酒を飲む時の歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
哲学科学生たちが「円卓」で歌う」(Georg Mühlberg画、1900年頃)

酒を飲む時の歌(さけをのむときのうた、英語: Drinking songs)では世界の各国で、様々な言語で酒類を飲むときに伝統的に参加者が一緒に歌う、吟ずるをアルファベット順に集めている。

歴史[編集]

飲酒を讃える歌は、ヨーロッパでは12世紀ごろの『カルミナ・ブラーナ』にもみられる[1]中国では、唐時代の王翰の「涼州詞」、李白の「両人対酌」などにも歌われた。日本では、平安時代の『万葉集』に大伴旅人邸で行われた「梅花の宴」での歌がある。

世界の酒を飲む時の歌[編集]

  • 青柳梅との花を折りかざし飲みての後は散りぬともよし(Aoyanagi ume tono hana wo ...) - 万葉集820、「梅花の宴」32首の一首[2]

脚注[編集]

  1. ^ Carmina Burana. Die Lieder der Benediktbeurer Handschrift. Zweisprachige Ausgabe, ed. and translated by Carl Fischer and Hugo Kuhn, dtv, Munich 1991
  2. ^ 万葉集「梅花の歌32首」現代語訳と解説 大伴旅人序文「令和」の出典
  3. ^ Ergo Bibamus (ドイツ語原文、Wikisource)
  4. ^ Ergo Bibamus (英語訳、Wikisource)

外部リンク[編集]