ネオフォーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ネオフォーク
様式的起源
文化的起源 1980年代、イングランド
派生ジャンル マーシャル・インダストリアル
関連項目

ネオフォーク(Neofolk)はポスト・インダストリアルシーンから現れた、フォークミュージックにインスパイアされた実験音楽のジャンル[1]。ネオフォークは単なるフォークミュージックなこともあるが、ピアノ、弦楽器、インダストリアルミュージックや実験音楽の要素などを取り入れたアコースティック音楽の場合もある[2]。扱うテーマにはいろいろなものがある。ネオフォークシーンに属しているミュージシャンは、ネオクラシカル・ダーク・ウェーヴマーシャル・インダストリアルなどのジャンルに関わっていることもある[要出典]

歴史[編集]

コンサートをするSol Invictus

"ネオフォーク"という言葉は、20世紀末頃にダグラス・ピアース (デス・イン・ジューン)、トニー・ウェイクフォード (ソル・インヴィクタス)やデヴィッド・チベット (カレント93)などから影響を受けたミュージシャンを表現するため、秘教的音楽界の人たちが使いはじめたのがもともとの語源だという[2]

現在のネオフォークが持つサウンドやテーマと類似した点の多いアングロサクソン系の北米フォークミュージックの存在は、1960年代まで遡ることができる[2]ヴァルカンズ・ハマーチェンジスレナード・コーエンコーマスなどのようなフォークミュージシャン達は、のちにネオフォークシーンに影響を与えることとなる先駆者だといえる。ほかには、ルー・リードなどのヴェルヴェット・アンダーグラウンドのメンバーがバンドの活動後期に探求した音楽性も、主な影響源としてあげられる[1]

文化[編集]

ネオフォークシーンに属するミュージシャンの大半は、古代的、文化的、文学的な引用に重きを置いている。また、秘儀的な内容や歴史的なトピックなどと並んで、その土地特有の伝統や土着的な信仰といったテーマが多用される傾向にある[2]

ネオペイガニズム神秘学も、多くのアーティストが言及するようなテーマにおいて一役買っている。例えば、ネオフォークではルーン文字やヨーロッパの異教徒の遺跡のような古代の文化に関心を示すような表象がよく現れる。審美的な見地からいえば、このような題材の引用はバンドのネーミングや、アルバムのアートワーク、衣装などに見ることができる。ジャンルの始祖やシーンに属しているアーティストの中には、このような図像を頻用する理由について、広域で起きたネオペイガニズムのリヴァイヴァルの一翼を彼らが担ったからだと説明するものもいる[3]

関連する用語や音楽性[編集]

アポカリプティック・フォーク[編集]

アポカリプティック・フォークはネオフォークよりも古い言葉であり、デヴィッド・チベットが自身のバンド、カレント93の1980年代後期から1990年代初期の音楽性を表現するために使った用語である[4]。もともと、チベット自身は"フォークミュージック"との関係性を表す事を意図していなかった。むしろ、カレント93は"黙示録的な人々(apocalyptic folk[s])"によって出来ているということを表現したかったのだという[5]。チベットとカレント93は面白半分ではあるが、イングランドの伝統的な民謡のカバーに手を出したこともあるし、チベット自身もイングランドのフォークシンガーであるシャーリー・コリンズの大ファンである。

フォーク・ノワール[編集]

このジャンルのミュージシャンを表現するのに、ダーク・フォークペイガン・フォークといった言葉が使われることもあるが、その定義は曖昧である。こういったジャンル名は、ネオフォークとは関係のない様々な形式のジャンルを表現する包括的用語だといえよう。

マーシャル・インダストリアル[編集]

マーシャル・インダストリアル(ミリタリー・ポップと呼ばれることもある)はネオフォークと多くの共通点を持っており、ネオフォークシーンと密接に関係しながら勃興したジャンルである[6]

著名なアーティスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Webb, Peter (2007). “Neo-Folk or Postindustrial Music”. Exploring the Networked Worlds of Popular Music. Routledge. ISBN 9780415956581. https://books.google.com/?id=bURqJRy4KsMC&pg=PA60. "One milieu to develop out of Punk was the scene that later became known as either apocalyptic folk, postindustrial, or later neo-folk." 
  2. ^ a b c d e f g Neumann-Braun, Klaus; Schmidt, Axel (2008) (German). Die Welt der Gothics: Spielräume düster konnotierter Transzendenz [The World of the Goths: Scopes of a darkly-connoted Transcendence] (2nd ed.). VS Verlag für Sozialwissenschaften. p. 280. ISBN 3-531-15880-5. https://books.google.com/?id=0ykjKReN-ygC&pg=PA280. 
  3. ^ "I'm very happy about that because I see Death In June as part of a European cultural revival. I'm pleased that the Old Gods are being resurrected, for want of a better word. Old symbols. I feel very pleased that I am a part of that process and that I have had influence. At this stage in the game, so to speak, it's not false modesty to say that I am content with my influence." Powell, Erin. Interview with Douglas Pearce, 2005.
  4. ^ Rehill, Anne (2009). The Apocalypse Is Everywhere: A Popular History of America's Favorite Nightmare. Greenwood Publishing. p. 205. ISBN 0-313-35438-3. http://www.google.com/search?hl=de&q=Hall+of+Sermon#q=Neofolk&hl=en&tbm=bks&ei=E5QMT-P4E87tsgb0--3lBA&start=40&sa=N&bav=on.2,or.r_gc.r_pw.,cf.osb&fp=4925f700bfe318b3&biw=1280&bih=649. 
  5. ^ "The Apocalyptic Visions of Current 93"
  6. ^ Brill, Dunja. “Transgression ohne Queer – die Inszenierung martialischer Männlichkeit als 'Anti-Drag' in der Industrial- und Extreme Metal-Szene [Transgression without 'Queer' – the Staging of martial Masculinity as being 'Anti-Drag' in the Industrial and Extreme Metal Scene]”. In Nagelschmidt, Ilse; Wojke, Kristin; Borrego, Britta (German). Interdisziplinäres Kolloquium zur Geschlechterforschung: Die Beiträge [Interdisciplinary Colloquium on Gender Research: the Contributions]. Peter Lang. p. 133. https://books.google.com/?id=zhDVUt-UdwoC&pg=PA133. 
  7. ^ Ataraxia”. FluxEuropa. 2009年2月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月12日閲覧。
  8. ^ Changes”. Discogs. 2016年12月12日閲覧。
  9. ^ Shana Cleveland Neofolk”. Consequence of Sound. 2015年6月6日閲覧。
  10. ^ Powell, Erin (2005年4月9日). “Interview with Douglas Pearce”. Death in June. 2016年12月12日閲覧。
  11. ^ Cataldo, Jesse. “Emily Jane White Dark Undercoat”. Slant Magazine. 2012年10月4日閲覧。
  12. ^ a b Schurmann, Martin (2006年4月1日). “Neofolk – mehr als nur eine Musikrichtung” (German). 2010年1月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月12日閲覧。
  13. ^ Interviews:Harvest Rain”. 2012年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月12日閲覧。
  14. ^ Klamt, Layla (2015年6月10日). “Nic Nassuet Brings Goth Sensibility to Folk [Review]”. Guardian Liberty Voice. 2016年3月22日閲覧。
  15. ^ Interview in witches & pagans, Issue 26, April 2013, published by BBI Media, Forest Grove, OR (ISSN 1546-2838)
  16. ^ Sol Invictus - The Devil's Steed”. Heathen Harvest (2005年6月3日). 2006年11月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月12日閲覧。

参考文献[編集]

英語[編集]