものが、内容と方向が違っても、性的加虐と性的被虐で、相互に補完し合えるので、ある意味理想的だとも言える。しかし、サディストからすると相手が喜んでいるので真の快楽は得られない。更にマゾ側が拒否するとどれだけ相手を虐めたくても犯罪になるので手を出せない。サド役を楽しんでいるノーマルな人間や軽度のサディストなら問題がないが、真性のサディストからするとストレスが逆に溜まってしまうこともある。マゾヒズムとは違い、サディズムは好き放題やると現代社会では犯罪になるのが性癖を満たせない理由でもある。そのため、マゾヒストの方に実は主導権があり、サディストはマゾヒストがどれだけ虐められても良いかを見極める必要がある。また、サディストは気配りができないと本当のサディストじゃないなどと揶揄される時があるが、実際はそんなことは全くなく、虐待をして性的興奮をすればサディストであると定義されている。むしろ、本当のサディスト(真性のサディスト)とは相手が嫌がってもやめず、むしろそれこそが興奮材料となる性癖のことである。気配りのサディストはSMプレイとしてのMの理想のS像である。また、売春などの場合では、娼婦男娼がマゾヒストを演じることがある。こうして、「SM」という概念が成立する。

一般的にサディズムである人間が同時にマゾヒズムであるケースがあり、このような場合、「サディズム」・「マゾヒズム」を合わせ「サドマゾヒズム」と呼ぶ。二つの名称の由来となったサドと、オーストリアの作家マゾッホも、この両方の性的嗜好を備えていたとされる。ドゥルーズはこの両者の本質的違いについて分析を試みた。

快楽[編集]

暴力的な行為を行ないながら性的な快楽が得られるか、という点については、「ランナーズ・ハイ」などと呼ばれる脳内麻薬物質の作用をもとに説明することも可能である。ただし、SM行為とされる鞭打ち緊縛は重労働であり、それらの疲労や興奮から「ハイ」になることも指摘できる。そのため「単なる暴力」であっても「快楽」を得ていると受け取ることも可能なため、サディズムと暴力とが違うものであると認識されにくい要因の一つにもなっている。

サディズムは相手より上の立場にいるという優越感に興奮し、惨めで可哀想な相手を見て、自分がやったという達成感にも興奮する。または相手に自己投影をして性的快感を得ている場合もある。暴力を与えている自分に対しては自分ってかっこいいと思うのと同時に罪悪感も湧くこともあり、それでも興奮している自分に興奮する。

BDSM一般に言えることであるが、サディズムにおいてもマゾヒズムにおいても、心理的な補償や、カタルシスの効果が背景に多く存在する。発達課程におけるインプリンティング学習文化的・社会的な自己の存在主張(現存在の意味充足)などの実存的なプロセスもあり、人間における自由と束縛をめぐる心理複合の所産とも言える。

社会とサディズム[編集]

一般にマゾヒストとの合意の上に行われるSMプレイは、個人間での性行為の一種として社会的に容認されている。しかし、エスカレートするあまり、マゾヒストの肉体を傷つけ、生命を脅かしたり傷跡や後遺症を残すような行為は容認されないと見るべきだろう。

言うまでもなく相手の合意を得ずに加虐を行うなうことは、社会規範として許されないことであり、多くの倫理的法的な問題を引き起こす。サディストは理性によって自らの欲望をコントロールし、問題を引き起こさないように生活しているが、パーソナリティ障害サイコパスなど共感性(良心)が低く、倫理感が欠落した人間によって犯罪が引き起こされることがある。社会を震撼させるシリアルキラー快楽殺人などは衆目を集めるが、その背景に性的サディズムが見られることがあるのも事実である。

派生語[編集]

  • 通常サディズム、サディストともに「S」などと略す(かつては「S」は「レズビアン」を指す隠語だったので単体で使うようになったのは近年[いつ?]からである)。対義語マゾヒズム・マゾヒスト(M)。
  • 極端にサディスト的な性格の人間(またはそのような振る舞いや考え)を表現する「ドS」という俗語が漫画の台詞やバラエティ番組などで用いられている。対義語は「ドM」。
  • 性的嗜好から離れ、合コンなどで安易に個人をSとMとに区分する風潮に対して内科医のおおたわ史絵は、「神聖なものを簡単に言ってほしくない」と発言したことがある[2]

脚注[編集]

  1. ^ 高橋三郎、大野裕、染矢俊幸、神庭重信、尾崎紀夫、三村將、村井佼哉「DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル」、『医学書院』、日本精神神経学会2014年、 688-690頁。
  2. ^ 企画:安達元一、ディレクター:神山友和、プロデューサー:伊藤和宏、橋本元康、高橋由佳。制作:ホールマン。製作著作:BeeTVホールマン、「ムチで叩いたり縛りあげて欲しい!! と彼女に言ってみた!!」(dTVによる公式動画リンク、再生1分54秒頃)オンナの噂研究所 第156話。2016年5月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]